トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車を処分する際には、廃車手続きを行います。廃車とは車の名義を消去する抹消登録のことです。廃車手続きは車自体を処分するのではなく、あくまで名義の抹消であり、車体は別の方法で処分すると考えましょう。

廃車手続きをする際には必要な書類が複数あり、スムーズに進めるためには、事前に用意しておくことが大切です。

廃車の種類で手続きと必要書類が異なる

ひとくちに廃車といっても種類は複数あり、どの方法を選ぶかによって必要書類は異なります。行う方法に合わせた書類を用意することが大切であり、不備があると手続きが滞ってしまうことは理解しておきましょう。

また、廃車を行う場所にも違いがあり、普通自動車は運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会で行います。業者に依頼する場合は自身でこれらの場所に行く必要はありませんが、覚えておくと便利でしょう。

廃車の種類と手続きについて

廃車は大きく3つの種類に分けられます。それぞれで車の扱いが違ってくるので、処分方法に合わせて適切な手続きを選ばなければなりません。

永久抹消登録

永久抹消登録は、車の解体を伴う廃車方法です。車をスクラップ処分し、「解体報告の記録日」から15日以内に廃車登録を行わなければなりません。事前に車を解体し、その後廃車手続きに進むという流れは覚えておきましょう。

車をスクラップにしてしまうので、手続き後は二度とその車に乗ることはできません。名義を抹消するだけではなく、車体も処分したい人が行う廃車方法です。

一時抹消登録

一時抹消登録は、車の名義だけを消去すると廃車方法です。一時抹消登録によって名義が抹消された車は、公道を走ることはできません。しかし、名義の再登録を行うことは可能で、登録し直すことでもう一度車に乗ることができます。

名義の抹消だけで、車体の処分をしない点が大きな特徴です。長期間乗らない車や他人に譲渡、売却する車に対して用いられることが多いです。一時抹消登録で名義を抹消すると、以降自動車税がかからないので、使用はせずに長期的に保有を目的とした人も行っています。

解体届出

解体届出は、一時抹消登録した車を解体して処分するための手続きです。一時抹消登録をしたからといって、車は自由に処分できるわけではありません。

車の解体処分については自動車リサイクル法という法律で取り決めがあるので、正しい手順に従って解体処分が必要です。簡単に言えば、一時抹消登録+永久抹消登録のような手続きで、それぞれを2回に分けて行うと考えましょう。

それぞれの廃車に必要な書類の紹介

廃車の方法は大きく3つに分けられますが、それぞれで必要な書類が違います。共通部分と全く異なる部分もあるので、自分が行う手続きに何が必要なのか、正しく把握しておきましょう。

永久抹消登録に必要な書類

永久抹消登録には、以下の書類が必要です。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後面の2枚
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

必要書類は業者に依頼するか、自身で行うかでも違います。業者に依頼する場合は、手数料納付書以下の書類は不要で、別途委任状を作成しなければなりません。

自身で行う場合は、これら全ての書類が必要です。自動車税・自動車取得税申告書については、地域によって必要か不要かの判断が異なります。

手数料納付書以下の書類は、運輸支局で当日入手して提出になるので、事前準備の必要はありません。基本的には早めに準備しておくことが大切ですが、印鑑証明書は発行から3カ月以内のものでなければならないので注意しましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

また、ナンバープレートは取り外した時点から名義の有無に関係なく公道を走ると違法になるので、解体する直前に外すのがおすすめです。

一時抹消登録に必要な書類

一時抹消登録には、以下の書類が必要です。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後面の2枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

永久抹消登録と同様で、業者で行う場合は手数料納付書以下の書類は不要、別途委任状が必要です。解体にかかる書類がないので必要書類の数も少ないですが、一時抹消登録の場合は手数料350円がかかります。必要書類に加えて、手数料も現金で用意しておきましょう。

解体届出に必要な書類

解体届出には、以下の書類が必要です。

  • 登録識別情報等通知書
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書

解体届出の場合、一時抹消登録を行った証明となる書類が必要です。証明となるのは登録識別情報等通知書なので、なくさないように保管しておきましょう。

また、一時抹消登録証明書でも代用できます。業者に依頼する場合は、他の手続きと同様委任状が必要です。手数料納付書以下の書類も、他の場合と同じく当日窓口で入手することになります。

廃車の還付金の受け取りに必要な書類

廃車の際には、状況に応じて税金の還付が受けられます。還付されるのは自動車税と重量税で、自動車税は廃車の方法に限らず、重量税は永久抹消登録の場合のみ還付の対象です。自動車税は廃車が終了した時点で申請が終了となります。

廃車した翌月から、年度末までの期間を月割り計算して還付金が決まります。重量税は永久抹消登録の申請書類で、還付の申請をしなければなりません。車検の残存期間に応じて重量税は還付されますが、廃車申請時点で還付の申請を行っていないと、戻ってこないため注意が必要です。

廃車費用をかけたくない人は廃車買取業者に依頼

廃車するには費用がかかり、特に業者に代行してもらうと手数料がかかります。業者によって相場は違いますが、1万円以上という場合が多く、解体費用まで含めると3万円程度かかることも少なくありません。

車を手放すのに費用をかけるのはもったいないので、コスト削減のためにも、廃車買取業者の利用を検討してみましょう。

廃車買取業者のメリット

廃車買取業者は、車をパーツや資源として見て査定をしてくれるので、どれだけ状態が悪くても積極的に買い取ってくれます。他の業者では値段が付かず、反対に処分費用を請求される車でも、少なからず価値を見出してくれることが多いでしょう。

また、廃車手続き代行サービスが充実している場合も多く、業者によっては無料で手続きの代行と車の処分まで請け負ってくれます。

廃車買取はカーネクストがおすすめ

カーネクストは、どのような状態の車でも0円以上での買取保証をしているので、故障車や不動車でも売却できます。加えて、廃車代行は無料なので、手間をかけずに車を処分できます。査定や車両の引き取りまで無料で、動かせない車の処分もスムーズに行えるでしょう。

参考:カーネクスト

廃車には様々な書類が必要なので事前に用意しておくこと

廃車手続きに必要な書類は多く、方法によって何を用意すべきかは違います。行う方法に合わせて事前準備をすることが大切で、早めから書類は集めておきましょう。

また、手間を省略するなら、廃車買取に出すのもひとつの方法です。廃車代行サービスも上手に利用して、賢く愛車を処分しましょう。

0円以上買取保証