トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

不要になった自動車は、名義を持ったまま保有し続けているとコストがかかります。余計なコストをかけないためには廃車が必要であり、スムーズに処分するなら手続きの方法を知ることが大切です。自動車の廃車についての理解を深め、不要な車を上手に手放しましょう。

自動車を廃車にする手続きは3種類

自動車を廃車にする手続きは、大きく3つの種類に分けられます。どの方法でも名義を抹消することはできますが、手続き後の車の扱いが異なります。車をどのように処分したいかに合わせて、手続きの方法も選ばなければなりません。

二度と使用できなくする場合

自動車を二度と使えなくする場合は、永久抹消登録を行います。永久抹消登録は、名義の抹消だけではなく、車の解体も行う手続き方法です。事前に解体した上で、名義抹消の手続きを行うので、車体ごと処分したいならこの方法を選びましょう。

また、保有する車を処分するだけではなく、災害や盗難によって紛失した場合にも、永久抹消登録で手続きをする人は多いです。

一時的に使用を中止する場合

一時的に使用を停止する場合は、一時抹消登録を行います。これは名義だけを抹消する手続きで、廃車登録完了後も車体はそのまま残ります。名義を抹消することで、毎年課税される自動車税を免れることができます。長期間使用しないものの、将来的に使用を再開する可能性がある場合に用いられる方法です。

また、名義抹消後は、自分以外の名義で再登録も可能です。そのため、譲渡や売却の際にも、一時抹消登録が行われると考えましょう。

一時抹消登録後に車を解体して処分する場合は、解体届出という手続きが必要です。内容自体は永久抹消登録とほぼ同じですが、区分が少し違うので混同しないよう注意しましょう。

海外に輸出する場合

海外に輸出する場合は、自動車の輸出抹消仮登録という手続きを行います。これは輸出する直前ではなく、事前に行うのが基本です。最大6カ月前から申請が可能で、海外に持ち出す必要がある場合に行われます。

廃車に必要な手続きと費用

廃車をスムーズに完了させるには、手続きの進め方や費用を把握することが大切です。方法によって進め方は違い、費用も異なるので注意しましょう。

廃車の方法は3つありますが、主に使用されるのは、永久抹消登録か一時抹消登録のどちらかです。実際に自動車を処分する際には、どのような手順を踏むことになるのか知っておきましょう。

手続きは自分で行うか業者に依頼をする

廃車手続きをする際には、まずは自分で行うか、業者に依頼するかを決めましょう。どちらの方法で行うかによって、手順や必要な書類、費用も異なります。業者に依頼すると楽に廃車できますが、手数料を請求されることも多いです。

業者によっては廃車代行手数料無料で請け負ってくれる場合もあり、サービス内容を見て決めることも大切です。

抹消登録をする大まかな流れ

廃車を自分で行う場合、まずは必要書類や費用を準備します。普通自動車なら運輸支局、軽自動車なら軽自動車検査協会に行き、窓口で必要書類を提出、費用を支払って手続きは完了です。

業者に依頼する場合は、業者に書類と費用を提出するだけで完了します。また、永久抹消登録の場合は、廃車手続きの前に、車を解体する必要があります。

抹消登録に必要な書類

廃車に必要な書類は、永久抹消登録と一時抹消登録で異なります。永久抹消登録の場合は、以下の書類が必要です。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト
  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後面の2枚
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

 

一時抹消登録の場合は以下の書類が必要で、共通するもの、違うものもあるので注意しなければなりません。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後面の2枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

それぞれ手数料納付書以下の書類は、当日窓口で入手できるので、それ以外のものは事前準備しましょう。また、業者に依頼する場合は別途委任状の作成が必要です。

自分で廃車手続きをする場合の費用

自分で廃車手続きをする場合、永久抹消登録は手数料無料、一時抹消登録は350円でできます。ただし、永久抹消登録の場合は、解体費用が1万~3万円程度かかります。

さらに業者に持ち込む際にレッカーを利用するなら、プラス1万円程度、ナンバープレートの取り外しを依頼するなら作業工賃で数千円程度必要です。

還付金制度を利用する

廃車時には、条件に応じて税金や保険料の還付が受けられます。還付されるのは、自動車税、重量税、自賠責保険料の3つです。自動車税は廃車した翌月から、年度末までの期間を月割り計算して還付されます。廃車方法に限らず還付の対象となり、廃車手続きが完了すると数カ月して支払いの通知書が送られてきます。

重量税は車検の残存期間に応じて還付金が決まり、永久抹消登録をした場合のみ還付対象です。永久抹消登録申請時に、還付の申請も行わなければなりません。

自賠責保険料は、廃車登録後に自身で保険会社に連絡して、保険の解約を申し出る必要があります。廃車登録した時点ではなく、解約した時点から残りの保険料を還付してもらえるので、素早く手続きを行わなければなりません。

廃車時には廃車買取に強い業者を選ぶと良い

自動車を廃車する際には、廃車買取に出すのもひとつの方法です。廃車買取なら処分の不要で、買取金額に応じて利益が得られます。廃車手続きもスムーズに進めやすいので、手間をかけたくない人にもおすすめです。

事故車や不動車でも買取可能

廃車買取業者は、自動車をパーツや資源単位で見て評価してくれるので、事故車や不動車でも買取ができます。他の業者では1円にもならない車でも、場合によっては思わぬ好悪額査定を付けてもらえることもあります。

廃車の手続きも代行してもらえる

廃車手続きを代行してもらえることも、廃車買取業者を利用する大きなメリットです。車を買取で引き取ってくれるだけではなく、そのまま廃車手続きまで任せられるので、処分に手間がかかりません。

特にカーネクストなら、廃車代行サービスは無料で、費用をかけずに処分できるだけでも魅力は十分でしょう。加えて、車両引き取りも無料なので、事故車や不動車で動かせない場合でも、スムーズかつお得に手放すことができます。

参考:カーネクスト

廃車の手続きはスムーズに行おう

自動車の廃車は手続き方法によって進め方や費用が異なります。まずは愛車をどのように処分したいかを考え、適切な手続き方法を選ぶことが大切です。どの方法で廃車にするかを決めたら、業者に頼むか自分で行うかを決めます。

手間をかけず、少しでもお得に処分したいなら、廃車買取がおすすめです。サービスが充実した業者も上手に使って、賢く愛車を処分しましょう。

0円以上買取保証