トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車を手放す際には、廃車手続きをしなければなりません。これは普通自動車と軽自動車の両方で言えることですが、それぞれ方法に若干の違いがあるので注意が必要です。

特に軽自動車の場合は、廃車の仕方が特徴的で、普通自動車を同じ方法で行おうとすると、上手く手続きが進められません。軽自動車ならではの手続きの進め方やかかる費用などを把握し、スムーズかつお得に廃車を完了させましょう。

軽自動車の廃車の種類と手続きをする場所

軽自動車を廃車するには、まずは廃車の種類と手続きをどこで行うのかを知ることが大切です。廃車手続きの種類は複数あり、どの方法を選ぶかによって車の処分方法は異なります。どちらの方法でも廃車できるのは確かですが、メリットやその後の車の扱い方が違う点は理解しておきましょう。

また、手続きの場所も軽自動車は普通自動車と異なります。基本的な知識を身につけることが、スムーズに廃車を行うための第一歩です。

廃車手続きの種類

軽自動車の廃車手続きの種類は、大きく2つに分けられます。そもそも廃車とは名義を抹消する手続きであり、どちらの方法も同じ抹消登録であることは理解しておきましょう。名義を抹消できる点は共通していますが、車体をどのように処分するかが大きく違います。

解体返納

解体返納は、車の解体を伴う廃車方法です。廃車手続きの前に解体を行い、その後名義の抹消登録を行うのが解体返納の特徴です。普通自動車では「永久抹消登録」と呼ばれる方法に該当し、手続き後は二度とその車に乗ることはできません。

名義だけではなく、車体まで完全に処分したい場合に用いる方法で、不動車や故障車で行うことが多いでしょう。もちろん、故障していなくても古くなって買い手がつかない車を、解体返納で処分することもあります。また、災害によっては紛失した場合も、解体返納を適用して廃車手続きを行います。

自動車検査証返納届

自動車検査証返納届は、名義を抹消するだけの廃車方法で、車体はそのまま残すことができます。普通自動車では一時抹消登録に該当する方法で、廃車登録後も車体を自由に扱えるのが特徴でしょう。自動車検査証返納届後に、車を保有することも可能で、後で名義を再登録して、使用を再開することもできます。

長期的に使用しないものの、将来的には使用を再開することが決まっている場合に、自動車検査証返納届を行うことが多いです。名義を抹消することで、毎年課税される軽自動車税を免れることができるので、長期保有に向いた廃車方法と言えるでしょう。

また、自分で保有する場合だけではなく、他人に譲渡、売却する際にも、この方法で廃車を行います。一時的に名義を抹消した後は、別の人の名義を登録して使用を再開することも可能です。業者に売却する際には、車体を残すことになるので、自動車検査証返納届で対応すると考えましょう。

手続きはすべて軽自動車検査協会

軽自動車の廃車手続きは、全て軽自動車検査協会で行います。解体返納も自動車検査証返納届も同じ場所で手続きをするので、間違えないようにしましょう。普通自動車の場合は住所を管轄する運輸支局で行うので、これとも混同しないよう注意が必要です。

運輸支局で軽自動車の廃車手続きの申請を行っても、受け付けてもらうことはできません。軽自動車検査協会は平日の日中しか空いていないため、廃車手続きを行う場合もこの時間帯にスケジュールを組む必要があります。

平日に時間を取ることが難しいなら、業者に依頼して代行してもらうのがおすすめです。また、車の使用者以外が代行して手続きを行うことも可能で、家族や友人に頼めそうならお願いするのもひとつの手でしょう。本人以外が行うには委任状が必要で、必要書類が増えることは理解しておかなければなりません。

軽自動車の廃車手続きでかかる費用について

廃車手続きには費用がかかりますが、廃車の種類によっていくらかかるかは異なります。また、同じ種類でも状況や手続きの進め方次第では、費用が変動することは多いので注意が必要です。車の処分に高い費用をかけるのはもったいないので、少しでもお得に手続きを完了させられるよう、費用の相場を知っておきましょう。

解体返納の場合

解体返納の場合、事前に車を解体しなければなりません。解体費用は業者によって若干のバラつきがありますが、軽自動車なら1万円から15,000円程度のことが多いでしょう。さらに解体に伴い車両の引き取りをしてもらうなら、レッカー代で1万円程度上乗せされます。

自身で業者に持ち込めるならレッカー代は不要なので、自走できる場合はできるだけ自分で運転して持ち込んだほうがよいでしょう。基本的にはこれらの費用だけで済みますが、事前にリサイクル料金を支払っていない場合は、それも負担しなければなりません。

リサイクル料金とは車の解体時にかかる費用を先払いするというものであり、購入時や車検時に支払っていることが多いです。これが未払いなら、解体処分時に数千円から2万円程度かかります。解体返納は手続きの手数料自体は無料なので、費用をかけずに解体できるなら、無料で処分できます。

自動車検査証返納届の場合

自動車検査証返納届の場合、解体は不要なので基本的には廃車手続きの申請手数料だけで済みます。手数料は350円であり、解体返納に比べると全体的なコストは安いでしょう。ただし、廃車手続き後の車体をどのように扱うかが重要で、業者に売却する場合は引き取りの費用を請求されることもあります。

また、廃車手続き自体を業者に代行してもらう場合は、手数料が数万円程度かかることもあるでしょう。基本的には費用がほとんどかからない自動車検査証返納届ですが、方法次第ではコストがかさむことは理解しておかなければなりません。

軽自動車の廃車手続きの仕方

廃車手続きをスムーズに完了させるには、手続きの進め方を知っておくことも大切です。廃車は複雑な手順を踏まなければならないとイメージする人も多いですが、実際はそれほど難しくはありません。

廃車に必要な書類を揃え、適切な手順を踏むことで、初めての人でも簡単に廃車手続きは行えます。解体返納か自動車検査証返納届かで、若干の違いがあるため、それぞれの違いにも注意しながら手続きの仕方を知っておきましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

解体返納の場合

解体返納の際に必要な書類は、以下の通りです。

  • 使用者の印鑑
  • 所有者の印鑑
  • 車検証
  • 使用済自動車引取証明書
  • ナンバープレート前後両面
  • 解体届出書
  • 軽自動車税申告書

使用者と所有者両方の印鑑が必要ですが、共通している場合は印鑑はひとつで問題ありません。また、どちらも認印で手続が進められます。使用済自動車引取証明書は、車を解体してもらう際に業者からもらえる書類です。

解体返納の場合は、手続き前に解体が必要なので、先に業者に渡して書類をもらっておきましょう。ナンバープレートは、その時に取り外すとスムーズです。解体届出書と軽自動車税申告書は、当日窓口で入手するので事前準備は必要ありません。

また、業者に依頼する場合も不要な書類です。大まかな流れは業者に車を引き渡して解体処分、その後軽自動車検査協会で必要書類を提出し、廃車手続きは完了となります。

自動車検査証返納届の場合

自動車検査証返納届の際に必要な書類は、以下の通りです。

  • 使用者の印鑑
  • 車検証
  • ナンバープレート前後両面
  • 自動車検査証返納証明書交付申請書
  • 自動車検査証返納届出書
  • 軽自動車税申告書

自動車検査証返納届の場合は、事前の解体は不要なので、必要書類が揃い次第軽自動車検査協会に行き、手続きを行えます。必要書類を窓口に提出し、手続きを進めるだけで完了するので、解体返納よりも簡単に行えるでしょう。

事前に用意するのはナンバープレートまでの書類で、自動車検査証返納証明書交付申請書以下の書類は、当日窓口で入手します。自動車検査証返納届の場合は、当日申請に手数料がかかるので、現金は必ず持参しましょう。

また、廃車登録を完了した時点で、車を公道で走らせることはできませんが、手続きがまだでもナンバープレートを外した時点で、走行はできなくなります。ナンバープレートなしで公道を走ると、これも処罰の対象になるので、取り外しは申請を行う直前にするのがおすすめです。

軽自動車の還付金ついて

普通自動車の場合、廃車時には自動車税の還付が受けられますが、軽自動車の場合は還付はありません。そもそも軽自動車は軽自動車税と税金の種類が違っており、自動車税に比べると少額です。そのため、還付の制度はなく、いつ廃車しても還付の対象にはならないので注意が必要です。

年度初めに廃車してしまうと、1年分丸々支払うことになり、損をします。課税対象となるのは4月1日時点で名義を持っている人なので、これより前に廃車は済ませておいたほうが良いでしょう。

課税が決まり、実際に支払いを行うのは5月の中旬から下旬頃ですが、課税対象になっているなら廃車後でも支払い義務は残っています。

また、解体返納の場合のみ、廃車時の車検の残存期間に応じて、重量税が還付されます。保険の有効期間も残っているなら、自賠責保険料の返金の対象なので、これらの還付申請は必ず行いましょう。重量税は解体返納の申請書で、自賠責保険は自身で保険会社に連絡して還付申請を行います。

費用をかけたくない人は廃車買取業者に依頼

廃車には少なからず費用がかかることも多いですが、方法次第では全くコストをかけずに処分も可能です。費用をかけたくないなら、廃車買取業者に処分を依頼しましょう。

廃車買取業者のメリット

廃車買取業者は、状態が悪い車でも積極的に買い取ってくれ、場合によっては思わぬ高額査定が期待できることもあります。これは状態が悪くても海外でなら売れる場合があることや、パーツ単位で見ると価値が残っていることなどが理由です。

また、完全に故障している車でも、素材のリサイクル価値が残っていることから、少なからず値は付けてもらえます。買取の場合は車の引き渡しに費用がかからず、むしろ査定額に応じて利益が得られます。費用をかけずに車を引き取ってもらえるというだけでも、廃車買取業者を利用するメリットは、十分にあるでしょう。

廃車買取はカーネクストがおすすめ

廃車買取に出すなら、カーネクストがおすすめです。カーネクストはどのような状態の車でも0円以上での買取保証を行っています。廃車予定のボロボロの車でも、少なからず値を付けてもらえ、買取り実績も豊富なので安心して任せられます。

加えて、車両の引き取りや廃車の代行も無料で、手続きにもコストがかかりません。全国どこでも対応してもらえるので、利用しやすいのも魅力でしょう。

参考:カーネクスト

手続きと費用は廃車の種類で異なる

廃車手続きは大きく2つの方法に分けられ、どちらを選ぶかで手続きの仕方や費用は違います。同じ軽自動車でも、処分方法による違いは大きいので、状況に合わせて適切な手段を用いることが大切です。また、少しでもお得に処分するなら、廃車買取に出すのもひとつの手です。

廃車買取なら、費用をかけずに車を手放し、かつ査定額によっては大きく得をすることもあります。廃車方法を工夫して、少しでもお得になる方法を選び、軽自動車を賢く処分しましょう。

0円以上買取保証