トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

強制加入の自賠責保険に加え、もしもの場合に備えて任意の車両保険に加入している人は多いでしょう。車両保険に加入していると、事故に遭った際の補償範囲が広くなり、補償してもらえる金額も増えます。

車に安全に乗るには必須とも言え、買い替え時にはきちんと手続きをしておかなければなりません。車の買い替え時に行う保険手続きを知り、車両保険を上手に利用しましょう。

車を買い替えた際の保険の手続き

車両保険に加入しているなら、車を買い替えた際には各種保険の手続きをしなければなりません。保険手続きの種類は複数ありますが、買い替えと同時に保険の移行も勝手に完了するわけではないので注意が必要です。買い替えた後に保険をどのように使用するかは、自分で決めて、手続きを行わなければなりません。

買い替え時の保険手続きは、大きく分けると「継続」か「解約」のどちらかです。それぞれの詳細な手続きを知り、スムーズに買い替えを進めましょう。

継続利用なら車両入替

車を買い替えた後も保険を継続して使用するなら、車両入替という手続きを行います。これは現在入っている保険の内容そのままの状態で、新しい車に保険をスライドさせるものです。保険はそのまま、適用する車両のみが変更となることから、車両入替と呼ばれています。

車両入替をすることで、保険を解約して新規契約という面倒な手続きをしなくて済むので、継続利用がスムーズに行えるでしょう。細かい条件や等級もそのまま利用できるので、面倒な処理が必要ないのも魅力のひとつです。

ただし、条件はそのままといっても、保険料までそのままで利用できるとは限りません。買い替える車の車種、グレードによっては、保険料が値上がりすることもあるので注意しましょう。もちろん、反対に保険料が下がることもあります。

払い過ぎている場合は、差額分を還付してもらうことも可能なので、入替時には還付金の有無や保険料の増加といった部分は、念入りに確認しておきましょう。

保険内容の見直し

車両入替の手続きを行うことで、これまでの保険内容そのままで継続利用ができます。余計な手間がかからないため便利ですが、車が変わると保険内容も変えたほうがよい場合もあります。よりお得に車両保険を利用するなら、買い替え時には一度保険内容を見直すことが大切です。

新しく買い替えた車には必要ないプランや特約を設定している場合は、それを解除することで、保険料が下げられることもあります。反対にプランを追加して、より充実した内容にするのもよいでしょう。保険内容はその時々で変化することも多いので、前回加入時と買い替え時では、サービス内容が違っていることも多いです。

買い替えの際は、保険を見直す絶好のタイミングといえます。不要なものがないか、欠けている部分はないかをチェックし、新しい車に最適の保険をかけましょう。

納車日に合わせて行うのがおすすめ

車両入替の手続きは納車日に合わせるのがおすすめで、手続きは実際に車が納車される前に済ませておきましょう。車を購入する際には、購入契約を結び、その後業者で車の状態や契約内容を確認し、納車というケースがほとんどです。

契約を結んでその場で引き渡しというケースはほとんどなく、契約から数日後に納車になります。この時、すでに納車日が分かっているなら、車が手元になくても車両入替の手続きを行うことが可能です。納車日に保険が切り替わるよう申請しておくと、保険に加入した状態で納車されるので、当日出かける際にも安心です。

保険の手続きを後回しにしたがために、納車後すぐの事故で保険適用ができず、損をするケースも少なくありません。事故のリスクはどこに潜んでいるか分からないので、万が一の事態に対処するためにも、納車日に合わせて事前に車両入替の手続きは済ませておきましょう。

保険解約もひとつの手段

車を買い替えたからといって、必ずしも現在加入している保険を継続利用する必要はありません。保険内容を見直して大幅に変更するのはもちろん、そもそも解約して保険を使わないというのもひとつの手です。解約すると保険による手厚い補償は失われますが、反面保険料支払いから逃れることができます。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車ごと、加入する保険の内容ごとに保険料は違いますが、年間の支払い額が高額になることは少なくありません。保険料支払いで苦しむ人も多く、負担になるなら解約してもよいでしょう。

契約期間途中でも解約できる場合はあり、保険料をまとめて支払っているなら、残りの分は還付してもらえることが多いです。解約の条件もチェックして、損にならないなら保険の打ち切りも考えましょう

車の買い替えで保険が不要になる場合

買い替え時には保険を解約しても良いですが、解約すると補償が少なくなり、不安を覚えるという人も多いでしょう。確かに保険に加入していると、保険料支払いの負担が多少大きくても、安心できることは確かです。

もしもの場合に備えて保険に加入し続けるのも悪くはありませんが、場合によっては入っているだけ損をしていることもあります。任意保険の場合は、自分の意思で加入するかどうかを決められるので、状況に合わせてお得になるほうを選択することが大切です。

これまで保険に加入していても、買い替え後は不要になるというケースもあるので、どのような場合に解約すべきか知っておきましょう。

車の価値が低い

保険があると事故時に補償が受けられますが、保険金は際限なく受け取れるわけではありません。補償される金額は上限が決まっていて、基本的には車の時価総額が基準となります。つまり、時価総額が低いと補償される金額の最大値も低いことになり、保険に加入するメリットは小さくなるでしょう。

安価で購入した中古車の場合は、保険が不要になりやすいです。反対に高価な新車を買った場合は、できるだけ保険に加入したほうがよいでしょう。

使用頻度が低い

保険の必要性を考える上では、車の使用頻度も重要です。使用頻度が低いなら、当然事故のリスクも減るので、保険が絶対必要になるわけではありません。月1回程度しか乗らないなら、毎月の保険料分損をする可能性が高いので、解約するのがベターでしょう。

買い替えは廃車買取でお得に

車を買い替える際には、まずは持っている車を手放す必要があります。車は処分するだけでも費用がかかりますが、廃車買取なら費用はかかりません。状態が悪くても買い取ってくれる業者は多いので、まずは査定に出してみることが大切です。

カーネクストでスムーズに処分

カーネクストは古い車から故障車、不動車まで積極的に買い取っています。0円以上での買取保証をしているので、状態が悪くても少しは値を付けてもらえるでしょう。

また、廃車引き取りから抹消登録の手続きまで、全て無料で代行してもらえます。スムーズに車を手放したいなら、ぜひ利用しましょう。

参考:カーネクスト

車の買い替え時には保険の手続きを忘れずに

車の買い替えの際には、持っている車の処分から、新しく購入する車の選定まで、やることが多くあります。手続きが大変になることも多いかもしれませんが、保険の手続きを忘れてはいけません。買い替えに伴い、継続か解約かも含めて考え、保険手続きもきちんと行い、スムーズに乗り換えましょう。

0円以上買取保証