トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車は物理的に動かせない場合と、法律的に動かせない場合があります。

どちらも不動車と呼ばれますが、もし不動車となれば車の運転はできません。

今回は、どちらの意味の場合の不動車を、どうするのかその対処法について徹底解説していきます。

もし中古車が不動車となったときには、対処法を知っておけば役に立つことは間違いありません。

さらに、不動車を高く処分するための方法もご紹介していきます。

不動車とはどんな車か

不動車になったときの対処法を解説していく前に、まずは不動車がどのような車のことをいうのかを、詳しく説明していきます。

不動車の定義は2つあるので、よく覚えておきましょう。

車検切れで運転できない車

車を所有するなら、必ず受けなければならない車検が切れてしまうと、不動車となってしまい運転ができなくなります。

これは法律で決められており、「無車検者運行」ということで罰則が免停・罰金・懲役が科せられます。詳しくは、以下の通りです。

無車検者運行をした場合に科せられるもの
違反点数6点
免停30日間
懲役・罰金6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金

もしも、車検が切れていたとは知らずに運転していて捕まった場合は、厳重注意をされて逮捕とはならないとされています。

しかし、故意であると判断され、悪質の場合は、逮捕されてしまう可能性もあるため注意しましょう。

事故や故障で動かない車

車が事故や故障などで、物理的に動かせなくなった場合、動かしたくても動かせないので不動車という扱いです。

このほかにも、原因は水没やガソリン切れ、バッテリー上がりなどが挙げられますが、不動車となる原因はさまざまです。

車検切れで不動車になった場合の対処方法

車検が切れてしまって、法律的に車を動かせなくなった不動車の場合の対処方法を詳しく見ていきましょう。

結論からいうと、一生動かせないわけではありません。しかるべき対処をして再び動かせるようにしましょう。

仮ナンバーを取得して車検を受ける

車検が切れてしまって運転ができないという場合、仮ナンバーを取得して車検を受ければ、不動車ではなくなります。

仮ナンバーとは車検切れの車を、車検業者の元まで運びたいときに取得するものです。通常5日程度で取得でき、普通に公道を運転できます。

また、仮ナンバーを取得するためには、自賠責保険の加入が必須です。そして、各自治体の役所で仮ナンバー申請の手続きを行います。

申請する際に必要なものは、以下の通りです。

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証
  • 車検証
  • 発行手数料750円
  • 納税証明書
  • 印鑑

さらに申請の際には、なぜ仮ナンバーを申請するのか、その目的や車を移動する期間、経路などを事細かく申告をしなくてはならないので、経路や期間を明確にしておきましょう。

また、仮ナンバーは3日間の貸出期間があることと、申告した経路以外の走行は違反となります。

そして、仮ナンバー発行後は自ら車検業者に運転して運ぶという方法もあれば、出張車検もあります。出張車検は、不動車にはぴったりといえます。

廃車手続きを行う

車検を受けなければ、車検切れになって不動車となります。そうなると、運転できなくなるというデメリット以外に、税金もかけられるため、車検切れにならないよう気を付けなければなりません。

そんなときには、廃車手続きをする方法もあります。廃車手続きをすることで、自動車税を納税する義務がなくなります。

また、車検の際に払う法定費用内に「自動車重量税」がありますが、既に納税済みの金額を月割計算して、差額分が返金されます。

このように、事情があって不動車になってしまったなら、廃車手続きはしっかり行いましょう。

車検切れのまま買取ってもらう

車検切れの車であっても、買取業者に買い取ってもらうことは可能です。

その際、仮ナンバーを発行してまで車を運転して業者に運ぶよりも、買取業者の出張査定がおすすめです。

仮ナンバー発行には手間も費用もかかります。

多くの買取業者では、出張査定を無料で実施しているところも多いため、車検切れによる不動車を買い取ってもらう場合は、出張査定を利用しましょう。

事故や故障で不動車になった場合の対処方法

車検切れ以外に、事故や故障などで不動車になった場合は、どのような対処をすればよいのでしょうか。

車検を忘れなければ、車検切れになることはありませんが、事故や故障は予測できるものではありません。

いざそういうことになったときのためにも、しっかり対処方法を覚えておきましょう。

そのままの状態で買取ってもらう

事故に遭ったそのままの状態や、故障した状態で買い取ってもらうことは可能です。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

しかし、査定は車種・年式・走行距離などの車の基本的な情報を基に、基本となる査定金額から減点していく方式です。

つまり、ちょっとした傷や内装の汚れなどが見つかれば、減点されていきます。

では、修理してから買い取ってもらったほうがよいのかといったら、そういうわけではありません。

どちらかといえば、修理に出さずにそのままの状態のほうが、得になることが多いとされています。

また、再販できる車だった場合には、廃車にしてしまうよりも中古車買取業者に任せたほうが、高い金額が付きます。

車の状態を確認して、どちらの業者がよいのか選択を間違えないようにしましょう。

修理をせず廃車にする

故障した箇所などを修理するとなると、エンジンの場合は50万円程度の修理費がかかります。

中古車を買い替えるとなると、その時期は登録から10年または、走行距離が10万km超えた頃とされいます。

そのため、修理費用が高額となるなら、買い替えをしたほうがよいでしょう。

つまり、中古車が不動車となったなら、修理しないで廃車にしてしまうのが得策ということです。

不動車になった中古車は廃車買取業者がおすすめ

不動車となった中古車は、廃車買取業者にお任せするのがおすすめです。

ではなぜなのか、その理由やおすすめ業者を紹介していきます。

不動車でも買取ってくれる

車検切れによる不動車でも、事故・故障などによる不動車でも、廃車買取業者に買い取ってもらうことは可能です。

その理由は、車全体に値段を付けるのではなく、パーツごとの値段を付けるためです。

また、値段がつくのか怪しい状態であっても、鉄としての価値があり鉄としての値段が付きます。仮に、再販できるような状態であっても、高値での買取が実現できるのです。

ちなみに、不動車の価格は鉄の重量によって決まるため、重量の軽い軽自動車よりも、重量の重い普通自動車のほうが高額になりやすいでしょう。

廃車手続きの代行をしてもらえる

廃車買取業者は、廃車の書類の手続き・車両解体までを無料で行ってくれるため、面倒な手続きを代行してもらえるというメリットがあります。

一般的に、ディーラーや車両販売店にて、下取りという形で値段が付き、新たな車に買い替えるというパターンが多いでしょう。

その際は、廃車手続きもしてくれますが、車の買取価格が0円という可能性もありますし、廃車手続きの費用がかかる可能性もあります。

ひどい場合は、買取不可といわれることもありますが、鉄としての価値を見出してくれるのは、廃車買取業者です。

廃車買取業者はカーネクストがおすすめ

廃車買取業者といっても全国にさまざまあり、どこがよいのかと悩むでしょう。そこでおすすめしたいのが「カーネクスト」です。

カーネクストは、迅速な対応、親切な接客で信頼でき、安心できる業者です。

さらに0円以上の買取保証をはじめ、レッカー・書類代行・査定のすべてが無料と、サービス内容も充実しており、お客様満足度95%と高い評価が見受けられます。

さらに、カーネクストは世界中に販売しており、販売路が広いことも大きなメリットです。

他社の査定金額よりも、20万円も高くなったということもあり、高額買取に期待できるのがカーネクストです。

不動車の買取業者を探しているならば、カーネクストにお任せしましょう。

参考:カーネクスト

不動車でも廃車買取業者であれば買い取ってもらえる

不動車は、車検切れのパターンと、事故や故障などによるパターンの2つがあります。

車検切れの場合は、仮ナンバー発行後に車検を受けることで復活させることは可能です。事故・故障などによる場合は、修理費用が高く付くこともあるため、廃車買取業者にお任せするのがよいでしょう。

どんなに動かない・動かせない車であっても、鉄としての価値があるため、廃車買取業者では買い取ってもらえます。

さらに、パーツごとの値段が付くため、高額買取が期待できるでしょう。また、廃車買取業者は面倒な廃車手続きの書類も代行してくれ、車両解体までも無料で行ってくれます。

ディーラーなどでは有料となり、買い取ってもらえない可能性を考えると、廃車買取業者にお任せしたほうが得策だと考えられます。

不動車をどうしようか悩んでいるなら、廃車買取業者に依頼しましょう。

0円以上買取保証