トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

愛車は長く乗り続けたいものですが、いつしか買い替える人が訪れます。

軽自動車であれば、買い替える最適なタイミングがあり、走行年数によって、売る時の査定額や税金に影響されます。

できるだけお得に買い替えられるように、本記事で詳しく解説していきましょう。

今軽自動車に乗っている人などは、ぜひ参考にしてください。

軽自動車の買い替えの目安

軽自動車を買い替えるタイミングは、新車登録から10年目、もしくは走行距離が10万kmオーバーした時です。

なぜ10年目、10万kmオーバーが買い替える時の目安になるでしょうか。詳しく見ていきましょう。

新車登録から10年目

軽自動車ではなく、普通自動車であれば、15年~20年程度乗り続けられます。

軽自動車の場合は、耐久性などを考えると、おおよそ12年が寿命年数です。

しかしながら、新車登録から10年も経つと、買い取り依頼する際、ほとんど値段がつかない可能性もあります。

さらに、メンテナンス代なども高くなりがちです。

そのため、新車登録して10年経つ前に買い替えることをおすすめします。

走行距離が10万km超えた頃

軽自動車の買い替えの目安は、走行距離でも判断できます。

走行距離が10万kmをオーバーした場合、消耗品のパーツ交換が増加するため、メンテナンス代を抑えるためにも、買い替えはひとつの方法です

特に、ミッション関連、燃料フィルター、ウォーターポンプ、プラグ、バッテリーは重要なパーツであり、交換しなければなりません。

タイミングベルトの不具合も、エンジン故障につながってしまいますので、注意が必要です。

中古の軽自動車を買い替えるメリット

中古の軽自動車を買い替えた場合、環境対策に貢献できるメリットがあります。

また、売るタイミングによっては、高く売却でき、税金対策もできるでしょう。

こうした中古の軽自動車を買い替えるメリットについて深掘りしていきます。

環境対策に貢献できる

旧式の自動車よりも、新しい車の方が性能面において優れている可能性が高いです。

そのため、中古の軽自動車を買い替えることで、排ガスや燃費のよくない自動車を減らし、環境対策に貢献できます。

また、エコカーに買い替えることで、減税される仕組みもあり、税金を抑えられるメリットもあります。次に乗る自動車は、地球に優しい車種を選んでみませんか。

高く売却できる

中古の軽自動車を売却するベストタイミングは、年始頃です。

なぜなら、新生活が始まる前の3月に自動車がたくさん売れる傾向にあり、販売店は3月前にストックを増やしたいからです。

しかしながら、自動車は日に日に価値を落としてしまうものであり、できるだけ早めに売却した方が高値査定が出るケースもあります

新車購入のために元手を増やしたい人は、少しでも早く売るようにしましょう。

税金対策ができる

軽自動車を所持している場合は、必ず税金がかかります。しかも税金は、乗車している年数が長くなればなるほど、高くなります。

そのため、買い替えることは税金対策にもつながります

税金の種類13年未満13年経過18年経過
自動車税10,800円12,900円
自動車重量税6,600円8,200円8,800円

普通自動車であれば、自動車の排気量や重量によって金額が異なりますが、軽自動車は一律です。

軽自動車から普通自動車に買い替えるメリット

軽自動車から普通自動車に買い替えれば、安全性を高められるだけではなく、燃費もよくなります。

コンパクトで乗りやすい軽自動車にも、欠点はあるものです。詳しく軽自動車から普通自動車に買い替えるメリットを見ていきましょう。

安全性が高められる

軽自動車は規格によって、重量や大きさが決められています。普通自動車と比較した場合、強い構造になっているわけではなく、安全性が高くありません

軽自動車から普通自動車に買い替えることで、安全面に不満を覚えることは減少するといえるでしょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

普通自動車を選ぶ際も、安全性に優れている車種を選ぶことをおすすめします。

燃費が良くなる

軽自動車は、燃費がよいとは言えません。街乗りであれば問題ありませんが、高速道路を走行する際は、ターボが必要であり、ターボによる加速は、燃費を悪化させます

昨今では、普通自動車のコンパクトカーが普及し、コンパクトカーも軽自動車も、それほど維持コストに差がなくなっています。

燃費のことを考えた場合、普通自動車を選ぶようにしましょう。

古い軽自動車の場合は廃車買取業者に依頼する

古い軽自動車を売却する場合、年式が古すぎると、値段がつかない可能性もあります。

しかしながら、中古部品・パーツを販売することが目的の廃車買取業者に依頼すれば、高値査定も夢ではありません。

廃車買取業者について詳しく解説していきます。

どんなに古くても値段がつく

廃車買取業者は、どんなに古い自動車であっても、基本的には買い取ってくれる会社です。

なぜ買い取りを実現できるのかと言えば、部品に値段をつけるからです。

パーツの販売以外にも、部品を再利用することで利益を出しています。中古販売店は、自動車全体の価値を判断して買い取るため、廃車買取業者とは異なります。

ネットで調べればわかる通り、買取業者はたくさんあります。

業者によって特徴・サービス内容が違い、持ち込み以外NG、廃車費用を取る、特定の自動車以外受付不可、書類代行してくれない業者も存在しています。

できるだけ自己負担を軽くするためには、各種費用を取られず、書類手続きを代行してくれ、しっかりと査定額が出る業者を選ぶようにしましょう

中古車の査定額は、新しい車、ほとんど走っていない自動車であれば、高値査定も夢ではありません。

また、希少車種であれば、年式や走行距離に限らず、売れる可能性もあります。基本的には、走行距離、年式などに影響を受けます。

廃車買取業者でも、中古買取業者でも、どの業者を選ぶのかによって査定額が違い、会社の選定は非常に重要です。

昨今では、口コミをネットで確認できますので、実際に利用した人の口コミなどを参考にしながら業者を選べば、失敗するリスクを減らせます。

廃車買取はカーネクストがおすすめ

廃車買取業者の中でおすすめなのは、カーネクストです。

カーネクストであれば、走行距離が多すぎる車、古すぎる自動車だけではなく、故障している車、動かない自動車など、どんな状態の自動車でも買取対象になり、しかも0円以上の買取保証を行っています

グローバルに広がる販路を持ち、パーツの再利用などを行っているからこそ、0円以上の買取保証を実現しています。

また、車の状態や車種次第では、高額査定も実現可能です。カーネクストで、お得に賢く自動車を売却しませんか。

また、他業者やディーラーなどであれば数万円かかってしまう廃車関連費用も、カーネクストでは無料です。

面倒な廃車手続きの代行費用、解体費用、引取り手数料などの負担はありません。

さらにレッカーも費用を取られず、日本全国に対応しています。自動車税の還付手続き代行も無料サービスです。

無料査定は、メーカー、車種などを専用ページに入力するだけであっという間に申し込み完了です。

年中無休のフリーコールもあり、わからないことがあれば、専門スタッフが丁寧に教えてくれます。早めに手放したい人も、フリーコールに電話しましょう。

参考:カーネクスト

古い軽自動車は買い替えればさまざまなメリットが得られる

軽自動車の買い替えの目安は、新車登録から10年目、あるいは走行距離が10万km超えたあたりです。

10年目、10万kmオーバーになると、メンテナンス代が高くなる傾向にあります。

中古の軽自動車を買い替えれば、環境対策に貢献でき、税金対策もできるでしょう。売る時期によっては、高値で売却可能です。

また、軽自動車から普通自動車に買い替えることで、安全性が高められ、自動車の燃費もよくなります。

長年乗り続けている軽自動車の買い替えは、さまざまなメリットが得られるものです。

古い軽自動車を手放す際は、状態次第では、廃車買取業者に依頼しましょう。そうすれば、0円以上の買取保証で損するリスクを減らせます。

0円以上買取保証