トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

中古車に乗っている場合、必ず車検を受ける時期が来ます。車検にはさまざまな費用がかかり、車検前のタイミングで買い替えを検討する人も多いでしょう。この記事では、中古車は車検を受けるのと買い替えるのではどちらがお得なのかを見ていきます。

具体的には、車検をして中古車を乗り続けるデメリット、中古車を買い替えする目安、中古車を買い換える時の注意点などを取り上げていきましょう。現在中古車を所持している人や車検期日が迫っている人などは、参考にしてください。

車検をして中古車を乗り続けるデメリット

中古車は、車検に出すと費用が高い傾向にあります。また、買い替えを考えた時に車に値段がつかない可能性もあります。こうした車検をして中古車を乗り続けるデメリットを紹介していきます。

中古車は車検費用が高い

基本的に車検費用は、自動車に乗っている期間が長ければ長いほど、高くなります。なぜなら、消耗品を交換するなど、メンテナンス代が増えるからです。

そのため、車検をして中古車を乗り続けても、長期的に考えれば、お得とはいえません。タイミングベルト、ウォーターポンプ、バッテリー、タイヤ、燃料ポンプなどのパーツを交換する必要があります。

また、メンテナンス代だけではなく、かかる税金もあがります。

買い替えを考えた時に車に値段がつかない

自動車は、日に日に価値を落とします。

希少車種などであれば別ですが、基本的には、新しい自動車ではないと、高く売れません

そのため、車検をして中古車を乗り続けても、新しい自動車を購入する際、その元手を増やせない可能性があります。

また、車検して中古車を売ったところで、車検費用分プラスされるとは限りません。

このように、買い替えを考えた時に車に値段がつかないこともデメリットに挙げられるでしょう。

中古車を買い替えする目安とは

中古車を買い替えする目安は、新車登録から10年オーバー、走行距離が10万キロを超えた時、13年を超えた場合、車検費用が高くなりそうな時です。

これらについて詳しく紹介します。

新車登録から10年を超えた場合

新車登録から10年を超えた自動車は、買取依頼する際、ほとんど値段がつかない可能性があります。

自動車は、新しいほど価値があり、古い車は、価値を失くします。

10年も経てば、中古車市場は、価値の高い自動車と判断しません

さらに、旧式の自動車は、部品が欠品していることもあり、修理代が余計にかかってしまうリスクもあります。

走行距離が10万キロを超えた場合

走行距離が10万キロを超えた時も、買い替えのタイミングとして最適です。

10万キロオーバーの自動車は、さまざまな部分に不具合が生じやすいです。

もちろん、パーツを交換すれば乗り続けられますが、メンテナンス代は決して安いわけではありません。

維持コストを考えた場合、多走行車を乗り続けることは、お得とはいえません。

13年を超えた場合

自動車を所有している人は、必ず自動車に関連する税金を納めます。

税金は、13年を超えた場合、アップする仕組みになっているため、注意が必要です。

すべての自動車が増税対象ではありませんが、基本的には自動車税と自動車重量税が上がってしまうと認識しておきましょう。

また、18年オーバーでも税額が上がり、出費が増えてしまいます。

車検費用が高くなりそうな時

多走行車、旧式車の場合、車検費用が上がりがちです。

定期的にメンテナンスして、丁寧に扱っている場合でも、走行距離の多さと年式の古さには抗えません

そのため、車検費用が高くなりそうな時も、買い替える時期として最適です。

中古車を買い換える時の注意点

中古車を買い換える際、すべての自動車が売れるわけではありません。

廃車引き取り手数料がかかるケースも考えられます。

また、買取業者の選定は、慎重に行いましょう。

こうした中古車を買い換える時の注意点について見ていきましょう。

廃車引き取り手数料がかかる場合もある

中古車の買取サービスを行っている業者であっても、あらゆる車を引き取っているわけではありません。

状態が悪い車や、不人気の自動車だった場合、値段がつかない可能性もあります。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

さらに、廃車にする際、その手数料を取られてしまう時もあります

中古車の場合は買取業者選びを慎重に行う

買取業者によっては、車検切れした車であっても、引き取ってくれます。

また、他の業者では値段がつかない自動車でも買取してくれる業者も存在しています。

中古車を買い換える時に重要なのは、なんといっても業者選びです

さまざまな業者のサービス内容や特徴を理解した上で、自動車に合った会社を選ぶようにしましょう。

買取価格がつかなかった場合は廃車買取業者がおすすめ

買取価格がつかなかった自動車は、廃車買取業者がおすすめです。なぜなら、廃車買取業者は、どんな状態の自動車であっても、買取してくれるからです。

詳しく廃車買取業者について見ていきましょう。

廃車買取業者ならどんな車でも買取ってもらえる

どんなに古い自動車であっても、買い取りするのが廃車買取業者の特徴です。部品に値段をつけ、パーツを再利用することで利益を出しているからこそ、どのような自動車でも買取しています

中古車買取業者は、廃車買取業者とは違い、自動車全体の価値を判断して買い取りしている会社です。

廃車買取業者を選ぶ際、各種費用が無料であり、書類手続きなども必要なく、さらに査定額の出る会社を見つけるようにしましょう。

業者によっては、廃車関連費用を取られてしまい、書類代行してくれない可能性もあります。時間と手間、費用をかけないためにも、廃車買取業者の選定は、非常に重要です。

中古買取業者に引き取ってもらいたい人は、新しい車種であれば、高値査定を目指せるでしょう。

あるいは、古い年式や走行距離の多い自動車であっても、希少車種であれば、高く売れるかもしれません。

基本的に査定額は、走行距離、年式などに影響を受けることを認識しておいてください。

買取業者はカーネクストがおすすめ

走行距離が多すぎる車、古すぎる自動車だけではなく、故障している車、動かない自動車など、どんな状態の自動車でも買取対象にしている業者は、カーネクストです。

しかもカーネクストであれば、0円以上の買取保証を行っているため、損はしません

カーネクストは海外に広がる販路を持っています。

そして、パーツの再利用なども行っています。

だからこそ、0円以上の買取保証を実現し、自動車の状態や車種次第では、高額査定も実現可能です。

カーネクストで、損することなく自動車を手放しませんか。

しかも、廃車手続きの代行費用、解体費用、引取り手数料、全国対応のレッカー代も、すべて無料です。

こうした費用は、他業者やディーラーなどであれば数万円かかってしまう可能性もあります。

さらに査定も、自動車税の還付手続き代行も無料サービスで、還付金がもらえます。

査定は、メーカー、車種、氏名などを専用ページに入力するだけであっという間に申し込み完了です。

年中無休のフリーコールもあり、不明点は、専門スタッフが丁寧に教えてくれます。

早めに自動車を手放したい人も、フリーコールに問い合わせてみましょう。

参考:カーネクスト

中古車でも買い替えの時期を見極め業者を選べば高値がつく

車検をして中古車を乗り続けてしまうと、どんどん車検費用が高くなってしまい、買い替えを考えた時に車に値段がつかないリスクがあります。

そのため、車検を受けた方がよいのかを見極める必要があります

新車登録から10年オーバー、走行距離が10万キロオーバー、13年を超えた場合、車検費用が高くなりそうな時こそ、中古車を買い替えするタイミングです。

メンテナンス代や税金を抑えるためにも、早めに買い替えることを意識しましょう。

中古車を買い換える時、業者によっては、廃車引き取り手数料などがかかる場合もあり、しっかりと業者を選ぶ必要があります。

また、自動車の状態によっては、中古買取業者ではなく、廃車買取業者がおすすめです。

買い替えの時期を見極め、高値査定を目指しませんか。

0円以上買取保証