廃車は業者に頼むだけではなく、自身でも手続きができます。自身で処分する場合、廃車方法によっては、スクラップが必要です。

廃車には永久抹消登録と一時抹消登録があり、車体ごと手放す永久抹消登録の際に、車をスクラップにしなければなりません。

スクラップを伴う廃車はどのようにやるのか、正しい方法を知っておきましょう。

廃車とスクラップの違い

まず理解したいのが、廃車とスクラップの違いです。廃車とは名義を処分する手続きであり、いわば法律上の手続きです。

対してスクラップは、単に車を解体することで、実際的な処分方法のひとつと言えるでしょう。

廃車は大きく永久抹消登録と一時抹消登録の2つに分けられます。永久抹消登録の場合は、車を解体しなければなりません。

しかし、一時抹消登録の場合は、名義を抹消するだけで済みます。そのため、スクラップはなしで廃車登録ができます。

その後、車を保有したり売却によって手放したりすることも可能です。スクラップはあくまで処分方法のひとつであり、廃車とイコールでないことは覚えておきましょう。

廃車手続きの流れを確認

スクラップが必要な永久抹消登録の場合は、以下の手順で行います。

  • 車をスクラップ工場に持ち込む
  • 管轄の運輸支局で廃車手続き
  • 税金・保険料の還付申請

ステップは3つで済みますが、業者に依頼する場合より手間がかかることは覚えておきましょう。

どのステップから代行してもらうかにもよりますが、業者によっては最初のステップから請け負うこともあります。

つまり、業者に持ち込むだけで、後の手続きは全て代行してもらえるため、工程を飛ばして愛車が処分できるでしょう。

自身でやる場合は、代行手数料分コストをカットできますが、その分手間がかかることは覚えておかなければなりません。

車をスクラップ工場に持ち込みする方法と注意点

愛車をスクラップ処分するには、スクラップ場への持ち込みが必要です。スムーズに処分を完了させるには、全体の流れや方法を知ることが大切です。

また、一部注意点もあります。これらポイントを押さえて、スムーズな処分を目指しましょう。

スクラップを行う流れ

スクラップの手順は、以下の通りです。

  • スクラップ業者の選定
  • 業者への持ち込み
  • 解体報告記録日と移動方向番号の通知を受ける

ひとくちにスクラップ業者といっても、種類は非常に多いです。業者ごとに細かいサービスの条件は違いますし、信頼度も異なります。

そのため、本当に信頼できる、お得に利用できる業者か事前に見極めなければなりません。

業者見極めの際には、自社工場を持っている、都道府県知事からの認定を受けているといった点を参考にしましょう。

業者を選んだ後はスクラップ依頼の連絡をし、業者に持ち込みます。自宅まで引き取りに来てくれる場合もありますが、別途費用が発生しやすいため注意が必要です。

業者に引き渡した後は、スクラップ完了の報告を受けます。解体報告記録日と移動方向番号を通知されるため、忘れないようにメモしておきましょう。

これは後の廃車手続きで必要です。

スクラップを行う際の注意点

手順に則って進めることで、スクラップ自体はそれほど問題なく行えるでしょう。ただし、一部注意点があるため、その点も理解しておかなければなりません。

注意点は大きく2つです。それぞれ理解を深め、手続き時に失敗しないようにしましょう。

ローンの残債がないか確認する

車を購入した際、ローンを組んでいる人は注意が必要です。ローンを組んでいる場合は、車検証の所有者を確認し、名義が誰になっているか確認しなければなりません。

名義がディーラーやローン会社と他人になっている場合、勝手に処分するのは法律に違反してしまいます。

廃車したい旨を所有権者に伝え、事前に許可をもらわなければなりません。また、ローン残債が少ないなら、一括返済するのもひとつの手です。

一括返済すると、所有権が自分に移るため、連絡の必要はありません。

一括返済か所有権者への連絡を行い、処分できる状態にしてからスクラップしましょう。

スクラップ後に別途廃車手続きが必要

スクラップが完了すると車を手放しているため、手続きが終わったと勘違いする人が多いです。

スクラップは永久抹消登録の一部であり、これだけで廃車手続きが全て終了しているわけではありません。

スクラップ後は廃車手続きが必要で、解体の報告を受けてから、原則15日以内に行う必要があります。

スクラップ後の廃車手続きも、自身で行うか、業者で行うかは選択できます。スクラップ場への持ち込みは自身で行い、廃車手続きのみ代行してもらうことも可能です。

自分にとってやりやすい方法を考え、必ず最後の廃車手続きまで完了させましょう。

廃車手続きの方法

スクラップ後は廃車手続きが必要です。自身で行う時のために、正しい方法を理解しておきましょう。

廃車手続きをするには、いくつか事前準備をしなければなりません。

スムーズに処分を完了させるためにも、細部まで理解を深めておきましょう。

必要書類を用意する

スクラップ後の廃車手続き、永久抹消登録の際には、以下の書類が必要です。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後2枚
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
  • 自動車税・自動車取得税申告書

事前に集めるのは、「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書きまでです。手数料納付書以下の書類は、当日運輸支局での受け取りとなります。

窓口で書類が配布されるため、必要なものを揃えてそれぞれ記入しましょう。分からない部分は、窓口の担当者に聞くと教えてくれます。

また、業者に代行してもらう場合は、別途委任状を作成しなければなりません。委任状は業者がひな型を持っている場合が多いため、指示に従って作成しましょう。

業者代行の場合は、運輸支局で手に入れる書類が不要のため、事前準備のものだけで手続きが行えます。

手続き当日の流れ

スクラップを終え、運輸支局を訪れた後の流れは、以下の通りです。

  • 必要書類の入手
  • ナンバープレートの返納
  • 必要書類の提出
  • 税事務所で手続き(税還付の申請)

運輸支局では必要な書類を集め、それぞれ必要事項を記入します。その後ナンバープレートを返納、書類の提出となり、案内に従って進めていれば難しくはないでしょう。

書類提出後は、運輸支局に隣接している税事務所で手続きを行います。

ここでは書類を書き写し、税還付を申請するだけなので、特別難しくはないでしょう。以上で手続きは終了ですが、廃車後は別途保険会社に連絡し、自賠責保険も解約しなければなりません。

保険料のみ廃車手続きとは別で独立しているため、この還付手続きも忘れず行いましょう。

廃車買取なら面倒な手続きは不要

廃車手続きを自身で行うのが面倒なら、廃車買取に出すのがおすすめです。廃車買取の場合、処分する車を買取対応してくれるため、少なからず利益が出ます。

さらに通常スクラップするには数万円程度費用がかかりますが、買取ならこれが不要です。

費用をかけずに処分できるため、この点だけでも十分なプラスになるでしょう。廃車買取なら廃車手続きまで代行してもらえ、手間もかかりません。

金銭面だけではなく、時間的コストで見ても、廃車買取に出すのがもっとも賢い処分方法と言えるでしょう。

廃車買取に特化した業者を選ぼう

ひとくちに廃車買取業者といっても、種類は数が多いです。業者ごとにサービス内容は異なるため、注意して選定しなければなりません。

せっかくお得に利用できる廃車買取業者も、選び方を間違えると失敗するため注意しましょう。

廃車買取ならカーネクスト

カーネクストは、車の状態に関係なく、0円以上で買取保証をしているのが魅力です。過走行車や経年劣化した車、故障車まで値段を付けてくれるので、少しでも高値で売りたい人におすすめです。

また、処分の際に費用がかからないのも魅力のひとつです。

レッカーの引き取りから廃車手続きの代行まで無料なので、気軽に利用しやすいでしょう。

参考:カーネクスト

廃車手続きをスムーズに進めよう

車をスクラップ処分するなら、その後廃車手続きまでしなければなりません。自分で行うことも可能ですが、手間がかかることは覚えておきましょう。

面倒を省き、お得に処分したいなら、廃車買取がおすすめです。

サービスを上手に利用し、スムーズな処分を目指しましょう。