トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車の処分方法のひとつに、スクラップがあります。スクラップの場合は費用がかかりますが、これは車の種類や利用する業者によって変動します。

スクラップ費用は変動なので、いかにして安く抑えるか、工夫することが大切です。上手に節約する方法を知り、愛車を賢く処分しましょう。

スクラップと廃車の違い

愛車を上手に処分するには、基本的な知識を身につけておくことが大切です。よく「スクラップ」と「廃車」は同じものと混同されがちですが、それぞれ明確な違いがあります。両者の違いを正しく把握して、スムーズな処分に繋げましょう。

スクラップは車を解体すること

スクラップは解体を意味する言葉で、車を解体処分することと考えましょう。「車の処分=スクラップ」というわけではなく、他にも知人に譲渡したり、業者に売却したりという方法もあります。つまり、スクラップは処分方法のひとつであり、選択肢の全てでないことは理解しておかなければなりません。

スクラップは単なる解体とは違い、リサイクルを前提にしています。これは法律で決められたことで、認可を受けた業者以外が解体作業を行うのは禁止されています。個人による解体が禁止なのはもちろん、認可を受けていない業者にも注意しなければなりません。

無認可の業者に依頼すると、法律違反となり、処分時の還付金が受け取れなくなる場合があります。また、トラブルに巻き込まれることもあるので、利用する業者の選定は重要です。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

廃車は事務的な手続き

廃車は極端に言えば車には直接関係せず、「名義」に関係する事務的な手続きです。廃車は抹消登録とも呼ばれ、車に登録された名義を抹消するための手続きです。廃車の種類は「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2つに分けられ、それぞれ手続き後の車の状態が異なります。

永久抹消登録は、文字通り車を永久に手放すための手続きで、廃車登録前にスクラップを必要とします。スクラップ後に名義も抹消となるので、故障車を対象に行うことが多いでしょう。対して一時抹消登録は、スクラップはせずに名義のみを抹消する手続きです。

一時抹消した名義は後日復活させることも可能ですし、そのまま他人に譲渡もできます。スクラップなしでの処分が可能な方法であり、当然スクラップ費用もかかりません。

スクラップと廃車手続きにかかる費用

車を手放す際には費用がかかりますが、これは「スクラップ」と「廃車手続き」の両方で発生しています。どの種類の廃車手続きをするかだけではなく、普通自動車と軽自動車による違いもあります。スクラップから廃車手続きまでの費用相場を知り、処分時に役立てましょう。

廃車費用の相場

スクラップまで含めた廃車費用の相場は、普通自動車の場合で以下の通りです。

  • リサイクル料金 1~2万円程度
  • 解体費用 2~3万円程度
  • レッカー費用 1~2万円程度
  • 廃車代行手数料 1~2万円程度

軽自動車の場合は以下の通りで、普通自動車よりは若干安くなるでしょう。

  • リサイクル料金 1万円程度
  • 解体費用 1~2万円程度
  • レッカー費用 1~2万円程度
  • 廃車代行手数料 1~2万円程度

リサイクル料金は車のリサイクル費用を、持ち主が一部負担するものです。これは法律で決められたことであり、費用負担は絶対です。車によって違い、購入時や車検更新時にすでに支払っていることも多いでしょう。支払い済みなら廃車の際に再度支払う必要はありません。

解体費用はある程度の相場は決まっていますが、利用する業者によって若干変動します。これは廃車代行手数料も同じで、利用先は複数社で比較検討することが大切です。レッカー費用は移動距離によって違いますが、基本的には1万円前後で済む場合が多いでしょう。

距離が極端に長くなる場合や、特殊な車で通常のレッカー車では積載が難しい場合は、2万円以上かかります。これらは永久抹消登録の場合の費用で、一時抹消登録なら登録手数料の350円だけで済みます。解体やレッカー移動が必要な場合のみ、コストは高額になると考えましょう。

スクラップ業者に直接依頼する場合

代行業者ではなく、スクラップ業者に直接処分を依頼する場合は、スクラップ費用が1~2万円程度と、少し安くなることが多いです。これは中間業者を挟まず、余計な費用がかからないからです。レッカー代やリサイクル料金は同様にかかりますが、スクラップ費用が少しでも安くするのは嬉しいポイントでしょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

また、業者によっては単なる解体処分ではなく、鉄くずとして買取対応してくれる場合もあります。買取が可能な業者なら、スクラップ費用もかからず、反対に利益が出るので、買取対応の業者を見つけると良いでしょう。

廃車買取業者ならスクラップ費用は無料

買取業者の中には、廃車買取に特化したものもあります。廃車買取業者に処分を依頼する場合は、スクラップ費用は不要で、かつ資金化できるケースが多いです。これは引き取った車は解体ではなく、何らかの方法でリサイクルされるからです。

修理して海外に輸出したり、分解して部品単位で再利用したりと、廃車予定の車でも活用の方法はあります。一見スクラップ処分するしかないような車でも、価値は眠っているので、それを見出してくれる業者に引き渡すと、よりお得に処分できるでしょう。

スクラップと廃車手続きの方法

愛車をスムーズに処分するには、スクラップから廃車手続きの方法まで知っておく必要があります。これは自分での手続きと、廃車買取業者に依頼する場合で方法が分かれます。それぞれの方法を把握して、自分に合ったやり方でスムーズな処分を目指しましょう。

自分で手続きする場合

スクラップから廃車手続きまで自分でやる場合、まずは車の解体から行います。利用するスクラップ業者を選定し、持ち込んだ後、解体の報告を待ちます。解体報告を受けてから運輸支局で永久抹消登録の手続きを行うと、処分は完了です。

軽自動車の場合は、手続きの場所が軽自動車検査協会になるので、間違えないよう注意しましょう。自分でやるなら代行手数料はかかりませんが、その分手間がかかります。

特に運輸支局や軽自動車検査協会での手続きは面倒で、平日の日中に時間を取らなければなりません。開局時間が限られているので、そもそもこのタイミングで時間が取れないなら、業者に依頼するのがおすすめでしょう。

廃車買取業者に依頼する場合

業者を利用し、廃車買取で処分するなら、業者を見つけて引き渡すだけです。廃車買取業者を利用する流れは、査定、見積もりの提示、車の引き渡しという3ステップです。

査定額に納得がいくなら、すぐにでも引き渡しが可能で、業者によっては無料でレッカー引き取りをしてくれる場合もあるでしょう。

引き渡した後は廃車手続きが必要な場合でも全て代わりにやってくれるので、求められた書類を提出するだけで済みます。費用や手間もかからず、自分でやるよりお得に処分できる場合も多いです。お得な処分を求めるなら、廃車買取業者の利用が賢明でしょう。

廃車買取に特化した業者を選ぼう

お得に処分するなら、廃車買取業者の利用が基本ですが、どの業者を選ぶかは重要です。業者ごとに提供するサービスは違うので、自分に合ったものを見極めなければなりません。複数社で比較し、本当にお得に利用できるものを選びましょう。

廃車買取ならカーネクスト

カーネクストは廃車買取に強く、どのような車でも買取対象としているのが特徴です。古い車や過走行車から、不動車でも買取対象なのは大きな魅力でしょう。どのような車でも0円以上での買取保証を実施しているので、値段が付かないことはありません。

また、処分に関する費用もかからず、査定からレッカーでの引き取り、廃車手続きの代行まで全て無料です。スクラップの費用も当然かからないので、少しでもお得に処分したい人におすすめでしょう。

参考:カーネクスト

スクラップ費用を節約しよう

車をスクラップにするには費用がかかりますが、これは方法次第で節約できます。やり方によっては、全く費用をかけずに処分も可能です。

スクラップは選択肢のひとつで、処分の方法は他にもあります。費用を賢く節約し、少しでもお得に愛車を手放しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!