車は消耗品なので、一定期間乗ったなら買い替えを考えるべきです。買い替えは手間がかかることも多いですが、事前準備を徹底することでスムーズに行えます。また、準備次第でお得な買い替えも可能なので、事前にすることを把握して、賢く愛車を買い替えましょう。

車の買い替えの前にすること

面倒な買い替えをスムーズに進めるためには、事前にすることを把握しておかなければなりません。やるべきことをきちんと行い、下準備をしておくことで、買い替えはスムーズになります。事前にすることは大きく3つに分けられるので、それぞれですべきことを詳細まで把握しておきましょう。

ローンの確認をする

車をローン払いで購入している場合は、残債の有無を確認しておきましょう。ローンで購入している場合、残債があるなら所有者はローン会社やディーラーになっていることが多いです。

一部ローンを組んでいても所有者が自分というケースもあるので、残債額の確認とともに、車検証の所有者が誰になっているかもチェックしておきましょう。所有者が自分でない場合は、車を勝手に処分できません。

所有者に許可をもらわなければならないので、ローン会社やディーラーに相談し、買い替えても残りの残債を確実に返済できることを説明しておきましょう。また、ローンが残り少ないなら、まとめて支払ってしまうのもひとつの手です。

ローンを払い終えると所有権は自分に移るので、買い替え時に他の人の許可を得る必要がありません。売却や譲渡、廃車まで自分の好きなように行えるので、一括返済可能なら、まとめて返してしまうことがおすすめです。

自分の車の価値の確認をする

買い替えの際には、買取と下取りどちらに出すかで迷うことも多いでしょう。どちらを選ぶかも重要ですが、これらを決める前に、まずは愛車の価値を正しく把握しておかなければなりません。市場での価値相場や愛車の状態から見る正しい価値を知っておかないと、相場以下の価格で安く手放してしまう可能性があります。

買取や下取りを行う業者は、全てが優良とは限らないので、損をしないためにも正しい知識を身につけておかなければなりません。愛車の価値を知るもっとも簡単な方法は、買取の査定に出してみることです。査定に出すだけなら無料の場合が多く、見積もりだけもらって断っても構いません。

この時、複数の業者に見てもらうことが大切で、最低3社からは査定を受けましょう。同じ車でも業者によって提示する金額は違います。それぞれの査定額を比較し、平均したものが、愛車の大体の相場価値といえます。

自動車税の支払いの確認をする

廃車や売却、どちらを選んだとしても、自動車税の支払いはしておかなければなりません。滞納期間が短いなら、未払いでも処分できる場合がありますが、滞納期間が長いと各種手続きを拒否されます。未払い分は支払ってからでないと手続きが進められないので、事前に清算し、自動車税納税証明書を入手しておきましょう。

また、仮に廃車や売却ができた場合でも、未払い分の自動車税の支払い義務は残ります。放っておくと延滞税が加算されて支払いが増えますし、還付金があっても滞納分に充当されて手元に入る金額は減ります。

手続きができるかどうかに関係なく、税金は期限内に支払わなければなりません。滞納はないか事前にチェックし、あるなら買い替え前に納付しておきましょう。

車の買い替えの手順

愛車を買い替える際には、新しい車の購入と、古い車の処分の両方を行わなければなりません。大まかな手順は、以下の通りです。

  • まずは車種を決める
  • 車両と下取りの見積もりを依頼する
  • 諸経費と必要書類をそろえる
  • 車両入れ替え手続きをする
  • 納車及び売却する車の引き渡しをする

全体の流れとステップごとの詳細を把握して、スムーズに買い替えましょう。

まずは車種を決める

新しく購入する車は、車種から決めるのがおすすめです。どのようなシーンで使うか、どの程度のスペックが必要か考えると、車種の絞り込みはしやすいでしょう。欲しい車種が決まったなら、購入先の店舗で好みのものがあるか確認します。

これは業者のホームページから確認したり、実際に店舗に行ったりしてチェックしましょう。欲しい車が見つかったなら、在庫を確認して取り置きをしてもらいます。

車両と下取りの見積もりを依頼する

ディーラーで買い替えなら、購入したい車と、現在手持ちの車の下取り、それぞれの見積もりを出してもらいます。下取り額がいくらになるか、それを差し引いて購入金額がいくらになるかは、細かくチェックが必要です。

全体の金額だけではなく、詳細な内訳まで確認して、気になるところは納得できるまで聞いておきましょう。内訳に不要なオプションが含まれているなら、それを外してもらうことでさらに安く購入できます。

見積もりを出してもらったからといって、必ずしも契約しなければならないわけではありません。納得いくまで交渉し、それでも納得ができないなら、他の業者をあたることも大切です。

諸経費と必要書類をそろえる

話し合いの結果、納得のいく契約内容に決まったなら、契約のための準備を行います。契約時には諸経費と複数書類が必要で、その時々でいくら必要か、どのような書類を準備すべきかは異なります。業者に確認して、いつまでに何が必要かチェックしておくとよいでしょう。

車両の購入価格自体は分割でも支払えますが、その他付随する費用は一括での支払いを求められることもあります。各種税金や手続きの代行手数料など、購入時にかかる費用は多数あるので、支払い方法も含めて詳細まで確認しておきましょう。また、必要書類は主に、以下のものが挙げられます。

  • 印鑑証明書
  • 実印
  • 車庫証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 車検証

実際に何が必要かはその時々で違うので、必ず確認して抜け漏れのないよう揃えておきましょう。

車両入れ替え手続きをする

購入契約を結んだ後は、指定した納車日を待つだけですが、この間に保険の車両入れ替えもしておきましょう。車両入れ替えは納車日が決まっているなら、事前に手続きをしておくことも可能です。

該当日に自動で切り替わるように手続きをしておくと、古い車、新しい車それぞれで保険なしの状態を作らずに済み、安心して利用できます。納車後に車両入れ替えも可能ですが、もし入れ替えをするまでの間に事故があると、保険は適用できません。

また、早くに保険を入れ替えてしまうと、引き取ってもらうまでに古い車で事故を起こした場合、これも保険適用対象外となるので注意が必要です。納車日に入れ替えるのがもっとも安全なので、スケジュールが決まったなら、先に手続きをしておきましょう。

納車及び売却する車の引き渡しをする

費用の支払いや書類の提出を終えると、後は納車日を待つだけです。業者ごとに対応は違いますが、基本的には自宅か指定した場所まで新車を運び、古い車をそのまま引き取ってくれるということが多いでしょう。納車された際には、車をすみずみまで確認することが大切です。

傷や汚れ、不具合はないかチェックし、万が一問題があったならその場で指摘しましょう。初期不良なら全て業者の責任なので、修理が必要でも費用を自身で負担する必要はありません。後から不具合を指摘しても、修理が自己負担となるケースもあるので、初期不良がないかの見極めは重要です。

買い替えをするなら廃車買取業者にしよう

下取りなら古い車の処分と新しい車の購入がまとめてできるので、手続きはスムーズに進められます。しかし、お得度で言えば、買取に出して別で購入契約をしたほうがよい場合がほとんどです。買い替え時により高い金銭的なメリットを求めたいなら、古い車の処分は廃車買取業者に任せましょう。

査定額がかなり低い場合は廃車買取業者へ

下取りと買取では、買取のほうが査定額が高くなる傾向にあります。万が一下取りで査定額が低い、あるいは値が付かないなら、廃車買取業者の買取に出しましょう。廃車買取業者は、ボロボロの車でも活用するノウハウを持っています。

そのため、他の業者で値が付かない車でも、部品単位、資源単位で価値を見出し、買い取ることが可能です。場合によっては数万円、数十万円の違いになることもあるので、よりお得に手放すなら廃車買取業者がおすすめです。

廃車買取ならカーネクスト

カーネクストはどれだけ状態の悪い車でも、全て0円以上で買取保証をしてるのが特徴です。動かなくなった車や完全に故障した車でも買取対象なので、下取りで値が付かなかった場合にもおすすめです。

また、レッカー引き取りや廃車手続きの代行も無料と、処分に関するサービスも充実しています。お得かつ、スムーズに買い替えたい人に適した、便利な業者といえます。

参考:カーネクスト

車の買い替えは準備をすることから

買い替えでは、古い車の処分から新しい車の購入まで、するべきことが数多くあります。スムーズに終えるには、事前に何をすればよいかを把握して、準備しておかなければなりません。準備を適切に行い万全の状態を整えて、スムーズな買い替えを目指しましょう。