車を処分する際には、「廃車」や「解体」をイメージする人が多いでしょう。廃車は名義の抹消であり、実際の車体を処分するなら解体が必要です。

また、解体を伴う廃車、伴わない廃車があるので、どちらで処分するかも考えなければなりません。愛車を少しでもお得に処分する方法を知り、賢く解体や廃車を行いましょう。

廃車するときの手続き

名義を抹消する廃車は、大きく3つに分けられます。基本的なのは一時抹消登録と、永久抹消登録で、やや特殊なケースとして解体届出があります。それぞれの違いを知って、どの方法で手続きをするか考えてみましょう。

一時抹消登録について

車の名義のみを抹消し、車体をそのまま残す廃車方法を、一時抹消登録と言います。これは名義のみを一時的を取り去る手続きで、後日再登録をして使用再開も可能です。

また、譲渡や売却して、他人が名義登録をしても使えます。車体はそのまま残るので解体の必要はなく、解体で処分したいなら別の廃車方法を用いなければなりません。解体が不要な分、廃車登録の申請だけで済み、簡単に手続きできます。

永久抹消登録について

解体を伴う廃車方法を、永久抹消登録と言います。これは文字通り車の名義を永久に抹消、つまり二度と乗れなくするための手続きです。基本的には解体した車の廃車に使用されますが、盗難や災害によって紛失した場合も該当します。

永久抹消登録を行うには、事前に車を解体しなければなりません。解体完了の報告を受けてから廃車手続きとなるため、一時抹消登録よりは若干手間がかかるでしょう。また、解体してから15日以内に廃車しなければならないという決まりもあり、スケジュール管理には注意が必要です。

一時抹消登録をした車を解体した後に行う「解体届出」

一度一時抹消登録した車を、解体して処分する場合には解体届出が必要です。基本的な内容は永久抹消登録と同じですが、名義の有無によって手続きの名称が異なるので注意しなければなりません。

車はリサイクル法という法律で解体、リサイクルについて定められているので、解体後は必ず申請が必要です。正しく手続きを行わないと、処罰の対象になる場合があるので注意しましょう。

廃車の解体の手順

廃車に伴い解体する場合は、廃車手続きの種類は永久抹消登録になります。永久抹消登録の手順は、自分でやるか業者に代行してもらうかで違います。

どちらの方法でも、手順さえ合っているなら問題はありません。それぞれの違いを知って、よりやりやすい方法で手続きを進めましょう。

自分で永久抹消登録をする場合

自身で永久抹消登録を行う場合、以下の手順で手続きを進めましょう。

  • 解体業者に引き渡し
  • 解体報告を受ける
  • 必要書類を持って運輸支局で手続き

廃車登録をするには、まずは車を解体しておかなければなりません。解体業者に連絡し、車を渡して解体してもらいましょう。解体が完了すると、業者から報告が入ります。この際「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」が通知されるので、忘れないようメモに取っておきましょう。

これは廃車時の必要書類のひとつなので、紛失しないよう大切に保管しておかなければなりません。解体完了後はその他必要書類も持ち、運輸支局で申請を行います。

軽自動車の場合は、軽自動車検査協会での手続きとなるので、場所を間違えないよう注意しましょう。運輸支局では必要書類を提出し、隣接する税事務所で還付金の申請を行い、廃車手続きは完了です。

専門業者に依頼する場合

業者に依頼する場合は、どの段階から代行してもらうかで手順が異なります。永久抹消登録の手続きのみ代行してもらうなら、自身で解体業者を探して、車を事前に解体しておかなければなりません。解体までひとつの業者に依頼するなら、車を持ち込み、必要な書類を提出するだけで手続きは終了です。

後は業者が解体し、廃車手続きを完了させるのを待つだけです。代行手数料がかかりますが、その分早く終わるのが魅力です。余計な手間をかけたくない人は、業者を利用することがおすすめです。

手続きに必要な書類

廃車の際には必要な書類が複数あり、これはどのやり方を用いるかによっても異なります。業者に依頼する場合、自身で行う場合、さらには解体届出の場合で違うことは理解しておきましょう。それぞれの場合での必要書類の違いを知り、正しく事前準備を行うことが大切です。

業者に依頼する場合の必要書類

業者に代行してもらう場合は、以下の書類を集めましょう。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 所有者の委任状
  • 車検証
  • ナンバープレート前後2枚
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き

これらを渡し、代行手数料を支払うと後は業者が手続きを進めてくれます。委任状は業者がフォーマットを持っている場合が多いので、それをもらって作成します。

また、業者に車を引き渡し、解体作業まで代行してもらうなら、「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書きは不要です。状況によって必要書類は若干変わりますが、基本的には最低限のものだけで手続きできます。

自分で行う場合の書類

自身で行う場合は、業者に依頼する場合よりも必要書類が増えます。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後2枚
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
  • 自動車税・自動車取得税申告書

基本的には同じですが、手数料納付書以下の書類が増えることは覚えておきましょう。これらは運輸支局で入手するため、事前準備の必要はありません。当日窓口で入手してから記載し、持参した書類と合わせて提出します

また、自分で行うなら委任状は不要ですが、業者でなくても家族や友人にやってもらう場合は、委任状が必要になることも覚えておきましょう。

一時抹消登録してから解体届出

解体届出の場合は、まずは一時抹消登録を行います。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後2枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

一時抹消登録の場合はこれらの書類が必要ですが、業者に依頼するなら手数料納付書以下の書類は不要です。代わりに委任状の作成が増えるため、これは忘れないようにしましょう。

一時抹消登録の時点では、解体は不要なため、書類が揃った時点で手続きできます。一時抹消登録後に、解体届出を行い、その時には以下の書類が必要です。

  • 登録識別情報等通知書(もしくは一時抹消登録証明書)
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)

業者に依頼する場合は、上記の2つの書類だけでよく、解体まで依頼するなら登録識別情報通知書か、一時抹消登録証明書だけで問題ありません。これらの書類は一時抹消登録後にもらえるため、なくさないように保管しましょう。解体届出の前には解体が必要なため、自身で行う際には、この手順も忘れないようにしましょう。

廃車買取に特化した業者を選ぼう

解体予定の車をお得に処分するなら、廃車買取に出すことがおすすめです。通常解体処分だと数万円の費用がかかりますが、買取に出すならコストはかかりません。また、査定額に応じてプラスが出るため、コスト削減と利益分を合わせると、お得度は大きいでしょう。

廃車買取ならカーネクストがおすすめ

カーネクストは幅広い車に買取対応しているのが特徴で、状態に関係なく0円以上で買取保証をしています。古い車や過走行車はもちろん、解体するしかない故障車でも、確実に値段を付けてもらえるのはうれしいポイントでしょう。

値段が付けられるのは海外に販路を持っているからであり、ボロボロの車も活用できるノウハウがあるからです。また、パーツ単位でも評価してもらえるので、カスタム車でも値が付きます。また、引き取りに関するサービスも充実していて、レッカー代や廃車手続きの代行費用も無料です。

業者に依頼すると手続きの代行費用がかかるのがネックですが、カーネクストならその心配はありません。好条件で売却でき、かつコストをかけずに手放せるので、少しでもお得に愛車を処分しない人におすすめです。

参考:カーネクスト

解体は業者に任せると楽である

解体から廃車手続きまでは、全て自分でやることも可能です。しかし、手間がかかりやすく、場合によっては業者に頼む以上にコストが発生します。

廃車買取業者に任せるなら、コストはゼロで、むしろ買取金額に応じて利益が出ます。業者を上手に使って、解体と廃車も賢く済ませましょう。