トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車は消耗品なので、一定期間で買い替えなければなりません。しかし、どれくらいのスパンで買い替えるべきか、悩む人も多いでしょう。

車の買い替えは、早すぎても遅すぎても不利益になります。お得に買い替えるためにも、適切なスパンを知って、賢く新しい車を手に入れましょう。

車の平均買い替えスパン

買い替えのスパンは人によって違いますが、平均では普通自動車が8.07年、軽自動車は8.94年と言われています。平均すると8.53年で、大体8~9年を目安に買い替えている人が多いと考えましょう。ただし、これはあくまで平均であり、このスパンで買い替えることが、絶対的にメリットになるとも限りません。

中には2~3年で買い替えている人もいるでしょうし、反対に10年以上乗っている人もいるでしょう。すぐに買い替えている、あるいはなかなか買い替えないからといって、一概に得をする、損をするということは決まっていません。

損になるか得になるかは、その人次第、その時の状況次第なので、平均は参考程度の情報と考えましょう。また、買い替えスパンの平均は、25年連続で上昇傾向にあるので、比較的長く使う人が多くなっているのも、覚えておきましょう。

車の買い替えスパンが伸びている理由

車の買い替えスパンは年々上昇傾向にあり、長く乗る人が増えつつあります。平均使用年数の増加には大きく2つの理由があり、これを知ることも買い替えスパンを考える上での材料になるでしょう。何が理由で長く乗る人が増えているのか知り、買い替え事情も頭に入れておくことが大切です。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

車の性能が良くなっているから

平均使用年数上昇の理由は、車の性能アップが関係しています。車は新しいモデルが発売されるごとにどんどん性能がよくなり、耐久性も上がっています。かつては寿命と呼ばれていた年式や走行距離の指標も、現在ではほとんど気にされなくなっており、実際にこの常識も覆りつつあります

もちろん、長く乗り続けるにはメンテナンスが必要ですが、反対に言えば手をかけ続ければかなりの年数を乗れるほどに、車は進化しているといえるでしょう。性能アップは非常に大きな要因で、壊れないからすぐに買い替える必要がないとも言い換えられます。

買い替えを減らせば出費も減るから

同じ車に長く乗り続けると、デメリットになって不利益を被る可能性もありますが、基本的にはコスト負担は買い替えより安いことが多いです。もちろん、古くなると不具合も増えて不便になりやすいですが、これを我慢できるなら買い替えよりは費用は抑えやすいでしょう。

長く乗る人が増えたのは、買い替え費用の高さも関係していて、買い替えないほうが金銭的な負担が軽いからです。出費を減らすために古くて多少不便になっても乗り続ける人は多く、経済的な理由も車の買い替えスパンが長くなっている理由のひとつと考えられます。

車を買い替えるのに適したタイミング

使用年数の平均はあくまで参考情報なので、必ずしもこのタイミングで買い替えるべきとはいえません。実際におすすめな買い替えスパンは個人によって違うので、自分に合った時期を見極めることが大切です。いつ買い替えるべきかを判断するためにも、買い替えを検討すべき4つのタイミングを知っておきましょう。

走行距離が10万kmを突破した時

かつては走行距離10万kmが寿命と言われていましたが、現在の車は耐久性が上がっているので、10万kmを超えても走り続けられるものは多いです。しかし、パーツ単位で見ると消耗して劣化が始まるものは多く、メンテナンス費用も高くなりやすいです。

メンテナンスをするなら使い続けることは可能ですが、今後もさらにコストは上がり続けるので、あまりに費用がかかり過ぎる前に買い替えるのもひとつの手でしょう。10万kmを超えるとメンテナンス費用がかかりやすいパーツが劣化、故障することも多いので、修理費と相談しながら決めるのもおすすめです。

車検を迎える前のタイミング

一般的な乗用車の場合、新車登録からは3年、以降は2年ごとに車検を受ける必要があります。車検更新前は買い替えを検討すべきタイミングであり、手放すなら車検を通す前がベターです。車検更新には費用がかかり、更新してすぐに売ると費用分丸々損をすることも少なくありません。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車検期間が長く残っていると、売却時にプラス査定になりますが、増額は微々たるもので、車検費用を回収できるほど高くはならないでしょう。車検は一定期間ごとに巡ってきてタイミングとして分かりやすくもあるので、更新ごとに買い替え時期ではないか考えてみるのがおすすめです。

下取り価格が下がる年数

車を買い替える際には、下取りに出すのがおすすめで、下取り価格を重視したいなら、年式を考慮しましょう。年式による下取り価格の影響は大きく、特に3年、5年、10年が区切りとなって、大幅に価格は変動します。

もっとも高く売れるのは3年目まで、つまり1回目の車検更新前であり、早めに売ることで費用の回収もしやすいでしょう。長く乗った場合でも少しでも高く下取りしてもらいたいなら、10年目を迎える前に手放すのが基本です。

下取りは査定が厳しく、ある程度状態が良くても年式が古いと査定額は下がりやすいので注意しなければなりません。

ライフスタイルの変化があった時

車はステータスとしての意味合いもありますが、実用面から購入している人も多いでしょう。そのため、ライフスタイルの変化は買い替えを検討すべきタイミングのひとつで、その時々のステージに合った車に買い替えるのがおすすめです。

例えば出産によって人数が増えるなら少し大きめの車、子供が独立して人数が減るなら、コンパクトな車への買い替えが考えられます。ライフスタイルの変化に合わせていると、実用性を保ち続けられ、より便利に乗れることが大きなメリットです。

車をお得に買い替えるには

出費がかさむという理由で買い替えを躊躇する人が多いように、多少なりとも費用はかかってしまいます。場合によっては重い負担がのしかかりますが、方法を工夫するとお得な買い替えも実現できます。出費を抑えて上手に買い替えるには、どのような方法を取るべきか知っておきましょう。

現在乗っている車を買取に出す

買い替えの出費を減らすには、手持ちの車を少しでも高く売ることが大切です。買い替えなら下取りも利用できますが、金額の高さを考えるなら、買取に出すのがおすすめです。買取は下取りとは査定の方法が違い、下取りで値段がつかないものでも、価値を見出してもらえる場合があります

少しでも高値で売却できると、買い替え費用に充当でき、結果的にお得になるでしょう。ただし、買取業者は種類が多く、業者ごとに査定額が違うので注意が必要です。車の状態に合わせて、適する買取業者を選定することが大切です。

カーネクストに買取を依頼する

古い車や長く走った車、故障車といった状態の悪い車から買い替えを検討しているなら、カーネクストがおすすめです。カーネクストはどれだけ状態の悪い車でも、0円以上で買取保証をしているので、少なからず値をつけてもらえます。

さらに、レッカー引き取りから廃車手続きの代行まで全て無料なので、コストもかけずに処分可能です。処分のコストを大幅にカットできることで、実質の買取額もアップし、よりお得に買い替えやすくなります。

参考:カーネクスト

自分にとって最適な乗り換え時期を見つけよう

車の買い替えのスパンは人によって適するタイミングが違うので、自分にとってはいつが最適なのかを見極めることが大切です。

何を指標に買い替えるのか、自分なりの基準を決め、本当のよいと思ったタイミングで買い替えて、賢く新しい車に乗り換えましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!