トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車に乗り続けるためには、車検は必要なものです。これは、車の安全性を保つためにも必要で、車検が切れている状態で警察にみつかってしまえば、重いペナルティを背負うことも。そのため、面倒を避けるためにも、車検は通す必要があります。

しかし、車が古い場合には、部品の摩耗によって安全性に問題があると判断され、車検に通らなかったり、大きな出費を強いられることもあります。そこで今回は、車検を通らない5つの原因と対処法を解説します。今のあなたがこれに当てはまっているのか、どうすればよいのかを知ってください。

車検に通らない5つの原因

新しい車やメンテナンスが行き届いた車であれば、車検は簡単に通ります。しかし、以下の5つに該当する場合には、もしかすると車検に通らないかもしれません。ここでは、これらについて詳しく解説していきます。

部品の劣化や故障で安全性に問題

車検の原則は、安全な走行ができることであるので、部品の劣化や故障で問題が発生していれば、車検には通らないでしょう。この場合に多くあてはまることは、タイヤやブレーパッドの摩耗、ライトの光量不足、エンジン内やマフラーの漏れなどがあげられます。

そのため、もし車検に出そうとしている車に、これらの問題が考えられるのであれば、車検に通らないかもしれません。

安全性に影響がある装備をしている

車検では、車本体の安全性が主に調べられますが、車に付属する装備についても安全かどうか検査されます。そのため、万が一安全性に影響がある装備だと判断されれば、車検には通りません。

具体例としては、フロントガラスが大きく隠れるカーナビを設置していたり、強度計算せずにテレビモニターの設置を行ったり、視界を遮るシールを貼っていたりする場合なども、これに当てはまります。基本的に、装備は純正のものであれば問題ありませんが、自分で取り付けた場合には注意が必要です。

限度を超えた車の改造をしている

車を改造している場合には、所定の手続きを行えば車検に通ることもあります。しかし、あくまでもこれは安全基準での範囲内のものなので、限度を超えている場合には当然通りません。そのため、あなたの車が限度を超えた車の改造をしていれば、車検には通らないでしょう。

なお、具体的な限度については以下の表のとおりです。

車の長さ高さ車高重量タイヤサイズエアロパーツライトの色
±3cmまで±2cmまで±4cmまで9cmまで100kg以下車幅などが規定以内のもの。ボディに触れていたり、メーターが正しく表示されない場合はNG。規定以内のもの。例えば軽自動車では幅1.48m、高さ2m、全長は3.4m以内。白、または黄色

発煙筒を装備していない

発煙筒が何のために必要なのかといえば、事故を起こしたなどの緊急時に、後続車に危険を知らせるためのものです。つまり、あなた以外の第三者を守るためのものといえます。

なお、通常は助手席についているものなので、一度確認してください。もし、確認してみてこちらがない、もしくは有効期限が切れている場合は、ほかの運転者の安全に問題がでるため車検に通りません。

税金や違反金を払っていない

自動車税などの税金を支払っていない場合には、車検に通りません。また、駐車違反などの違反金を払っていない場合には、車検を受けて車に問題がなかった場合でも、車検に通らないことになっています。

こちらは「車検拒否制度」というもので、警察からの連絡で車検がおりなくなる制度です。車体に問題がある場合だけでなく、税金や違反金を払っていない場合にも車検がおりないため、注意が必要です。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車検に通らない場合の対処法

ここでは、車検に通らない場合の対処法を4つ解説していきます。まず、車検が通るように、車の修理や部品交換しましょう。また、改造車は構造変更申請をしておくことと、未払いのお金があればを納めておくことも大切です。このほかにも、廃車買取に出して新しい車を買う方法もあります。

車検に通るように車の修理や部品交換する

根本的な問題が車自体にあるなら、通らない原因の装備は外し、劣化している部品は全て交換しましょう。こうすれば、安全性に問題がなくなるので、車検が通るようになります。

ただし、車検を通したい車が、古い車であるほど交換する部品が増えて、高額の出費になるという問題があります。そのため、あまりに高額になることが考えられるのであれば、別の手段を考えたほうがよいです。

改造車は構造変更申請をしておく

車検では、改造車も車検を通せます。ただし、これは車のサイズなどの規程を守ることの前提条件と、構造変更申請を行い、安全な改造車であることを登録することが必要です。

なお手順としては、構造変更申請をしたうえで車検に出してください。逆の場合は、違法改造車とみなされてしまうので、必ずそのようにやりましょう。

未払いのお金を納める

税金や違反金などで、未払いのものがある場合は納めるようにしてください。なお、税金の支払いは、納税証明書の交付に1週間程度かかるので、早めに支払うようにしましょう。

また、違反金は車検前に支払うか、車検後には金融機関やコンビニ、警察署などで支払い、領収書などを提示するようにしてください。

廃車買取に出して新しい車を買う

車が老朽化しているのであれば、廃車買取に出して新しい車を買うことも一つの手です。この場合は、車検を通すための修理などが高額であるなら、廃車買取にして現金化したほうがお得なのでおすすめです。

なお、もし買取専門業者に心当たりがなければ「カーネクスト」はおすすめの買取専門業者です。こちらは、0円以上の買取保証、レッカー・書類代行・査定がすべて無料となっているサービスを展開している優良な業者です。

なお、あまりのサービスに不信感を持っている人に解説すると、こちらの業者は販路が広く、世界中で販売しているため、さまざまなサービスが可能になっているのです。廃車買取を考えるのであれば、ぜひ一度検討してみて下さい。

参考:カーネクスト

車検に通らない場合は廃車まで検討

車検に通らない原因には、部品の劣化や故障で安全性に問題がでたり、安全性に影響がある装備をしていたりなどの5つがあります。また、車検に通らない場合には、車検が通るように車の修理や部品交換を行ったり、未払いのお金を納めたりしましょう。

たいていのことであれば多少のお金は出ていきますが、部品交換などの対応で車検は通ります。しかし、もし高額な出費が予想され、このままでは車検に通らないかもしれないという場合は、廃車まで検討しましょう。トータルの出費を抑えることを考えていけば、自ずと答えはみえてくるはずです。

0円以上買取保証