トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

事故で車が損傷した場合、修理せずにそのまま売却して処分を考える人も多いでしょう。しかし、事故車になると査定額は減額されやすく、場合によっては大幅ダウンの可能性もあるので注意しなければなりません。事故車だと査定額にはどのような影響が出るのか、相場から金額アップのコツまで知っておきましょう。

事故車の買取査定額の相場

事故による査定額の影響を知る上では、まずは事故車の買取相場を知る必要があります。ひとくちに事故車といっても、車によって損傷の程度は違い、どの程度のダメージを受けているかによって査定額への影響も異なります。ダメージの程度と査定額への影響を知り、事故車の買取相場への理解を深めましょう。

骨格部分に修復歴がある場合

中古車の買取市場で言われてる事故車とは、車の骨格部分が損傷し、修復歴がついた修復歴車です。修復歴がある場合は数十万円単位で査定額は減額され、普通自動車だと30〜50万円程度、軽自動車だと20万円程度マイナスになることが多いです。

細かい金額は車によって違いますが、場合によっては通常の買取相場の半額以下になる可能性もあることは覚えておきましょう。これは一度修復歴がついてしまうと、どれだけ綺麗に直しても何らかの不具合が残るからです。

見た目は綺麗になっても、内部の不具合までは完全に取り除けないので、修復歴が付くと査定額は大幅に下がってしまいます。

傷やへこみ程度の場合

事故によるダメージが少なく、多少の傷やへこみ程度で済んだ場合は、査定額への影響はそれほど多くありません。傷だらけになっているなら当然マイナス査定にはなりますが、修復可能な程度なら、大幅に下がることはないでしょう。

ダメージがあっても修復歴が付いていないなら、業者は事故車と公表せずに高値で売却できます。そのため、通常の中古車とほとんど変わらない金額で売り出されるので、査定額にもそれほど大きな影響はないと考えましょう。

外側のダメージのみで修理している場合

事故による影響が外側、つまりボディの傷やへこみだけで、内部にまでダメージが到達していない場合、綺麗に直しているなら査定額への影響はほぼ0です。傷がついても、それが分からないよう綺麗に修復されているなら問題はないので、軽度の事故なら査定額ダウンを心配する必要もないでしょう。

ただし、修理する場合は基本的に自分でやることが大切で、業者に依頼すると修理代分損をすることがほとんどです。少しでも綺麗な状態に戻すことで、査定額ダウンは免れ、反対に金額アップに繋がることもあります。

しかし、修理による査定額アップは微々たるもので、修理代と合算するとマイナスになることが多いです。余計なコストをはかけないようにし、自分で直せないなら傷有の状態で査定に出したほうが、結果的にプラスになるでしょう。

事故により査定額が下がった場合の対処法

事故による査定額への影響は、車が受けたダメージ次第で、ほとんどマイナスにならないこともあります。しかし、ダメージが大きいと、どうしてもその分査定額は下がり、大幅に減額されることもあり得ます。査定額が大きく下がってしまった場合は、保険会社を上手に利用し、損失分の穴埋めを図ることが大切です。

加入している自動車保険の保険金をもらう

自賠責保険以外で、任意保険に加入しているなら、保険を適用させて保険金をもらいましょう。保険金がいくら下りるかは事故の程度や契約している内容にもよりますが、被害が大きいほど、上限額いっぱいまで引き出しやすいのは確かです。

ただし、保険を適用すると等級が下がり、翌年度以降毎月の保険料が高くなるので、これも考慮し保険金をもらうか考えなければなりません。場合によっては査定額が下がっても保険を適用させず、保険料を上げないほうがお得なケースもあるので、保険適用は慎重に行いましょう。

評価損を加害者側の保険会社に主張する

自分が事故の被害者の場合、事故の影響によって下がった査定の評価損分を、相手方の保険会社に請求できます。場合によっては減額分丸まる補償してもらえるケースもあるので、必ず請求しましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

ただし、請求が可能なのはあくまで自分が被害者の場合に限られます。加害者の場合は当然請求できず、反対に相手が評価損分を請求してくる場合があることは理解しておきましょう。

事故車の査定額をアップさせるコツ

事故車だと大抵の場合、通常の中古車より査定額が下がってしまいます。しかし、査定の出し方を工夫すると、金額アップを狙える場合もあります。事故車でも工夫次第で思わぬ高額査定を得られることはあるので、コツを知って上手に査定に出しましょう。

複数の業者に査定を依頼する

査定額アップを目指すなら、複数業者に査定してもらうのが基本です。同じ車でも業者によって提示する金額は違い、1社で決めると売り損を出すことも少なくありません。

また、複数社で競合させることで、金額のつり上げが可能な場合もあります。比較対象は最低3社以上と考え、できるだけ多く査定をもらい、よりお得に売れる業者を見つけましょう。

内装を綺麗にする

査定時には車の外装だけではなく、内装も見られています。内装を綺麗にすると、丁寧に使っているという印象を与えられ、査定額アップに繋がることも多いです。

車内の荷物は整理して綺麗に片づけたり、シートの汚れや臭いを取ったりして、できるだけ新車に近い状態に戻しておきましょう。

事故車をお得に処分するには

事故車でも査定に出すことは可能で、工夫次第では金額アップも狙えます。しかし、業者によっては金額アップ以前に、そもそも事故車の買取を受け付けていないこともあるので注意しなければなりません。事故車をお得に売るにはどのような業者を選ぶべきか、正しい選択肢を把握しておきましょう。

事故車専門の買取業者に依頼する

買取業者は非常に種類が多く、中には事故車や廃車予定の車を専門に扱っている業者もあります。これらの業者なら、ボロボロの車でもパーツや素材にリサイクルしたり、海外に輸出して売却したりと、活用ノウハウを持っているので買取が可能です。

他の業者で値が付かなかった事故車でも、価値を見出して買い取ってくれることも多いので、事故車でも諦めずに査定に出すことが大切でしょう。

カーネクストに買取を依頼する

事故車の買取なら、サービスの充実したカーネクストがおすすめです。カーネクストは不動車や故障車、事故車といった状態の悪い車でも、全て0円以上での買取保証を実施しています。確実に資金化できるので、売れないという心配はないでしょう。

また、査定から車両の引き取り、廃車手続きの代行まで全て無料なのも嬉しいポイントです。処分に関するコストや手間も省けるので、動かせない事故車でもスムーズに手放せます。

参考:カーネクスト

事故車をお得に売却しよう

損傷の程度によって査定額への影響は変化し、場合によっては大幅減額もあり得ます。しかし、売り方次第で査定額アップを目指すことは可能で、工夫すればお得に手放せるケースも多いです。事故車でも諦めずに工夫して買取に出し、少しでもお得な処分を目指しましょう。

0円以上買取保証