トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車が事故によって損傷した場合、どうにか修復できないかと悩む方は多いでしょう。修復の可否はその時々で違いますが、仮に修復できる場合でもその後の車の状態には注意しなければなりません。

事故車になってしまうと、これまでとは車の扱いが違うので、修復の注意点や買い替え時のポイントを知り、理解を深めていきましょう。

事故車とは

事故車は修復するか買い替えるかで悩むことが多いですが、これらを考える場合には、そもそも「事故車」とはどのように定義づけられているかを知らなければなりません。事故によって損傷した車が全て事故車とイメージする人は多いでしょうが、実はこの認識は間違いです。

一般的にイメージされる事故車と、中古車買取市場における事故車は意味合いが違うので、まずは正しい定義を知っておかなければなりません。

修復歴のある車

中古車買取市場における事故車とは、単に事故によって損傷した車ではなく、修復歴のある車を指します。これは修復歴車とも呼ばれ、「事故車=修復歴車」と考えても良いでしょう。修復歴は車のフレーム部分を損傷した、あるいはそれを修理した車につけられます。

  • フロントクロスメンバー
  • インサイドパネル
  • サイドメンバー
  • ダッシュパネル
  • ルーフパネル

以上のパーツはフレーム部分に該当するので、これらを損傷すると修復歴が付き、事故車扱いになると考えましょう。修復歴の要件はフレーム部分の損傷なので、場合によっては事故以外のことが原因でフレームが損傷することもあります。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

しかし、フレームが損傷するほどの大きなダメージは、事故以外ではなかなかないことから、修復歴がついた時点で漏れなく事故車になることは理解しておきましょう。

修復しても事故車にならない車もある

事故車の要件は修復歴があるかどうかなので、仮に事故による損傷があっても、それがフレーム部分でないなら事故車には該当しません。事故によっては多少すり傷がつくだけや、ボディのへこみだけということもあるでしょう。

それら軽度の損傷なら、修復しても修復歴は付かないので、買取に出しても査定額はほとんど変わりません。もちろん、多少なりともダメージがあるなら、その分は若干の減額対象となりますが、これも綺麗に修理しているなら問題はないでしょう。

車の価値を考える上では、事故車であるか否か、つまり修復歴の有無が大きく関係することは理解しておかなければなりません。

事故車の修復の注意点

修復歴のある事故車は、かなりのダメージを負ってますが、修復自体が不可能なわけではありません。そのため、修復後継続して使用することも可能で、物によっては修復歴の付いた車が販売されていることもあります。

事故車は乗ったり、売ったり、買ったりと複数の関わり方がありますが、それら全てに注意点があるので、扱いには細心の注意を払わなければなりません。

事故車の修復の費用

よほどのダメージを受けていない限り、事故車でも修復は可能です。しかし、フレーム部分が傷ついている場合、修復には通常以上の費用がかかるので注意しなければなりません。損傷の箇所や程度にもよりますが、最低でも10万円程度かかることが多いでしょう。

高いと100万円以上し、買い替えたほうが安い場合も少なくありません。また、修復しても完璧に直るわけではなく、何らかの不具合は残り続けるので、コスパがあまり良くないことも覚えておきましょう。

修復歴は申告する

事故車でも売却はできますが、査定時には必ず修復歴の有無は伝えなければなりません。修復歴があると、20~50万円程度査定額を減額されることもありますが、事前に告知していないと、告知義務違反に該当します。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

後からバレた際には、金額を大幅に減額され、場合によっては買取を拒否されることもあるでしょう。また、黙っていても査定士がチェックして気づくことがほとんどなので、余計な悪印象を付けないためにも、正直に自分から申告することが大切です。

修復歴を知らされなかったとき

購入した車が、実は事故車だったというケースもあり、後から修復歴に気づくこともあります。この場合は、事故車であることを追求し、価値が下がっている分の補償請求が可能です。

業者で購入している場合は、返品が可能なケースも多く、継続して使用する場合でも、実際の金額はもっと安いとして、払いすぎた分を還付してもらえる可能性もあります。事故車を掴まされたと泣き寝入りするのはもったいないので、事前に告知を受けていない場合は、必ず相手に責任を追求しましょう。

事故車のチェックをする

中古車を購入する場合、車の状態はしっかり見極めることが大切で、この時本当に修復歴がないか確認しておきましょう。フレーム部分をチェックし、歪みや塗装した後が見える場合は、事故車である可能性が高いです。

また、車の評価シートがあるならそれを見せてもらい、「R」という表記がないかもチェックしましょう。これは「repair」を表し、「R」と書かれたものは修復歴があることを示しています。

疑問点がある場合はきちんと業者に説明を仰ぎ、聞いても明確な回答が得られないようなら、安心できないので別の業者を選んだほうが良いでしょう。

買い替えを考えるなら廃車買取専門業者にしよう

愛車が事故で損傷した場合、修復せずに買い替えを選択することもあるでしょう。事故車に該当すると、査定額は大幅に減額され、買取を拒否される場合もありますが、これは売却先を工夫するだけで改善できます。事故車を売るなら廃車買取専門業者がおすすめなので、積極的に利用し、事故車もお得に売却しましょう。

修復をしないでも買取してもらえる

通常の買取業者では、自走可能かどうかが大きなチェック項目ですが、廃車買取専門業者の場合は、パーツ単位での価値がどうかをチェックします。そのため、修復歴がつくような大幅な損傷でも、その他使えるパーツを見て査定額を決定してくれるので、通常の中古車買取より有利な条件で売却しやすいです。

加えて、ボロボロのパーツでも資源としての価値を見出してくれるので、無駄になるところが一切ありません。他の業者で値が付かない車も、廃車買取専門業者なら高値になることも多いので、事故車の売却には特に適した業者でしょう。

廃車買取ならカーネクスト

廃車買取専門業者の中でも、特におすすめなのはカーネクストです。カーネクストは車の状態に関係なく0円以上の買取保証をしているので、修復歴ありの事故車でも確実に資金化できます。加えて、レッカー引き取りも無料で、事故で動かせなくなった車も、スムーズに引き取ってもらえるでしょう。

廃車手続きの代行にも費用はかからず、廃車に伴う還付金もきちんと返してくれるので、事故車も好条件で手放しやすいです。

参考:カーネクスト

事故車の修復は状態で考えよう

よほど大きな損傷でない限り、事故車でも修復は可能です。しかし、修復できてもコストがかかり過ぎたり、修復後に不具合が残ったりすることも多いです。

事故車は必ずしも修復すべきとは言えないので、状態を見ながら直すか買い替えるか選び、少しでもお得な選択をしましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!