トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

低年式過走行車は一般的なディーラーや買取業者では値段のつかない、もしくはつきにくい傾向が多いです。

しかし世の中には低年式過走行車をメインに取り扱っている業者もあります。

実はこのような業者は海外で買い取ったものを売却していたり、リサイクルなどすることで利益を確保ています。今回はこれ以外に、低年式過走行の車に乗り続けるリスクやお得に高価買取できるポイントを解説していきます。

低年式過走行の車に乗り続けるリスク

低年式過走行の車に乗り続けるには、経済面と安全面の2つのリスクがあります。それは低年式過走行の車は、自動車税が増税されることと走りが不安定になることです。

特に後者に関しては命にもかかわることなので、リスクとしては大きいものです。ここではこれらのリスクをしっかりと解説します。

自動車税が増税される

ご存知のように車に乗るためには自動車税や自動車重量税などを支払わなければなりません。しかしこの税金は車の登録から所有年数を重ねることで変動して行くものであり、13年以上経過している車はかなり割合が増えてしまいます。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

具体的には自動車税が20%、自動車重量税が24%とかなり高い割合が増税されます。こちらは年数を重ねて18年を超えるとさらに増税される仕組みです。

そのため税の面では低年式過走行の車は負担がそれ以下の年数のものと比較して、非常に重くなってしまいます。

走りが不安定になる

低年式過走行の車はほとんどの場合でガタがきています。これは部品の寿命が走行距離10万kmと計算されているため、これを超えると部品はどんどん摩耗していくため故障率が高くなります。

そのため低年式過走行では走りが不安定になったり、走行中に故障してしまうこともあり得ます。走行の安全性は命にもかかわってくるので、こちらは大きな問題です。

低年式過走行の車でも買取が可能な理由

低年式過走行の車は税や走行の安全性などに問題がありますが、それでも買取を行っている業者はいます。低年式過走行車にもかかわらず買取は可能です。

実はこれには国内市場ではなく海外市場に持って行ったり、車としては売却しないなど以下の3つの理由があります。ここでは、買取業者がどのような理由から買取を行っているのかを詳しく解説します。

海外では需要がある

意外かもしれませんが、海外では年式や走行距離が気にされないことが多いです。そのため低年式過走行車でも抵抗なく乗っているので、需要があります。また海外では日本車自体が人気のため、これによってさらに需要が増しています。

そのため海外販路を持っている買取業者はこぞって日本で買取を行って、海外で売却しています。

部品をリサイクルすることができる

低年式過走行の車であればガタがきているのは間違いないでしょう。しかし車の全てが老朽化しているわけではありません。

そのため買取業者は買い取った低年式過走行車から使える部品を取り出したり、車に使われている素材をリサイクルしています。これによって業者は買取価格以上の利益を得られるようになっています。

相場が低いため売りやすい

こちらは買取業者の目線に立つとわかりやすいです。買い取った車は、業者が利益分を乗せた上で売り出されます。しかしその価格では必ずしも売れるわけではありません。

その車種の人気や価格帯からどれくらい安いのかなどで、売れやすさは変わってきます。売れやすくする方法として重要なのは買取額です。こちらが安ければ売出価格も利益を確保した上で安くできるため、結果として売れやすくなります。

そして問題の低年式過走行の車は価格が非常に安く購入しやすいため、上のように売れやすい車であるのです。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

実際オークションでも評価の高い高年式の車に比べると成約率が高くなっています。したがって相場が低いため売りやすいので扱っている業者も多いのです。

低年式過走行の車を高く買い取ってもらうためのポイント

もし乗っている低年式過走行の車を高く買い取って貰いたいのであれば、ポイントを抑えることが大切です。そのポイントとは「複数の業者に査定を依頼すること」と「車の中をキレイに掃除しておくこと」の2つです。

こちらをしっかりと理解して、実践すれば高く買い取ってもらえるでしょう。

複数の業者に査定を依頼する

低年式過走行車の査定の際には、1つの業者だけにお願いすることはないようにしてください。なぜなら査定価格というものは業者によって異なるからです。

例えば同じ買取業者であっても、国内の販売のみの業者と海外販路を持っている業者では、売却先の市場が違うため査定額も異なってきます。また業者によってSUVやミニバンを主に扱っているなど、得意な車種が異なることもあります。

そのためなるべく多くの業者に査定を依頼して、一番高い買い取り額を提示してくれる業者を探すことが大切です。そうすれば一番高くあなたの低年式過走行車を買い取ってくれる業者を探せます。

車の中をキレイに掃除しておく

査定においては車の状態も大切なポイントです。そのためより高い査定額をもらいたいのであれば、キレイに掃除しておきましょう。

こちらに関しては、洗車や車内の清掃などしっかりとやっておくことをおすすめします。そうすれば査定士の評価アップが期待できます。

低年式過走行の車をお得に処分するには

低年式過走行の車をお得に処分するには、廃車専門の買取業者に依頼するのがおすすめです。こちらであれば低年式過走行車を多く扱っているので、適切な満足のいく買取ができます。

中にはどの廃車専門の買取業者を利用すればよいのかわからない人もいますので、おすすめの業者を最後に紹介します。

廃車専門の買取業者に依頼する

一般的な買取業者であれば値段がつかないこともあります。しかし廃車専門の買取業者であれば、下取りが付かない低年式過走行の車でも買取が可能です。

そのためどんな状態の低年式過走行車でも買い取ってくれるので、満足のいく買取ができるでしょう。また買取ができればそのお金を元に買い替えもできるので、廃車専門の買取業者に依頼するのがベストです。

カーネクストに買取を依頼する

低年式過走行車の買取を依頼するのであれば、「カーネクスト」はおすすめの業者です。こちらでは不動車や古い車、故障車などのどんな車でも0円以上の買取を保証しています。

そのため買取査定をお願いしたいのであれば、こちらの業者を利用してみてください。きっと満足できる回答が見つかります。

参考:カーネクスト

低年式過走行の車は早めに買取に出そう

低年式過走行の車に乗り続けると自動車税が増税されるなどリスクがあります。また低年式過走行の車海外では需要があるため、買取が可能になっています。

なお低年式過走行の車を高く買い取ってもらいたいのであれば、複数の業者に査定を依頼し、車の中をキレイに掃除しておきましょう。さらに低年式過走行の車をお得に処分するには、廃車専門の買取業者に依頼してください。

できれば低年式過走行の車は早めに買取に出しましょう。そうすれば元手を作った上で買い替えができます。乗り続けるリスクを考えて決断してください。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!