トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

不要な車を手放す際には、解体処分をイメージする人が多いのではないでしょうか。車の解体は、スクラップ屋や解体業者と呼ばれる人たちに依頼します。

しかし、どのような手順で処分するのか、正しく把握できている人は少なくありません。スムーズに車を解体処分するためにも、スクラップ屋に依頼する場合の手順を知っておきましょう。

車を処分する方法

不要な車は廃車処分になりますが、そもそもどのように処分するのか、その方法をご存じでしょうか。廃車とは、名義を抹消する登録のことで、車体自体を手放す方法は実は複数あります。方法ごとに進め方や特徴が違うので、まずはどのようなやり方があるのか、基本的な理解から深めましょう。

スクラップ工場に自ら依頼する

車を解体処分したいなら、スクラップ屋、スクラップ工場、解体業者といった業者に持ち込みます。スクラップ屋への持ち込みの場合は、単に解体処分してもらう場合と、買取対応で引き取ってもらう場合に分けられます。

解体処分の場合は、数万円程度費用がかかりますが、買取では車体重量に応じて、現金がもらえることが特徴です。スクラップ屋の買取は車としてではなく、鉄として買い取っているので、鉄の相場によって金額は変わります。車体が大きいほど金額も高くなりますが、大体10,000~40,000円程度で取引されることが多いでしょう。

ディーラーに引き取りを依頼する

新しい車の購入を考えているなら、ディーラーに引き取ってもらうことも一つの方法です。これは「下取り」と呼ばれる方法で、古い車を売却することで、新しい車の購入代金を割り引きしてもらいます。ディーラーによっては、単に引き取りだけを行うこともありますが、全てではないため、基本的には下取り対応と考えましょう。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

下取りの場合、車の状態に基づいて査定をしますが、査定額は低くなりやすく、ゼロになることも少なくありません。また、数万円程度の手数料を請求され、反対に費用がかさむこともあるので注意しましょう。

廃車買取業者に買取ってもらう

解体予定の車はボロボロのことが多く、なかなか買い手はつきません。しかし、どれだけ状態が悪くても、廃車買取業者なら価値を見出してくれることも多いので、処分方法では特におすすめです。

廃車買取業者も複数ありますが、0円以上で買取保証をしている場合も少なくありません。状態に関係なく、少なからず現金化してくれることが多いので、お得に処分できる可能性が高いでしょう。

車をスクラップ屋に持ち込んだ場合の手続き

廃車処分する際には、スクラップ屋に依頼することが多いのですが、自分で持ち込む場合は、廃車登録の手続きまでやらなければなりません。代行依頼できることもありますが、多くの場合で手数料を請求されるので注意しましょう。またスクラップ屋に持ち込み、自身で廃車する場合でも、一時抹消登録なのか永久抹消登録なのかで、手順は異なります。

一時抹消登録してから手続きをする場合

一時抹消登録をしてから永久抹消登録をする場合、大まかな流れは以下の通りです。

  • スクラップ屋でナンバープレートを外す
  • 必要書類を揃えて管轄の運輸局で一時抹消登録をする
  • 再度スクラップ工場に行く
  • 運輸局に行き永久抹消登録をする

全体の流れを知っておくと、よりスムーズに廃車処分できるでしょう。

スクラップ屋でナンバープレートを外す

一時抹消登録の場合、車の解体は必要ありません。しかし、廃車登録のためにはナンバープレートの取り外しが必要で、これはスクラップ屋に依頼したほうが無難です。ナンバープレートは、プラスとマイナスのドライバーで簡単に外せますが、この作業は解体に該当します。

車の解体は、認可を受けた業者しかできない決まりなので、違法なことをしたくないなら、スクラップ屋に持ち込んで外してもらいましょう。

必要書類を揃えて管轄の運輸局で一時抹消登録をする

一時抹消登録の際には、以下の書類が必要です。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後2枚
  • 手数料納付書
  • 一時抹消登録申請書
  • 自動車税・自動車取得税申告書

ナンバープレートと合わせて、これらも用意しておきましょう。上記の手数料納付書から下の3つの書類は、当日入手できるので、これらは事前準備の必要はありません。

その後、住所を管轄する運輸支局に出向き、窓口で上記の書類を提出しましょう。書類を提出すれば、廃車登録は完了です。登録後は、廃車したことを証明する書類が発行されるので、なくさないよう大切に保管しておかなければなりません。運輸支局は、平日の日中のみ開いているので、時間を見つけて手続きを行いましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

再度スクラップ工場に行く

永久抹消登録をする場合は、スクラップ屋に車を持ち込み、解体してもらいます。解体後は郵送か電話で解体通知が来ます。郵送の場合はその書類を保管し、電話の場合は解体通知の番号を、メモ書きでよいので記録しておきましょう。

また、車を引き渡した際には、先にナンバープレートだけ外して渡されるので、それも廃車手続きまで保管しておかなければなりません。

運輸局に行き永久抹消登録をする

解体後の流れは一時抹消登録と同じで、解体通知を受けたあとに、運輸支局で廃車登録を行います。手続き時には以下の書類が必要で、一時抹消登録とは若干異なるので注意が必要です。

  • 所有者の印鑑証明書
  • 車検証
  • ナンバープレート前後2枚
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録がなされた日」のメモ書き
  • 手数料納付書
  • 永久抹消登録申請書(及び解体届出書)
  • 自動車税・自動車取得税申告書

基本的には、解体にまつわる書類が追加されるだけで、ほかはそれほど変わらないでしょう。上記の手数料納付書以下の3つの書類は窓口入手で、この際に集める書類が少し違うので注意が必要です。

一時抹消登録をせずに永久抹消登録する場合

廃車にする場合、最初から永久抹消登録を行うことも可能です。その場合は、スクラップ屋に車を持ち込み、解体報告を受けたあとに、運輸支局にて手続きを行います。

一時抹消登録をしてから、永久抹消登録をする場合の手順とほぼ同じで、事前に一時抹消登録がない分、最初から永久抹消登録をするほうが、楽に手続きを終えられるでしょう。

自賠責の解約手続きを行う

一時抹消登録をしてから永久抹消登録する場合も、一度で手続きを済ませる場合でも、廃車登録をしたあとですぐに車に乗らないなら、自賠責保険の解約をしなければなりません。自動車税や重量税は、廃車時に還付の手続きがありますが、保険は別途自分で行う必要があります。

手続きをしないと廃車しても還付はされないので、廃車登録後は素早く解約して、受け取れる還付金を減らさないように注意しましょう。

金銭面や時間を考えると業者に依頼することがおすすめ

スクラップ屋に依頼し、自分で廃車手続きをすることも可能ですが、金銭的、時間的なコストは大きいです。これらの負担を考えると、業者に依頼したほうがよいです。

また、金銭的な部分で見ても、個人より業者がやったほうがお得になる場合もあります。通常は、業者に依頼すると手数料がかかりますが、これも方法次第では削減が可能です。

自分で行うのは時間がかかる

自分で行う最大のデメリットは、手続きに時間がかかることです。一時抹消登録でも永久抹消登録でも、スクラップ屋に出向き、その後運輸支局へと足を運ばなければなりません。運輸支局に関しては、平日の日中と開局時間も決まっているので、さらに面倒は多いでしょう。

業者に依頼すれば、引き取りや代行で全てが済み、必要なものを渡すだけであとはやってくれるので、スムーズに処分できます。

買取業者ならカーネクストがおすすめ

よりお得に車を処分するなら、廃車買取業者のカーネクストがおすすめです。カーネクストは、車両の引き取りから廃車手続きの代行まで全てやってくれて、費用は全て無料です。自分でやると、解体費用や手数料がかかるので、これがなくなるだけでもメリットは大きいでしょう。

さらに、買取のサービスも充実していて、車の状態に関係なく0円以上で買取保証をしています。コスト負担なしで確実に資金化できるので、自分でやるより断然楽でお得でしょう。

参考:カーネクスト

車を廃車にすると決めたら冷静な対応を

廃車の方法は複数ありますが、やり方次第でかかる費用や手間は大きく違います。「廃車=スクラップ屋で解体処分」と思わずに、ほかのやり方も考えて、より楽にできる方法を探すことが大切です。

廃車すると決めたら、まずは冷静に方法を考えて、より手間をかけずに簡単でお得にできる方法を選びましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!