車を処分する際には、廃車手続きが必要ですが、廃車手続きをするためには解体が必要なケースもあり、この際はスクラップ場を利用します。

スクラップ場はあまり馴染みがないので、どのように車を引き渡せばよいのか、把握できていない人は少なくありません。スムーズに愛車を処分するためにも、手順や注意点を理解しておきましょう。

車をスクラップ場に送る方法

廃車処分する際に車をスクラップ場に送る場合、方法は大きく3つに分けられます。スクラップ場へは直接持ち込みだけではなく、業者を経由して送る場合があることも理解しておきましょう。どの方法を利用しても構いませんが、それぞれで特徴が異なるので、その違いを知っておくことが大切です。

ディーラーや販売店に依頼する

新車や中古車を販売しているディーラーや販売店では、廃車予定の車を引き取ってくれます。多くの場合で、新しい車の購入を条件とした下取りになり、引き取りのみはやってくれない場合もあるので注意が必要です。下取り対応の場合は、ボロボロの車でも一旦引き取り、業者からスクラップ場に送って処分してくれます。

あまりにボロボロだと査定額が付かないことも多く、処分に関する費用を請求されるケースもあるので覚えておきましょう。

スクラップ場に自分で持ち込む

近くにスクラップ場があるなら、自分で持ち込むことも可能です。鉄の買取をしている業者なら、鉄の相場によって価値を決めて買い取ってくれるため、多少なりとも利益が出ます。解体のみの場合は、反対に費用を請求されるので注意しなければなりません。

また、スクラップ場によっては、車両引き取りのサービスを実施していることもあり、不動車でも引き取りで処分できる場合があります。ただし、これは有料のケースが多く、レッカー代が必要だと10,000円以上のコストがかかるので、この点にも注意しなければなりません。

買取業者に依頼する

中古車の買取専門業者でも、場合によってはスクラップ場に送ってもらえるケースがあります。これは車の状態によって変わり、あまりにボロボロでパーツ単位で見ても活用できない場合のみ、スクラップ対象になると考えましょう。

パーツが使えたり、修理で自走が可能だったりするとスクラップにはせずに、中古品パーツや中古車として転売されます。その時々で対応が違うので、買取業者に持ち込む際は、引き渡した後の車がどのように処分されるのか、聞いておくとよいでしょう。

車をスクラップ場に送る前にやること

自分にとって便利なやり方で、車をスクラップ場に送ればよいのですが、処分する前には事前にすべきことがいくつかあります。スムーズに処分して後悔なく手放すためにも、やるべきことはきちんとやっておきましょう。事前準備を正しく行えるかどうかで、お得に処分できるかどうかが決まります。

査定を依頼する

車の処分を考えた場合、最初にやるべきなのは査定に出すことです。いきなりスクラップ場に送ってしまうと、車の本当の価値が分からないまま処分してしまいます。本当は価値があったはずなのに、それを無駄にしてしまうケースも多いので注意しましょう。

素人目に見て価値がない車でも、プロが細かく査定すると、思わぬ高値が付くこともあります。車はどれだけボロボロだったとしても、一定の価値は残されています。そのため、まずは査定に出して、価値がどれくらいあるのかを把握してから、処分方法を決めましょう。

車内の整理を行う

スクラップでも買取でも、処分する際には事前に車内を整理しておくことが大切です。処分時には、車内に置いてある私物は全て廃棄されるので、必要なものは事前に取り出しておきましょう。

また、査定に出す場合は、少しでも綺麗に整理されているほうが印象がよく、査定額アップにもつながりやすいです。愛車の処分を考えるなら私物の整理を行い、それから査定に出して、今後の処分方法を決めるとよいでしょう。

車をスクラップ場に持ち込む場合の注意点

スクラップ場への持ち込みは業者を経由せずに、個人でも行えます。持ち込みの場合は、余計なコストがかからないのでお得に処分しやすいですが、反面注意点もあります。持ち込みだからこその注意点を把握し、正しい方法で、スムーズに処分の手続きを進めることが大切です。

個人からの依頼を受け付けてくれない場合がある

持ち込み可能なスクラップ場がある一方で、業者によっては、個人での持ち込みを受け付けていない場合もあります。完全法人のみのスクラップ場もあるので、持ち込みを検討しているなら、事前に確認しておきましょう。

持ち込みできる範囲内に、個人に対応してくれるスクラップ場がないなら、業者に依頼して引き取ってもらうしかありません。業者経由なら当然処分はできるので、周囲の状況によって、処分方法が変わる可能性があることは覚えておきましょう。

ナンバープレートは自分で外さない

廃車手続きの際には、ナンバープレートも返納しなければなりませんが、これを個人で外すことは違法なので注意が必要です。そもそも業者に持ち込む場合は、ナンバープレートを外していると公道を走行できないので、スクラップ場に到着してから取り外しすることになります。

ナンバープレートの取り外しは解体に該当するので、認可を受けた業者しか行えません。業者によっては、無料でやってくれることもあるので、作業は必ずプロに任せましょう。

車をお得に処分できる業者は

廃車予定の車は、「スクラップ場に持ち込んで解体して処分する」とイメージする人も多いのですが、処分方法はそれだけではありません。ほかの方法でも車は処分でき、やり方次第ではさらにお得に手放せます。少しでもお得に処分するためにも、利用する業者を工夫して、賢く手放しましょう。

廃車買取専門の業者

買取業者の中でも、廃車買取専門の業者なら、状態の悪い車でも好条件で買い取ってくれます。これはパーツや素材単位で見て価値を見出せることや、海外に広く販路を持っている場合が多いことが理由です。

ボロボロの車を活用し、価値を付けるノウハウを持っているものが多いので、ほかの業者で値が付かなかった車でも、思わぬ高値が付くこともあるでしょう。

買取保証が魅力のカーネクスト

廃車買取専門業者の中でも、買取保証をしているカーネクストは特におすすめです。カーネクストでは、古い車や過走行車、故障車まで状態に関係なく、0円以上で買い取っています。

加えて、車両の引き取りや廃車手続きの代行といった、通常なら費用がかかる手続きも、全て無料でやってもらえます。コストをかけずに処分でき、かつ確実に資金化できるので、お得に処分しやすい業者でしょう。

参考:カーネクスト

スクラップ予定の車をお得に処分しよう

ボロボロで、スクラップにするしか道がないように思える車でも、査定に出すと意外な値段が付くこともあります。たとえ走れなくなっても車の価値は0にはならず、何らかの価値は残っています。

スクラップではお金にならないことも多いですが、買取なら確実に資金化しやすいので、処分方法は工夫して、少しでもお得に手放すことを意識しましょう。