トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

古くなった車やボロボロの車は、廃車処分を考える人が多いでしょう。廃車にする場合、価値がないと判断して解体を選ぶ人もいますが、これは間違いです。

廃車予定の車でも価値はあり、少なくとも3万以上になるケースは少なくありません。処分するなら買取を選んで、廃車予定の車も賢く資金化しましょう。それでは、その方法を詳しく解説します。

廃車を3万円で買取ができる可能性がある業者とは

そもそもどのような業者が車の買取をしているのか、知らない人もいるでしょう。車の買取を行う業者は数多くありますが、廃車予定の車を買い取ってくれるかどうかという点を重視し、依頼先を選ばなければなりません。数ある業者の中でも、3万円以上で売れる可能性のある業者は、大きく3種類に分けられます。

新車を購入する予定のディーラー

手持ちの車を手放すだけでなく、買い替えを希望する場合は、ディーラーに下取りに出すことも一つの方法です。ディーラーは、新車購入希望者を増やそうと考えて廃車予定の車も引き取り、3万円以上の価値をつける場合があります。

ただし、実際に現金でもらえるわけではなく、新車の購入代金の割引に適用される点は覚えておきましょう。また、ディーラーは査定が厳しく、車の状態次第では値が付かない、あるいは反対に処分の費用を請求されることもあります。そのため、必ずしも3万円以上の値が付くとは限らないので、注意が必要です。

車の買取を専門としている業者

中古車の買取を専門とする業者なら、廃車予定の車にも対応してくれる場合が多いです。業者によって査定額は違いますが、古い車やボロボロの車でも、3万円以上になる可能性は十分にあります。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

買取の場合は、下取りよりも高い査定額を期待しやすいですが、業者ごとの差が大きいので注意しなければなりません。どの業者を選ぶかで、買取の条件が大幅に変わることは覚えておきましょう。

車に鉄の価値を付ける解体業者

買取も行っている解体業者なら、廃車予定の車も「鉄」として買い取ってくれます。ポイントは車としてではなく、鉄として買い取っている点で、車の状態に関係なく査定額は一律です。

そのため、新車同然の車や廃車寸前の車も同額で扱われ、状態がよいものだと損をしやすいので注意しましょう。いくらになるかは、車から取れる鉄の量やそのときの鉄の相場によりますが、大きい車だと4~5万円程度になる場合も多いです。

廃車でも3万円以上の値段が付けられる理由

廃車にするといっても、車ごとに状態は違いますが、大抵の場合でボロボロになっていることが多いでしょう。比較的新しく、綺麗な車ならまだしも、なぜボロボロの車でも値段を付けて買い取ってもらえるのか、疑問に思う人は少なくありません。廃車に価値が付く理由は、大きく2つに分けられます。

パーツに価値があるため

廃車予定の車は、全体ではなく、パーツ単位で見て価値を判断されることが多いです。自走できない車でも、分解すればまだ使えるものが残っていることは多く、この価値から値段を付けて買い取ってもらえると考えましょう。

また、各パーツが完全に故障していても、鉄や樹脂のようにリサイクル資源としての価値は残ります。車としての機能の有無に関係なく、細部まで分解すると価値は絶対にあるので、どれだけボロボロでも全く値段が付かないということはありません。

発展途上国に輸出できるため

国内で廃車買取をした場合、不具合が軽度なら修理して海外に輸出し、販売することも多いです。日本車は海外需要が高く、海外では走りさえすれば、車の状態はそれほど気にされません。

輸出して販売する場合は、パーツ以上に高値で売れることも多いので、自走可能や修理すれば走れる車は、ほぼ確実に3万円以上の値を付けてもらえるでしょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

廃車を買取に出す際の注意点

廃車予定の車でも、買取に出して処分すると、多少なりともお金になってお得です。実際に、3万円以上になるかどうかは業者次第、または車の状態次第ですが、金額に関係なく廃車買取を利用する際には、注意しなければならないことがあります。注意点を理解して、正しい方法で業者を利用しましょう。

手数料や諸経費を計算に入れる

廃車買取といっても、全て無料で行ってくれるとは限らず、買取に関するサービスは有料というケースもあります。レッカー引き取りや廃車手続きの代行が、これに該当することが多いので、買取金額を提示してもらう際には、一緒に諸経費も教えてもらいましょう。

高値の買取金額を提示されて契約したものの、あとから諸経費を差し引かれ、手元に残る金額は微々たるものになるというケースは少なくありません。最初から諸経費全てを引いた金額を提示してもらい、何にいくらかかっているのか、内訳も詳細まで確認しておくことが大切です。

手続き代を請求する業者は選ばない

廃車買取で損をしたくないなら、そもそも手続きに関する費用を請求する業者は、選ばないことが大切です。同じ買取業者でも、それぞれでサービス内容は異なり、手続きを有料にする場合もあれば、完全無料の場合もあります。

当然、無料でやってもらえるほうが余計なコストはかかりませんし、費用が削減できる分、実質の買取金額も上がるでしょう。業者の選択肢は多いので、念入りに探して、少しでも充実したサービスが受けられるところを選ぶことが大切です。

廃車を高く売るためのコツ

どのような車にも価値は残っているので、売却方法を工夫すれば、少なからず値は付けてもらえます。しかし、これは売り方次第で、売却方法を間違えると、せっかく価値のある車でも買取金額が下がったり、場合によっては0になったりすることも。廃車予定の車を少しでも高く売るために、金額アップのコツを知っておきましょう。

査定士に交渉する

買取査定の金額は、多少融通が利くことも多いので、査定士に交渉することも大切です。愛車の魅力を伝えたり、他社が提示した査定額を伝えたりすると、金額アップが狙える可能性はあるでしょう。ただし、交渉する際には、明確な希望金額は口にしないことをおすすめします。

希望金額を提示してしまうと、実際の価値がそれ以上だったとしても、そこで手を打たれ、売り損になる可能性があります。金額を言わなくても値は釣り上げられるので、交渉の仕方も工夫することが大切です。

カーネクストに買取を依頼する

ボロボロの車を少しでも高く売りたいなら、廃車買取専門業者のカーネクストがおすすめです。カーネクストは、車の状態に関係なく0円以上で買取保証をしているので、確実に資金化できる点が強みです。

また、査定や車両の引き取り、廃車手続きの代行まで、買取りに関する全ての手続きを無料でやってくれます。買取時には還付金の説明もきちんとしてくれるので、安心して任せられ、スムーズかつお得に愛車を処分できるでしょう。

参考:カーネクスト

廃車をなるべく高く売って次の車の元手にしよう

買い替えを検討するなら、廃車にする車を少しでも高く売り、買い替え資金を充実させることが大切です。廃車予定の車でも、方法次第では高値で売却が可能で、3万円以上の査定額を狙うことも夢ではありません。

価値がないと諦めずに、細部にまで価値を見出してくれる業者を選んで、廃車予定の車をお得に買い取ってもらいましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!