トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

不動車は、エンジンがかからなくなった、アクセルやブレーキが効かなくなった、車検切れで公道を走れなくなったなどの理由で「走行不能になった車」を指します。そんな車を処分する場合、無料で引き取ってもらえるのか疑問に思うのではないでしょうか。

不動車には、実はさまざまな価値が眠っています。そこで、無料引き取りが可能な理由や、不動車をそのまま放置しておくことのデメリット、さらには無料で引き取ってもらう方法について、確認していきましょう。

 

不動車を無料で引き取ってもらえる理由

最近では、廃車買取業者が不動車を無料で引き取ってくれることが多くなっています。走行不能な車であれば、有料で処分してもらうことになっても不思議ではありません。なぜ不動車を無料引き取りしてもらえるのか、その理由に迫ってみましょう。

部品としての価値がある

廃車買取業者は車を再販するのではなく、車の中古部品やパーツの販売目的で、買取を行っています。解体してばらばらになった部品も、価値がなくなったわけではありません。

タイヤやホイール、バンパー、ガラス、バッテリーなど、使える部品にはしっかりと値段がつき、中古商品として再利用されていきます。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

鉄スクラップとしての価値がある

自動車のボディなどの金属部分は、鉄やアルミなどに分別されて、リサイクルされることがほとんどです。また、自動車は基本的に鉄でできているため、どのような状態だったとしても、最終的には鉄スクラップとしての値段がつきます

この鉄スクラップは、別の鉄製品に再利用されるため、資源の少ない国にとっては貴重な資源といえるでしょう。なお、価格は鉄の重量に比例するので、重量の重い車両のほうが、高値になると覚えておいてください。

不動車でも自動車としての価値がある

不動車といっても、状態によっては自動車として再利用が可能な場合もあります。例えば、年式の古いものでも、バッテリーが上がっているだけといった、比較的程度のよい不動車があることも否めません。

もし、修理によって走行が可能になるのであれば、新しい車種や海外で人気のある輸出可能車種の場合は、価値は復活する可能性が高いです。また、排ガス規制前のスポーツカーのような、いまだにコアなファンがいる特別な車種であれば、不動車だとしても高値が付く場合もあるでしょう。

不動車の引き取りをしたほうがよい理由

不動車の引き取ってもらわずにそのままにしておくことは、さまざまな弊害を生んでしまいます。金銭の支払いだけでなく、最悪の場合、法的措置や犯罪に巻き込まれるケースも否定できません。ここでは、不動車の引き取りをしたほうがよい理由を確認しておきましょう。

駐車場代がかかる

不動車だったとしても、処分をしなければ駐車場代が必要です。仮に駐車場代を支払いたくないあまりに、別の場所に放置した場合、不法投棄とみなされて「5年以下の懲役もしくは1,000万円以下の罰金」が適用される可能性も否めません

なお、不法投棄は民放709条の「不法行為」に該当するため、決して行わないでください。不動車による駐車場代の負担をなくしたいのであれば、やはり早めの引き取りを検討したほうがよいでしょう。

自動車税がかかる

自動車の名義が自分自身で、登録が残っている状態であれば、自動車税の支払い義務は避けられません。一般的な乗用車の自動車税は、安くても総排気量1L以下で29,500円、高ければ総排気量6L超で11万1,000円です。これらは毎年請求がくるため、どうしても大きな負担になってしまいます。

車上荒らし等の犯罪に巻き込まれる可能性がある

不動車は、車上荒らしや車両放火など、犯罪の対象になりやすい傾向があります。特に、長く放置しているほど狙われやすいと考えてください。また、車上荒らしは古い車だからといって狙われないわけではなく、年式や車種にかかわらず被害は出ているようです。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

なかにはパーツを盗んだり、犯罪に利用したりする目的で、車両ごと盗まれるケースもあります。自分の車が犯罪に巻き込まれたり、利用されることのないように、早めの処分をぜひ心掛けてください。

不動車を無料で引き取ってもらう方法

不動車を引き取ってもらう場合、廃車専門業者、中古車業者、ディーラーのいずれかを利用することになります。損をしないためにも、これらを利用するにあたって、事前に注意点を確認しておきましょう。

廃車専門業者に引き取ってもらう

不動車の無料引き取りを検討する場合、登録抹消の手続きをしなくてはなりません。廃車専門業者にお願いすれば、登録抹消の手続きから引き取りまでを、無償で行ってもらえます。また、専門業者に依頼することで、不動車にも買取価格が付く可能性もあるため、最もおすすめな引き取り方法になります。

廃車買取はカーネクストがおすすめ

カーネクストは、不動車や廃車予定の古い車、故障車など、車の状態を問わず0円以上の買取保証をしています。さらに、廃車買取は部品単位での買取となり、高額査定が期待できるでしょう。海外輸出販売の直売ルートを持っている強みもあり、査定やレッカー代、書類代行などの廃車費用も全て無料になっています。

参考:カーネクスト

中古車業者に廃車前提で引き取ってもらう

廃車専門業者以外にも、中古車業者に廃車手続きを代行してもらう方法があります。中古車業者に引き取ってもらう場合、一般的には車の買い替えのための下取りがほとんどですが、廃車前提の場合はあくまでも買取になります。なお、査定額はゼロになることも念頭に置いておきましょう。

ただし、手続きはスムーズに終わることが期待でき、自動車税の還付も受けられます。しかし、還付金額によっては費用を相殺できず、自己負担が発生する可能性もあるので注意してください

新車購入と引き換えに引き取ってもらう

ディーラーを利用するのであれば、新車購入と引き換えに、不動車を引き取ってもらうことも可能です。ただしあくまでも下取りという扱いなので、不動車の引き取りのみはできない可能性もあると考えてください。

また、引取りは無料でも、廃車にかかる費用を請求されることがあるので気を付けましょう

不動車を自分で処理する方法

不動車を自分で処分するためには、まずは解体業者に引き渡す必要があります。その際には解体費用以外に、輸送のためのレッカー代が10,000円程度かかるので注意してください。ただし、業者によってはレッカー代が無料のところもあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

解体完了後、業者から「解体報告記録日」の報告と「使用済自動車引取証明書」の発行が行われるので、必要書類を持って廃車登録の手続きを行います。この手続きは、普通自動車なら運輸支局、軽自動車なら軽自動車検査協会で行います。また、廃車手続きの種類は、解体を行う永久抹消登録が一般的だと覚えておきましょう。

不動車の引き取りは廃車買取業者が一番お得

不動車といってもさまざまな価値があり、今では無料で引き取ってもらえることは珍しくありません。そのままの状態で放っておくことは、維持費用が掛かる以外に、犯罪に巻き込まれたりするリスクもあります。そのため、可能な限り早めの引き取りをぜひ検討してみください。

そして、引き取りは廃車買取業者を利用することがおすすめです。中古車業者やディーラーでは、高値の買取はそもそも期待できません。部品販売ができる廃車買取業者の利用こそ、不動車には最適な選択といえるでしょう

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!