トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

低年式過走行車といえば、古い車で長い距離を走っている印象があり、とても買い取ってもらえるようなものでないと考える人もいるでしょう。もちろん、これはディーラーでは当てはまりますが、買取業者では状況が違います。

買取業者は、車としてではなくパーツや資源として売って利益をあげているため、低年式過走行車でも需要があります。今回は、これらについて詳しく解説し、どうすれば高く買い取ってくれるのか、そのコツも紹介します。低年式過走行車を査定に出してみましょう。

自分の車の年式や走行距離を把握しておこう

自分が乗っている車が低年式過走行車であるのか判断するためには、年式や走行距離を把握しておく必要があります。なぜなら、低年式過走行車とは一定以上の年数の経過や走行距離を走った際に、いわれるものだからです。ここでは、詳しい低年式過走行車の条件について解説します。

低年式車とは

低年式車には厳密には定義はありません。もちろん、20年以上前の車など明らかに古い車では低年式車であるといってよいです。

では、具体的な線引きがいつであるのかといえば、初年度登録から5年目あたりが境目になります。つまり、ちょうど2回目の車検を迎えると、低年式車といわれるようになります。ただし、これに関しては車種の人気なども関係してくるため、業者に確認してみるとよいでしょう。

過走行車とは

過走行車とは、所有年数と走行距離から判断が可能です。一般的には平均的な年間走行距離はおおよそ8,000~10,000kmといわれています。そのため、これを基準として考えるとよいでしょう。

例えば6年ほど乗っていても、走行距離は3万kmであれば、平均で年間5,000kmとなるので過走行車ではないといえます。また、2年間しか乗っていなくても走行距離が4万kmであれば、平均で年間2万kmとかなり走っているので過走行車だといえるでしょう。

なお、明らかに過走行車といえる場合もあります。これは、走行距離が10万kmを超えたもので、このような場合では、エンジンなどの部品が寿命を迎えてしまっていることもあるため、買取業者では過走行車と判断します。

低年式過走行でも需要があることを知っておこう

低年式過走行の車では、価値も低く、買い取ってくれるところもないと考える人もいるかもしれませんが、実際には需要はあります。これは、古い車であっても車として以外の価値があったり、日本車は海外での需要が高いからです。

また、査定に影響するのは年式や走行距離だけではありません。ここでは、これらについて解説します。

古い車であっても車として以外の価値があることを解説

基本的に古い車の価値が低いことは事実ですが、一方で車として以外の価値があることもまた事実です。例えば、車を分解してパーツとして販売して利益を得ることや、車に使われている鉄を資源として売却することで利益を得ることができます。

販売方法により需要が生まれるため、低年式過走行でも買取ってくれるのです。

日本車は海外での需要が高い

また、日本車であることも需要を生みます。海外では日本車の人気は高いものです。これは、日本車が壊れにくいということもありますが、海外では走行距離が10万kmを超えていてもあまり気にされないということからです

そのため、海外に販路を持っている業者であれば、低年式過走行の日本車を積極的に買取しています。したがって、そのような買取業者には需要があります。

査定に影響するのは年式や走行距離だけではない

査定に影響するのは年式や走行距離だけではなく、車種が何であるのかやメンテナンスの状態がどのようになっているのかも関係します。例えば、人気の車種であれば低年式過走行であっても高く買い取ってもらえますし、場合によってはプレミアがついていることもあります。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

また、低年式過走行でも定期的にメンテナンスされていれば、それほど傷んでいないと判断されて、買い取ってもらうことができます。

車をできるだけ高く売るためにやるべきこと

車をできるだけ高く売るためには、下取りでなく買取業者を利用してください。また、需要の高い時期に合わせて買取ってもらうこともポイントのひとつです。

また、信頼できる業者がよくわからない人のために、おすすめの買取業者を紹介します。ここでは、これらを解説します。

下取りではなく買取業者を利用しよう

もし、乗っている車が低年式過走行であるのなら、買取業者を利用するほうが高く買い取ってくれます。これは、ディーラーなどの下取りでは買い替えの手続きのひとつに過ぎないため、高く買い取るという概念がないからです。また、低年式過走行の車ではそもそも価値がないとディーラーでは判断されることもあります。

そのため、低年式過走行の車を得意にしている買取業者を利用して、複数の業者に査定を行ってもらうなどしたほうが高く買取してもらえるでしょう。

需要の高い時期に合わせて売る

基本的に中古車は、需要によって価格が変化します。なお、こちらに関しては税金の還付など買い手側の都合によることもありますが、一方で業者の決算の日程にも左右されます。

そのため、高く売りたいのであれば、車の販売台数が増える3月や決算期である9月に合わせるのがよいでしょう。年間の相場価格の中で高値がつくタイミングで売却するようにしましょう。

買取業者でおすすめはカーネクスト

買取業者によってはメインに扱っているものがそれぞれ異なっているので、それが買取価格に反映されます。そのため、1社にだけに査定を依頼せずに、複数の業者に依頼するようにしましょう。そして、その中の業者でもっとも高値でかつ、サービスのよい業者に依頼するのがコツです。

数ある業者の中でおすすめなのは、「カーネクスト」です。カーネクストは、レッカー代が無料となっており、0円以上の買取保証や廃車費用も無料にしている優良業者です。

カーネクストで買取を依頼すればあなたの低年式過走行車も高く買い取ってくれるでしょうから、ぜひ一度査定をお願いしてみてはいかがでしょうか。

参考:カーネクスト

低年式過走行でも売れることを知りまずは査定依頼をしてみよう

低年式や過走行であるのかを判断するためには、自分の車の年式や走行距離を把握しておきましょう。低年式過走行の車でも、パーツとしての価値や、資源としての価値があるため、需要はあります。

また、車を高く売りたいのであれば、下取りではなく買取業者を利用し、需要の高い時期である車の販売台数が増える3月や決算期である9月に合わせて売ることがコツです。

まずは、買取業者に査定依頼をしてみてください。低年式過走行の車を上手に売却しましょう。

0円以上買取保証