トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車は消耗品であり、どれだけ大切に使っていても、最後には必ず寿命が来ます。そのため、車が必要ならどこかのタイミングで買い替えなければなりませんが、そのサイクルを決めかねている人は多いでしょう。

車は多少不具合があっても、乗り続けられることも多く、買い替え時期を決めることは難しいです。どのようなサイクルでの買い替えが適切なのか、上手な決め方を知りましょう。

車の買い替えサイクルの平均7年

一般的な車の買い替えのサイクルは平均すると7年程度です。これは一般社団法人日本自動車工業会の、2017年の調査結果によるもので、新車で7.7年、中古車で5.7年との結果が出ています。使用年数は年々増加傾向にあり、これは車の品質向上が理由でしょう。

昔の車に比べると、現在の車はかなり品質がよくなっており、実際には平均保有年数以上に使い続けることも十分可能です。

新車、中古車全体の平均では約7年ですが、使い方やメンテナンス次第では、10年以上使えることは覚えておきましょう。買い替えサイクルの平均はあくまで目安なので、自分に適したサイクルを見つけることが大切です。

車の買い替えサイクルの決め方

買い替えのサイクルには平均的な数値があるものの、全ての人に適合するわけではありません。そのため、自分なりのサイクルを見つける必要があり、どこの時点を買い替え時期とみなすかを決めることが大切です。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

人によってどのような車に乗っているか、何に使っているか、管理状況はどうかと、異なる点は数多くあります。細かい違いも多いので、買い替えに適したサイクルも、一人ひとり違います。自分なりのサイクルはどのように決めるべきか、ポイントを絞って考えていきましょう。

修理費を節約するなら走行距離10万km

走行距離を目安にするなら、10万kmが1つのサイクルと考えるのがおすすめです。走行距離10万km程度で買い替えると、修理費が節約できて、経済的にお得になることが多いでしょう。車は走行距離が長くなるごとに劣化が進み、特にエンジン部分には負担がかかりやすいです。

不具合や故障が起きても、パーツ交換でも対応はできますが、エンジン周りは他の部分よりも修理費が高くつきやすいです。例えば10万km程度で交換が必要になるタイミングベルトの場合、安くても10万円程度かかります。

走行距離が伸びるとメーカーの保証範囲から外れることも多いですし、修理費アップのリスクを抱えた時点を買い替え時とみなすことはおすすめです。

新車に乗り続けたいなら5年ローンの完済後

中古車ではなく、買い替えのサイクルで常に新車に乗りたいなら、5年ローンを組むのがおすすめです。5年ローンを完済するタイミングで買い替えと考えていると、管理もしやすいでしょう。5年ローンがおすすめなのは、経済的な負担が小さいこと、車検前のタイミングで手放せることが挙げられます。

ローン契約では、他にも3年や10年といった長いものから、短いものまでありますが、もっともバランスが取りやすいのは5年ローンです。3年ローンで新車を買うと、月々の支払いが多く負担が重くなりますし、5年以上だと金利が高く付いて、結果的に支払額が増大します。

また、車検更新前のタイミングで手放せるのは大きなメリットです。車検更新には数万円から数十万円かかることも多いので、更新前に売ることで費用の節約にもなり、よりお得に買い替えられるでしょう。

買取値段を意識してフルモデルチェンジの前後

買い替え時には古い車は解体処分せず、買取や下取りに出して、少しでも新しい車の購入費用に充あてたいと考える人も多いでしょう。買取の値段を考慮するなら、現行最新モデルの、フルモデルチェンジ前後に売ることがおすすめです。

少しでも高く売るならモデルチェンジ前ですが、それを逃した場合は少し期間を開けて売却と考えましょう。最新モデルが発売されると、型落ちのモデルは一気に売りに出されて、市場価値が大幅に下落します。中古車買取では人気が買取額に大きく影響するので、現行の最新モデルであるうちに売るのが大切です。

また、モデルチェンジして市場が在庫過多になっても、1年程度経過すると、在庫の数も減って価格は少しずつ戻り始めます。

最新モデルの時ほど高値で売れるわけではありませんが、それでもモデルチェンジ直後よりは好条件で売りやすいでしょう。モデルチェンジのスパンは車種やメーカーによって違いますが、5~10年を目安に考えるのがおすすめです。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

税金が上がる13年を基準に買い替え

買い替えのサイクルは長めに取ることもでき、少しでも長く乗りたいなら、税金が上がる前に設定しましょう。維持費に含まれる税金は、年1回課税される自動車税と、車検時に2年分まとめて支払う重量税がありますが、これらは新車登録から13年のタイミングで増額します。

自動車税は15~20%、重量税は20~39%も負担額が違うので、コストアップを避けるなら、増税前に買い替えるのが得策でしょう。

仮に13年経過して乗り続ける場合でも、18年を超えると重量税はさらに増額されるので注意しなければなりません。また、ディーゼル車の場合は、11年で自動車税が増額されるので、これにも注意しましょう。

ライフイベントで乗りやすい車に買い替え

車は実用性があってこそのものなので、ライフイベントに合わせて買い替えるのもおすすめです。例えば一人世帯ならコンパクトな車、夫婦なら少し大きめ、子供ができたらさらに大きめのファミリーカーと、求める機能は違ってくるでしょう。

また、居住する地域も重要で、交通の便が悪い地域なら車は必須ですが、都会で公共交通機関のアクセスがよいと、車が不要になることもあります。車の必要性自体も、ライフイベントごとに変わるので、環境の変化をひとつのサイクルと考えるのもおすすめです。

お得に車の買い替えをするなら廃車買取

車の買い替えを検討するなら、サイクルだけではなく、古い車をどのように手放すかも考えなければなりません。

車の処分方法は非常に重要で、いかにお得に手放せるかによって、買い替え全体のコストは大きく違ってきます。買い替え時には買取によって手放すのがおすすめですが、中でも廃車買取の利用がおすすめです。

ディーラーより高額の買取が期待できる

古い車の処分で廃車買取がおすすめなのは、ディーラーに下取りに出すよりも、高額査定が期待しやすいからです。買い替えの際には下取りに出すと、古い車の処分から新しい車の購入契約までまとめてできて便利ですが、反面査定額は低くなりやすいです。

ディーラーはそもそも新車の販売がメインの仕事であり、中古車の買取にはそれほど力を入れていません。そのため、不具合があったり、状態が悪く、古い車だったりすると、全く値が付かないこともあるでしょう。

廃車買取の場合は、状態に関係なく、細部をチェックして価値を見出すため、値が付かないということは基本的にはありません。それどころか、ボロボロで一見すると価値がないような車でも、思わぬ査定額が付き、お得に買い取ってもらえる場合もあります。

新車同然の綺麗な状態なら下取りでも良いでしょうが、状態に自信がないなら、廃車買取に出すのがおすすめです。

廃車買取ならカーネクストがおすすめ

カーネクストは状態に関係なく、0円以上での買取保証を実施しています。これはボロボロの車でも、パーツ単位で見て価値を見出せるからであり、リサイクル素材としての買取も可能だからです。

値が付くのはもちろん、処分のサービスも充実していて、車両の引き取りから廃車手続きの代行まで、全て無料です。費用をかけずに、買い取ってもらえるので、古い車も資金化しやすく、買い替え時にも役立つでしょう。

参考:カーネクスト

目的でお得な車の買い替えサイクルを決めよう

車の買い替えのサイクルは、目的別に決めることが大切です。新しい車に乗り続けたいのか、買取金額を重視したいのか、それとも少しでも長く乗りたいのかで、適切なサイクルは違います。

人によってサイクルは違うものなので、何を重要視したいのかを考え、自分に合ったサイクルを見つけて、賢くお得に愛車を買い替えましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!