トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

走行距離は車の状態を表す指標のひとつで、買い替えの目安にもなりやすいです。基本的には走行距離が長くなると、買い替えを考え始めますが、どの時点で買い替えるべきか悩む人は多いでしょう。走行距離は買い替えにどのように影響するのか、市場価値の変動も踏まえて知ることが大切です。

車の年間の平均走行距離と市場価格の関係

年間の平均走行距離は、年々減少傾向にあり、最近では3,000~5,000km程度と言われています。総走行距離はもちろん、年間の走行距離も市場価格には影響し、距離が長いほど価値の下落幅は大きいです。しかし、年間走行距離の目安となるのは、大体1万kmで、それ以下なら大きく価値が下がることはないでしょう。

年間平均が1万kmを超えるようなら、過走行車と評価されて、市場価格は一気に下がるので注意が必要です。基本的には総走行距離で判断されるので、使用年数に1万をかけて、それ以上か以下かで、価格変動の具合をチェックするとよいでしょう。

車の買い替えを考える走行距離は

走行距離は車の状態を測る大切な指標であり、買い替え時には特に参考にするのがおすすめです。しかし、具体的にどの程度走れば買い替えるべきか分からず、悩む人は多いでしょう。走行距離が長くなったからといって、すぐに故障するわけではないので、手放す際には踏ん切りがつかないこともあります。

しかし、長く使い続ければ必ずしもお得とは限らないので、ある程度の時点で見切りをつけて、買い替えを考えることが大切です。

リセールを狙うなら5万km以下

買い替え時にリセールバリューを期待したいなら、5万km以下を目安にしましょう。走行距離は5万km、10万kmと5万km単位で判断されることが多く、これを上回っているかどうかで、評価は大きく違います。似たような状態でも、4万kmと5万kmでは印象が違い、リセールバリューに影響を及ぼすことも少なくありません。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

高額で売却し、新車の購入費用にあてたいなら、かなり早めに手放さなければならないことは理解しておきましょう。

少しでも高く売りたいなら8万km

価値が下がり切らないうちに売却したいなら、8万km程度を目安にするのもおすすめです。8万kmだと距離が長い印象を与えますが、それでも全く価値が付かないことはほとんどないでしょう。5万kmの次は10万kmが評価を大きく左右するポイントで、売却額を期待するなら、これを迎える前に売るのが鉄則です。

ぎりぎりの9万kmまで行くと、長く走っている印象を与えやすいので、8万kmあたりで売却するのが無難で、多少古くてもある程度好条件で売りやすいでしょう。

乗りつぶしたいなら10万km以上

一般的には走行距離が10万kmで、市場価値はほとんど0になると言われています。しかし、価値がなくなっても走り続けられるものは多く、乗りつぶすことを目的にするなら、当然手放す必要はありません。最近の車は品質がよく、10万km以上走っても問題ないものがほとんどです。

もちろん、10万kmを超えたあたりで部品交換やメンテナンスの必要性は高まりますが、きちんと手を加えていれば20万km、30万kmとさらに長く走り続けます。リセールバリューを度外視しても、長く使い続けることで結局コスパがよくなり、金銭的なメリットになる場合もあるでしょう。

車の買い替えを検討する適切なタイミング

車の買い替えは走行距離だけではなく、他にも複数の要素から考えることが大切です。おすすめなのは、走行距離から車の状態をみながら、時期も見て適切なタイミングで手放すことです。

買い替えを検討したいタイミングで、ある程度走行距離が長くなっているなら、思い切ってそこで手放すのもひとつの手です。買い替えにおすすめのタイミングは、大きく3つに分けられます。

車検を受ける前のタイミング

継続車検なら2年ごとの更新が必要で、このタイミングで一度買い替えを考えてみましょう。車検の更新には費用がかかりやすく、法定費用から整備費用まで含めると、10万円を超すことも少なくありません。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車検の費用は更新ごとに上がるのが普通で、高い費用をかけて車検を更新するなら、買い替えを選択したほうが安くなることも多いです。車検更新後は、すぐに手放すのはもったいないので、そのタイミングを逃すと次の買い替え時は、基本的には2年後になると考えましょう。

税金が高くなる前のタイミング

ディーゼル車は新車登録から11年、ガソリン車は13年で自動車税がアップします。また、13年目以降は重量税も上がるので、増税となる前に買い替えるのもおすすめです。一度上がった税金は以降戻ることはありませんし、維持費は高くなってしまいます。

古い車はただでさえメンテナンスに費用がかかりやすいので、余計な費用負担を抱えないためにも、増税前に手放すことはおすすめです。

メーカーの保証が切れる前のタイミング

車を安全かつお得に使うには、保証が付いていることも大切です。購入時にメーカー保証を付けている場合でも、何年かすると保証は切れるので、このタイミングで買い替えを検討してもよいでしょう。メーカー保証が切れると、故障によるメンテナンス費用増大のリスクが高く、コストアップする可能性が一気に高まります。

加えて、メーカー保証が切れる前後なら、車は新しく、きれいな状態のものが多いので、リセールバリューも期待できます。保証が残っているなら、売却時にはそれもプラスポイントになるので、高値で売りたいなら保証が切れる前に売ることがおすすめです。

車をお得に買い替えるためのポイント

車の買い替えは、いかにお得にできるかが重要です。特に走行距離が長くなった車は、どのような方法で手放すのが適切かを、慎重に考えなければなりません。走行距離が短く、市場価値の高い車なら、工夫なしでもお得に手放せることは多いです。

しかし、走行距離が伸びて市場価値が下がっていると、手放し方次第では損をすることもあるので、お得に買い替えるためのポイントを知ることが大切です。

乗りつぶした車でも買取に出す

走行距離が10万kmを超え、乗りつぶした車でも、買取に出すのが基本です。乗りつぶした車は買い取ってもらえない、価値が付けられないと思う人も多いかもしれませんが、実はそうではありません。過走行車でも動きさえするなら海外での売却が可能で、仮に動かなくてもパーツ単位で見れば価値が残っているものは多いです。

走行距離がどれだけ伸びても、車の価値は0にはならないので、諦めて費用をかけて処分してしまわず、買取に出して少しでも資金化することを考えましょう。

カーネクストに買取を依頼する

過走行車を売却するなら、廃車買取業者のカーネクストがおすすめです。カーネクストは海外にも広く販路を持ち、かつパーツ単位で評価して査定額を付けられます。過走行車から不動車、故障車といった状態の悪い車まで、全て0円以上での買取保証をしているので、少なからず資金化が可能でしょう。

また、車両の引き取りや廃車手続きの代行といった、処分のサービスも全て無料で、費用をかけずに手放せる点も魅力です。

参考:カーネクスト

車の買い替え時期は走行距離を目安に考えよう

車の買い替えを検討するなら、走行距離とタイミングを目安にすることがおすすめです。ある程度距離が伸び、かつ買い替えを検討すべきタイミングを迎えた時点で、使い続けるのと手放すのでは、どちらがお得かを考えます。自分にとってもっともお得になると判断したタイミングを選び、上手に車を買い替えましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!