「予備検査付き」といった文言を、中古車販売店などで見かけたことはないでしょうか。その車は、車検はついているけれども、公道走行不可です。この記事では、予備車検と呼ばれる検査にフォーカスして、紹介していきたいと思います。

具体的には、通常車検とは異なるポイント、準備する書類やかかる費用、必要書類、受ける場所などについて取り上げます。「長い期間自動車に乗っていない」「予備車検可の自動車を購入しようか迷っている」という人は、ぜひ参考にしてください。

予備車検についての基本知識

まずは、予備車検とはどういう制度なのか、基礎情報を紹介します。普通の車検とどのような違いがあり、交付される自動車予備検査証とは何なのかを、解説していきましょう。

予備車検は通常車検と何が違うのか

通常の車検では、2~3年に一度検査を受けて、車検証やステッカーをもらいます。この場合、ナンバーなしの自動車を対象にする「新規車検」と、継続して公道を走らせるための「継続車検」という種類があります。

予備車検は、新規車検と同類の検査でありながらも、車検証などは交付されませんが、自動車予備検査証がもらえます。予備車検されているからといっても、公道走行は不可なので、注意が必要です。また、通常の車検前に行い、円滑に通過するための予備検査もあります。

予備車検後は法定点検が必要

予備車検後は、2年車検がついた状態になります。ただし、通常の車検に含まれている法定点検が、予備車検には含まれていません。業者によっては対応している可能性もありますが、基本的には自分で受けなければなりません。

タイヤ、オイル、ブレーキパッドなどは、チェックしておきましょう。もちろん整備する際にかかる費用は、自己負担になります。

自動車予備検査証の期限は3カ月

予備車検後に交付される自動車予備検査証は、3カ月を有効期限としています。この期限内に、ナンバープレート交付や、各種税金、保険料などの支払いに対応しなければなりません。

3カ月たってしまうと再検査を求められますが、各種費用はトータルで10万円程度かかることを認識しておきましょう。ナンバーなしの自動車は、個人同士の取引で保証を証明するために、予備車検を行っています。

予備車検を受けるための準備

予備車検を受けるためには、準備する書類、受けられる場所、必要になる費用をしっかりと理解しておきましょう。また、車検前に車の状態をチェックしておくことをおすすめします。こうした予備車検を受けるための準備について、詳しく解説します。

準備する書類

ナンバーなしの自動車の予備車検には、さまざまな書類が必要です。「登録識別情報等通知書」もしくは、軽自動車の場合に求められる「自動車検査証返納証明書」を準備してください。さらに、譲渡証明書と認印も用意しましょう。

自動車予備検査証が交付されたあとは、ナンバー発行のために、自動車予備検査証、自賠責保険証書、印鑑証明、車庫証明、実印が必要です。印鑑証明は役場で、車庫証明は警察署で発行可能です。

予備車検を受けられる場所

予備車検を受けられる場所は、自動車検査登録事務所もしくは、軽自動車検査協会が基本です。また、自分で車検を行うユーザー車検の予備検査においては、民間運営の予備検査場でも対応可能です。

しかし予備検査場では、安全性に大きく関わるような項目は対応不可です。検査する内容は、普通の車検と変わりありません。

必要になる費用

予備車検は、持ち込みをすれば費用を抑えられます。代行も可能ですが、できる限り節約したい人は、自身で自動車を持ち込むことをおすすめします。

自分で持ち込めば、自動車審査証紙1,700円、自動車検査登録印紙代400円で済みます。ただし、これらの費用以外にも、税金などの法定費用なども別途必要です。ちなみに持ち込みの場合は、事前予約が必要なので認識しておきましょう。

事前に車の状態をチェックしておく

車検に合格させるために、ウィンカーやワイパーの作動確認、ランプ点灯のチェックなどを事前に済ませておきましょう。

加えて、タイヤの溝やフロントガラスのキズ、ワイパーの欠損、マフラーの穴、クラクションの不備などもチェックポイントです。予備検査に費用はかかるものの、自動車の安全面などを考慮して、必ず受けるようにしましょう。

予備車検を通過できない車の場合

長期間走っていない車は、予備車検を通らない可能性が高いです。すべての自動車がそうだとはいえませんが、安全性に問題があれば車検は通りません。その際は、車検を合格させるためにお金をかけるよりも、売却も同時に意識しておきましょう。

長期間乗っていない車は要注意

長い期間乗っていない自動車は、予備車検に通りづらいです。そのため、廃車買取依頼も検討しましょう。また、ナンバーなしの不要な自動車も同様です。

予備車検を通して売るよりも手っ取り早く、廃車買取業者によっては、廃車に関連する費用がかからない会社もあります。自動車を売却する際は、廃車買取に限らず業者選びが非常に重要です。

0円以上の廃車買取保証のあるカーネクスト

廃車買取でおすすめの業者は、カーネクストです。車検切れしてしまった車や年式が古い自動車、動かせない車、走行距離が多すぎる自動車など、どんな状態であっても、0円以上での買取を保証している業者です。海外に販路を持ち、需要のある場所に自動車を提供できる仕組みがあるからこそ、0円以上なのです。

ディーラーなどでは、廃車関連費用で数万円かかることもありますが、カーネクストではすべて無料です。引取り手数料、レッカー費用、廃車手続き代行費用、解体費用などの支払いはありません。レッカーは日本全国に対応し、希望場所まで引き取りに来てくれて、手間のかかる手続きも代行してくれます。

さらに、自動車税の還付手続き代行も無料サービスなので、還付金が戻ってくることもあるでしょう。まずは、無料査定を依頼してください。車種によっては、高値査定も夢ではありません。急いで手放したい人は、フリーコールに電話しましょう。カーネクストで、損することなく自動車を売却しませんか。

参考:カーネクスト

正しい知識をもって予備車検を賢く活用する

予備車検は、ナンバーのない自動車が受ける種類と、車検を円滑に通すための種類があります。予備車検に合格したあとは、さまざまな手続きや支払いが必要で、ナンバープレートの発行には、有効期限も定められています。各種手続きの際の必要書類はたくさんあるので、事前にチェックしておきましょう。

予備車検を受けられる場所は決められているので、事前に把握しておきましょう。また、予備車検に関するトータルコストは、車種などによって変わるので、自分の自動車がどれぐらい費用がかかるのか確認しておいてください。

もしも長期間乗っていなかった場合は、安全面などにおいて車検に通りにくいので、状況次第では廃車買取を依頼することも一つでしょう。