廃車とは、車の本来の用途における使用をやめ車籍を抹消することです。廃車に至るにはさまざまな理由があり、その中でも所有者の死亡によるものは、大変複雑になります。そのうえ、手続きの流れや必要書類などは、普通自動車か軽自動車かによって異なりますので注意が必要です。

急な家族の不幸は、いつやってくるか分かりません。その時になって動揺しないためにも、所有者が死亡した際の廃車についてしっかりと把握しておきましょう。

自動車は資産とされ遺産相続の対象

車の所有者が亡くなった場合でも、車を廃車にすることは可能です。その際、普通自動車は資産として扱われるので、遺産相続の対象となります。なお、普通自動車を相続した場合は、15日以内に名義変更をおこなう必要があるため注意してください。ちなみに軽自動車は、相続の手続きが不要です。 

所有者が亡くなった場合の廃車方法

車の所有者が亡くなった際の廃車方法は、普通自動車と軽自動車とでは異なります。それぞれにおける流れや必要書類を把握し、間違えないようにしましょう。

普通自動車の場合

普通自動車の所有者が亡くなった時には、所有者を相続する人に変更してから廃車の手続きに入ります。なお相続人には、単独相続人と複数人存在する場合があります。

廃車にするまでの流れ

廃車にするまでに、遺産相続の手続きが必要になります。流れは、以下の通りです。

  • 遺産相続手続き
  • 車の所有者の名義変更を陸運支局でおこなう   
  • 通常の廃車手続きに続く    

このように普通自動車の場合は、車の所有者の名義を変更する前に遺産相続の手続きを行ってからしか、通常の廃車はできません。このことが、所有者が亡くなった場合の廃車時においての一番重要なポイントです。

必要書類

それでは、手続きの流れに沿っての必要書類を具体的にあげていきます。なお、車の価格が100万円以下の場合は手続きが簡素化できるので、覚えておきましょう。

【所有者が亡くなった際に必要な書類】

  • 遺産分割協議書(相続権がある人全員の実印・署名が必要)
  • 戸籍謄本(死亡した所有者との関係を証明するため)
  • 除籍謄本(所有者が死亡したことを証明するため)
  • 実印
  • 印鑑証明書

なお、相続人が複数の場合は、相続人全員の印鑑証明書(遺産分割証明書に押された実印のもの)と、相続人全員の実印が必要になります。なお、名義変更時に来れない場合は委任状が必要です。

【車の価額が100万円以下の場合】

  • 遺産分割協議書の代わりに、より簡素化した遺産分割協議成立申立書を使用できる
  • 代表相続人の記入と実印の押印だけでOK
  • 100万円以下であると証明できる資料を持参

この際の資料とは、買取業者の査定書や雑誌、ネットにおいて同じ内容の車両販売価格などが該当します。

【その後の廃車に必要な書類】

  • ナンバープレート
  • 車検証
  • 印鑑証明書
  • 実印
  • 自動車リサイクル券
  • 移動報告番号と解体報告記録日のメモ書き
  • 申請書
  • 解体証明書
  • 自動車税、重量税申告書
  • 住民表(車検証にある住所と現住所が異なる場合)
  • 戸籍の附表(車検証の住所から2回以上引っ越しをしている場合)

以上、必要な書類が非常に多く、手続きは複雑になります。場合によっては、行政書士などの代行業者に依頼してもよいでしょう。

軽自動車の場合

遺産相続がないため、普通自動車と比べると名義変更の手続きは簡単です。

廃車にするまでの流れ

普通自動車が陸運支局での手続きであるのに対し、軽自動車の場合は以下の要項を、軽自動車検査協会でおこないます。

  • 車の所有者の名義変更を軽自動車検査協会で行う
  • 通常の軽自動車の廃車手続きに続く 

必要書類

名義変更と廃車の際に必要な書類などをまとめたので、ぜひ参考にしてください。これらを揃えるだけで、簡単に手続きが済みます。 

【名義変更に必要な書類】

  • 自動車検査証
  • 住民票
  • 自動車検査証記入申請書
  • 軽自動車税申告書(軽自動車検査協会の窓口で入手可能)
  • 自動車取得税申告書(軽自動車検査協会の窓口で入手可能)
  • 使用者の印鑑
  • 所有者の印鑑
  • 旧所有者の印鑑

 なお、住民票は発行されてから3か月以内のものに限ります。

【その後の廃車に必要な書類】

  • 使用者の印鑑
  • 自動車検査証
  • ナンバープレート
  • 使用済自動車証明書 など

以上の手続きとその際に必要な書類は、通常の廃車時と同様です。必要なものを揃えて、亡くなった方の代わりに手続きをおこなってください。 

所有者がディーラーまたはローン会社の場合

車のローンがまだ残っているときは、車の所有者がディーラーもしくはローン会社になっており、残高は相続人に引き継がれることになります。その際、一括でローン残高を支払わなくてはならない場合もあるので注意しましょう。

なお、ローンを引き継ぎたくない人は、自動車買取業者などに見積もりをしてもらいローン会社へ支払ってもらうという手段があります。しかしその後もローンが残った場合は、相続人が支払う義務を負わなければなりません。

またローンが完済している場合でも、ディーラーやローン会社が所有者になっていることがあります。そのようなときは、ディーラーやローン会社に車の持主が亡くなったことを伝え、所有権を解除してもらってください。何よりもまずは車検証を確認し、所有者が誰になっているかを確認してください。

廃車にするなら廃車買取業者に任せるのがおすすめ

大変な廃車手続きを、自分でするのではなく廃車買取業者に任せる方法があります。お得に廃車できる可能性があるので、一度業者を調べてみることをおすすめします。

廃車の面倒な手続きを行ってくれる

車の廃車手続きはさまざまな書類が必要になるので、非常に面倒だといえます。しかも、陸運支局や軽自動車検査協会は土日が休みで、平日の昼間しか稼働していないです。土日のみが休みの人は、平日にわざわざ休みを取って出向かなければなりません。

そのため、自分でするのが大変だと思われる場合は、廃車買取業者に依頼することをおすすめします。廃車買取業者は、書類の調達や記入、提出などを代行でおこなってくれます。さらに、買い取ってもらえる可能性があり、お得に廃車ができます。

廃車買取ならカーネクスト

少しでも高く買い取ってもらいたい人におすすめなのが、買取サービスのカーネクストです。カーネクストなら、車の情報と自分の住所を入力するだけで、無料で簡単に査定額をチェックできます。故障・水没・不動・廃車同然の車など、どんな状態の車でも0円以上の買取を保証しています。

全国対応のレッカー引き取り・解体費・手続き代行費などが完全無料で、追加費も一切かかりません。またカーネクストは、世界中に独自の販売ルートを持っており、幅広い車種の買取もしているため、車種によっては高額で取引することも可能です。プロの専門オペレーターが、特殊案件にも対応してくれるので、ぜひお気軽に相談してみてください。

参考:カーネクスト

廃車手続きをスムーズに行うために早めに必要書類を集めよう

車の所有者が亡くなったときの廃車方法は、大変手間がかかり特殊なものです。亡くなった方の車を廃車にしようと考えている人は、この記事を参考にして早めに必要書類を集めましょう。そうすれば、手続きをスムーズにおこなえるはずです。