トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

長く乗り続けた古い車でも、お気に入りの愛車だと、なかなか買い替えたくないという人もいることでしょう。車には寿命があるといわれていますが、愛車の状態をしっかりと把握し、工夫をすることで乗り続けることができます。今回は、車の寿命とはなにか、また工夫するとは具体的にどのような方法があるのか、そのために必要な知識を身につけましょう。

古い車の定義

「古い車」だと判断される基準はなにか、それを知っておくことで買い替えのタイミングを見計らう際などに役立ちます。

一般的には10年が境

中古車の価値を見るときには、まず年式をチェックします。一般的には10年を経過している車は「古い車」だという認識になり、中古車としての価値はほとんどありません。

新車から年数が経つごとに、価値はどんどん落ちる一方です。10年落ちとなると、車のさまざまな機能が劣化し、故障のリスクも高くなります。最近では10年経ってもほとんど性能が落ちない車もありますが、古い車の定義としては、新車から10年が堺になることを覚えておきましょう。

寿命とされる走行距離と年式

一般的に車の寿命とされる走行距離は10万~15万kmだとされています。これくらいの走行距離になるとエンジンに使われている部品の寿命を迎えるからです。

しかしこの数字は定期的なメンテナンスを行っていない場合で、エンジンを含めて各部分のメンテナンスをしっかり行っていた場合は、20万km以上走行可能になる車もあります。

また、年式としては新車登録から廃車までの期間として考えると13年程度が目安です。しかし、年式に関しても、修理やメンテナンスをしっかり行えば、実際は半永久的に乗り続けることができます。つまり、車の寿命は乗る人の判断で決まるということです。

古い車に長く乗り続けるためにすべきこと

気をつけるポイントをおさえておくだけで、古い車でも長く乗り続けることが可能です。洗車、部品交換、メンテナンスに加え、運転の仕方にも気をつけるポイントがあります。

こまめに洗車する

塗装を傷めずにきれいに乗り続けるためには、洗車が必須です。カーシャンプーで汚れを落としたら、ワックスやコーティング剤を使用することで、塗装を保護できて、汚れや傷がつきにくくなります。

ワックスやコーティング剤は特に重要です。洗車機に入れた後でも、スプレーして拭き上げるだけでいいので、誰でも簡単にできます。そのちょっとしたひと手間がポイントです。車を長く乗り続けるためには、ただ洗車するだけではなくワックスやコーティング剤も使用しましょう。

消耗部品は定期的に交換する

使ううちに劣化する消耗部品は、定期的に交換する必要があります。車にあまり乗らなかったとしても、経年により劣化は起こるので、交換したほうがいいです。主に交換する必要がある部品と、交換頻度の目安は以下の通りになります。

消耗部品交換頻度の目安
エンジンオイル半年ごと
タイミングベルト10万kmごと
スパークプラグ20,000kmごと
ラジエーターホース10万kmごと
ウォーターポンプ10万kmごと
サーモスタット10万kmごと
オルタネーターブラシ10万kmごと
バッテリー3~5年ごと

定期的に業者のメンテナンスを受ける

日頃から自分で手入れをすることは大切ですが、定期的に業者のメンテナンスを受けることで、車が長持ちします。プロに頼めば、自分では難しい部品交換や整備なども任せることが可能です。

プロの目で細かい部分までしっかり見てもらうことで、車を質の高い状態で保持でき、故障のリスクも減らせます。メンテナンスを依頼する業者選びも重要です。適当な業者に依頼してはいけないので、安さだけで選ぶのではなく、信頼できる業者に依頼しましょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

急な運転はしない

急ブレーキや急加速は、車の部品の消耗を進めてしまうのでよくありません。特に、エンジンや駆動系の部品に悪影響をもたらします。

そもそも、車の消耗を考える前に、急な運転は事故などにもつながるので避けましょう。もし事故を起こしてしまった場合、自分だけでなく車にもダメージを受けます。このように、さまざまなリスクがあるので、急な運転はしないようにしてください。

古い車に乗り続けることによるリスクもある

車が古くなるほど、故障リスクが高まり、メンテナンス費用も高くなります。それだけでなく、自動車税や重量税の課税額も上がるので気をつけなければなりません。なお、古い車は生産終了している可能性があり、そうなると部品の交換が見つからないこともあります。

自動車税などの税金は、経過年数に応じて追加課税があるので、古い車ほど税金が高いです。例えば自動車税の場合、ディーゼル車は11年、ガソリン車は13年超えると税金が引き上げになってしまいます。重量税は、13年超のタイミング、18年超のタイミングで引き上げになるので注意しましょう。

買い替えを考えるなら廃車買取がおすすめ

古い車は、故障のリスクがつきものです。定期的にメンテナンスをしていたのであれば、平均寿命よりは長く乗ることができるかもしれません。しかし、リスクが心配なら買い替えを考えるタイミングです。

廃車買取なら古い車も買取可能

古い車は買取ができず、廃車にお金がかかるというイメージを持っている人もいます。確かに、中古車販売店やディーラーなどでは、古すぎる車は値段がつかず、解体手数料や廃車の手続き等にお金が必要です。

一方で廃車買取なら、費用をかけずに廃車をすることができます。廃車買取では、長く乗った車や故障した車でも買い取ってもらうことができます。処分時の解体費用がかからない上、手続きにかかる時間と手間を省くこともできて便利です。

廃車買取ならカーネクスト

廃車買取なら、カーネクストがおすすめです。カーネクストでは、古い車や故障車でも0円以上での買取を保証しています。レッカー代、書類代行、査定手数料などがすべて無料です。

古い車で中古車としての価値がなくても、車を買い取ってくれることがあります。カーネクストは世界中で販売しており、販路が広いことがメリットです。自分では中古車としての価値がないと思っていても、プロの目で査定した結果、値段をつけてくれることもあります。どちらにしても、すべて無料で廃車してもらえて負担がないので、試しに買取に出してみてはいかがでしょうか。

参考:カーネクスト

メンテナンスをして愛車に長く乗り続けよう

愛車に長く乗り続けるためには、日々の自分で行うメンテナンスが大切です。洗車はただ汚れを落とすだけでなく、その後にワックスやコーティング剤まですることがポイントになります。

車の部品などは素人ではメンテナンスが難しいので、定期的にプロの業者に依頼してメンテナンスをしてもらうことも大切です。丁寧な洗車と定期的なメンテナンスを心がけましょう。

それでも、古い車で故障のリスクが心配であれば、買い替えを検討する時期です。その場合、0円以上の買取をしてもらえる廃車買取業者に依頼することをおすすめします。

0円以上買取保証