トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

ずっと同じ自動車に乗り続けられるとは限らず、車はいずれ故障などをして、乗れなくなってしまいます。また、新しい自動車が欲しくなった際も、乗り換えることがあるでしょう。このページでは、車は何年で乗り換えるのがベストなのか解説します。

具体的には、車の寿命の考え方、平均的な車の乗り換え年数、車は何年で乗り換えるのがお得なのかについて取り上げていきます。自動車の乗り換えを検討している人などは、ぜひお役立てください。

車の寿命の考え方

自動車の寿命は、10万~15万kmが目安とされています。新車を購入してから、これくらいの走行距離になると買い替える人は多いのですが、年式でいえば約13年です。

しかし、これらの数字はあくまでも目安です。しっかりとメンテナンスを行い、自動車を丁寧に扱うことによって、長期間乗ることも可能です。目安となる走行距離や年式はあるものの、最終的な決断はそれぞれの判断によるでしょう。

平均的な車の乗り換え年数

車の乗り換え年数の平均値は、自動車検査登録情報協会により発表されています。そのデータである「平成29年の車種別の平均車齢推移表」によると、小型車は8.94年、普通自動車は8.07年で、乗用車の平均値は8.53年です。

年々、平均的な車の乗り換え年数は伸びている傾向にあり、ひとつの自動車を乗り続けている人が増えているともいえるでしょう。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

参考:自動車検査登録情報協会 平成29年の車種別の平均車齢推移表

車は何年で乗り換えるのがお得なのか

自動車は何年で乗り換えれば、損を減らせるのでしょう。一般的に、車検前の7年目がベストな時期といわれています。また、車検費用や税金面などを考慮すれば、13年目もお得に乗り換えられる時期でしょう。

車検を考えると7年で買い替えるのがお得

車検は最初は3年、その後は2年ごとに受ける決まりがあります。車検を受けてから、自動車を売ったとしても、車検費用分高くなるとは限りません。

車検の費用は10万円程度かかるので、車検後の査定はマイナスになる恐れがあります。そのため、車検満了日の前に買い替えたほうがよいでしょう。初度登録より7年前後がおすすめです。

長期的に考えると13年がお得

できるだけ長く自動車に乗ったほうが、買い替える費用を節約できます。中でも、13年目はおすすめの買い替え時期です。13年経過した場合、自動車税と自動車重量税がアップします。また自動車重量税では、18年経過でさらに税額が上がります。

さらに長い期間自動車を乗っていると、部品交換費用やメンテナンス代もかかってしまうものです。13年目前であれば、少なくとも税額は抑えられるでしょう。

車の乗り換えに適したタイミング

年数だけではなく、車の乗り換えに適したタイミングがあります。例えば、ライフスタイルが大きく変化したとき、走行距離10万km達成したタイミング、自動車の新たなモデルが発売されたときなどです。

ライフイベントに合わせて

独身者で子どもがいない人は、スポーツカーのようなコンパクトな自動車であっても、特に不自由を感じることはないでしょう。しかし、家族ができたときには、小さな自動車では出掛ける際などに不便です。家族の人数によっては、全員乗れない可能性もあります。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

また、子どもたちが自立した際も、大型の自動車を所有している必要性はなくなるでしょう。このように、ライフスタイルが大きく変化した時期は、車の乗り換えに適したタイミングです。

走行距離10万kmのタイミング

10万kmの走行距離になったら、自動車の寿命といわれています。そのため、この走行距離に達成した時期に、乗り換えすることもおすすめです。軽自動車なら、8万kmを目安にしましょう。

もちろん、走行距離が多い場合でも、メンテナンスを続けていれば乗り続けることは可能ですが、走行距離が多いほど、修理などの費用が高くなる傾向にあります。

新型モデルが発売されるタイミング

新しいモデルの自動車がリリースされたときも、乗り換えるのによいタイミングです。新型モデルは、最新装備を備え、燃費性能が向上されています。そのため、燃料費を抑えられ、ドライブをより満喫できるでしょう。

そして、新しいモデルが発売されたあと、昔のモデルは価値を下げ、高値で買い取ってくれない可能性もあります。したがって、新型モデルのリリース前に手放すことで、高額買取も夢ではありません。

買い替えなら廃車買取がおすすめ

今乗っている自動車の状態によっては、廃車買取がおすすめです。業者の中には、どんな自動車でも買い取ってくれて、しかも、廃車関連の費用が無料なところもあります。そのため、業者選びは非常に大切です。

廃車買取ならどんな車でも買取可能

走行距離が多すぎる自動車でも旧式の車でも、買い取ってもらえるのが廃車買取サービスです。業者によっては、自動車の廃車手続きを代行してくれ、しかも解体費用などもかかりません。

そのため、手間と時間を省きながら、自動車の所有者側が損をしない仕組みになっています。さまざまな業者があるので、自分に合った会社を選びようにしましょう。

廃車買取ならカーネクスト

「自動車を動かせない」「故障車をなんとか手放したい」という人におすすめの業者は、カーネクストです。こちらはどんな状態の車であっても、0円以上の買取保証をしています。車種によっては、高額査定してくれる可能性も。広い販路を持っているからこそ、0円以上の買取保証を実現しています。

また、引取り手数料、レッカー費用、解体費用、廃車手続き代行費用など、廃車に関する費用はすべて無料で、レッカーも日本全国対応です。これらの費用は、業者によっては数万円かかるケースもあります。さらに、自動車税の還付手続き代行も無料サービスなので、還付金が戻ってくるケースも。

まずは、無料査定を利用して、わからないことは年中無休のフリーコールで、専門スタッフに相談してみてください。カーネクストで、お得に車を買い取ってもらいませんか。

参考:カーネクスト

自分にとって最適な乗り換えのタイミングを考えよう

走行距離10万~15万km、年式約13年を車の寿命としているケースが多いですが、メンテナンスや修理を怠らなければ、乗り続けられます。平均的な車の乗り換え年数は約8年ですが、車検費用やメンテナンス代を考えると、7年から13年目が買い替えるのがベストタイミングです。

また、結婚などのライフイベントに合わせたり、新型モデルが発売されたりするタイミングも、自動車を乗り換えるベストな時期です。基本的には、乗り換えのタイミングは自身で決断するので、できるだけ損をしない時期を見極めるようにしましょう。自動車の状態次第では、廃車買取もおすすめです。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!