トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

丁寧に扱えば、ひとつの車に長く乗ることはできますが、それにも限界があります。ある程度乗ったなら買い替えが必要ですが、どれくらいの頻度が適切か分からず、悩む人も多いでしょう。

買い替えの回数は多すぎても、少なすぎてもよくありません。適切な頻度を知って、賢い買い替えを目指しましょう。

目的別6種類のおすすめ車の買い替え頻度

車の買い替えの頻度で悩みやすいのは、どのタイミングが適切か、判断しにくいからです。スムーズに買い替えの判断を下すには、明確な指標を持つことが大切です。

どれくらいの頻度で買い替えるかという明確な指標があれば、タイミングに迷うこともないでしょう。買い替え頻度のおすすめは目的によって違い、大きく6種類に分けられます。

次々新車に乗りたいなら3年

新車が好きで常に新しく、状態のよいものに乗っていたい、あるいは現行最新モデルに乗り続けたいなら、3年ごとの買い替えがおすすめです。新車は購入価格が高いので、3年ごとのハイペースの買い替えでは負担が重く感じるでしょうが、実はそうとも限りません。

確かに購入費用は高くなりやすいものの、反面リセールバリューも高いので、売却額で購入費用を補填し、結果的に安く買える場合も多いでしょう。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

また、新車に乗り続けることで、維持費もほとんどかからず、必要なのは初期の購入費用と日々のガソリン代くらいです。3年を目安にするなら、最初の継続車検を受ける前に手放すのがおすすめです。

ローンの完済をしやすい5年

ローンを組んで車を購入するなら、5年契約にして、ローン完済を買い替えのタイミングと考えるのがおすすめです。支払総額による違いはありますが、5年ローンならそれほど金利も高くなく、月々の支払いも大きな負担とならないことが多いです。

新車で購入して5年なら、比較的状態もよいので売却額もそれなりに期待しやすいでしょう。ローン完済後は売買の自由度も上がりますし、買い替えのタイミングとしては適しています。

買取査定価格の暴落を避けられる5~10年

売却額を意識するなら、フルモデルチェンジ前に買い替えるのがおすすめです。マイナーチェンジは数年単位で行われますが、フルモデルチェンジとなると、5~10年程度が多いです。フルモデルチェンジ後すぐは、型落ちの車は市場であふれて需要過多となるので、買取査定価格は暴落し、高値は期待できません。

高値で売りたいなら、フルモデルチェンジ前に手放すことが大切です。また、仮にモデルチェンジ後であっても、1年程度経過した後なら、価格の暴落も落ち着き、比較的好条件で手放しやすくなります。

もちろん、フルモデルチェンジ前よりは価格は下がる傾向にあるので、金額面を重視したいなら、モデルチェンジ前に売却を完了させるようにしましょう。

自動車税と重量税の節約のため13年

車の維持費では、税金の支払いも考慮する必要があり、この負担が増える前に買い替えるのもおすすめです。自動車税と重量税は、新車登録から13年経過で増額となり、重量税はさらに18年目以降もう一段階引き上げとなります。

一度上がった税金は下がらず、以降高い金額を支払い続けなければならないので、維持費の負担が大きくなるでしょう。高い税金を避けるためにも、13年目を迎える前に買い替えるのがおすすめです。

ただし、13年目以降に自動車税が増税となるのはガソリン車で、ディーゼル車は11年目以降とさらに増税のタイミングが早いので注意しなければなりません。

修理代が安い走行距離が10万kmを超える前

修理代が高く付くと維持にかかるコストも上がるので、これが高くなりすぎる前に買い替えるのもよいでしょう。修理代を目安にするなら、費用が上がりやすい走行距離10万km前後を区切りと考えましょう。走行距離が10万kmを超えたあたりで、各種パーツは劣化が進み、部品交換が必要な部分も増えてきます。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

パーツによっては部品交換だけでも数万円、数十万円かかることもあり、複数箇所直していると、中古車が買えるくらいの負担になることも少なくありません。修理代は使用し続けるごとにどんどん増すので、一定程度高くなったら、早めに買い替えることを考えましょう。

車の使い道が変わるライフイベントごと

ライフイベントの変化も、車の買い替えを検討する重要なタイミングです。引越しや転勤といった居住環境の変化はもちろん、結婚、出産、転職といったライフスタイルそのものの変化にも注目が必要です。車種ごとに特徴は違い、適した使用シーンも異なります。

例えば道が広い田舎なら、とにかくロングドライブが可能な、タフな車がよいでしょうし、反対に混んだ道も多い都会だと、小回りが利くほうが便利でしょう。同じように車が必要という中でも、ライフイベントによって必要な機能や特徴は違います

生活環境が大きく変わるタイミングは買い替えの目安ともいえるので、環境の変化を指標に据えるのはおすすめです。

賢い車の買い替えに廃車買取が活躍

車の買い替えの際には、新たにどのような車を購入しようかだけではなく、手持ちの車をどのように処分するかも考えなければなりません。

少しでもお得に買い替えるなら、手持ちの車は買取に出し、資金化するのがおすすめです。買取の中でも、廃車買取業者の利用が、買取には向いているでしょう。

ディーラーの下取りにはデメリットがある

車を買い替えるなら、新しい車の購入も行うので、下取りが利用できます。ディーラー下取りは、古い車の処分と新しい車の購入がまとめてできて便利ですが、査定額がつきにくいのがデメリットです。

ディーラーでは古い車を有効活用するノウハウを持っていないので、少しでも状態が悪いと、査定額は大幅に下げられてしまいます。便利さを求めるなら下取りに出しても構いませんが、高価買取を期待するなら、おすすめできません。

廃車買取なら車が古くても値が付く

ディーラーの下取りだと値段がつかない車でも、廃車買取なら値を付けて買い取ってもらえることが多いです。これは廃車買取業者では、状態の悪い車でも利益にできる活用ノウハウが備わっているからです。

自走可能なら海外に輸出して売却、動かなくてもパーツ取りで使用、さらには資源単位でのリサイクルに利用もできます。どのような状態でも、何らかの価値を見出せるのが廃車買取の強みでしょう。

買い替えで古い車の処分ならカーネクスト

カーネクストは、古い車から状態の悪い車まで、何でも0円以上での買取保証を行っています。他の業者では値が付かない、引き取りの費用を請求される車でも、カーネクストなら少なからず資金化できるでしょう。

また、車両の引き取りから廃車手続きの代行まで、無料でやってもらえるのも魅力です。処分に費用をかけず、少しでも値を付けて買い取ってもらえるので、損なく資金化できるでしょう。

参考:カーネクスト

目的に合った頻度で車の買い替え

車の買い替えには費用がかかるので、どれくらいの頻度で行うかは慎重に考えなければなりません。頻度は多すぎても買い替えの費用が高くなって損をしますが、反対に少なすぎても維持費が高くついて、結果的に負担が増えます。

どのような目的で車を使いたいか、明確な指標を持ち、それに合わせた適切な頻度で愛車を買い替えましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!