動かない車、あるいは動かせなくなった車を指して不動車と呼びます。不動車に該当する車は処分に困ることが多く、手放し方が分からないと悩む人も多いでしょう。

車の処分方法は複数ありますが、少しでもお得に手放したいなら、買取に出すのがおすすめです。不動車の買取相場や買取してもらう際の注意点を解説するので、上手に売却するための参考にしてください。

不動車でも買取してもらえる

大前提として知っておきたいことは、不動車でも買取で処分できることです。ひとくちに不動車といっても、車によって状態は違いますが、ボロボロであることも多いでしょう。ボロボロな車には、価値がないと思われがちですが、実は価値は残っていて、業者は買取対応で引き取っても利益が得られます。

買取以外の方法で処分すると、解体費用や車両の引き取りにコストがかかり、手放すだけでも数万円近くになるでしょう。買取なら処分の費用は無料ですし、査定額に応じてお金ももらえるので、単に処分する場合との金銭的な差は大きいです。そのため、不動車の処分で損失を出さないためには、積極的に買取に出すことを検討しましょう。

不動車の相場はどの位になるのか

車の状態がどうであれ、買取によって処分するなら、相場を把握しておかなければなりません。特に不動車の場合は、もともと価値がないと思われやすいです。そのため値が付くことに驚いて、安く買い叩かれていても、気づかずに売ってしまうケースは少なくありません。不動車の買取相場は、どの業者に持ち込むかや、車の状態によって変動します。

スクラップ業者に持ち込んだ場合の相場

不動車は、スクラップ業者に持ち込んでも買い取ってもらえます。スクラップ業者による買取の場合は、車としてではなく、鉄資源として買い取っています。そのため、車の状態は査定額にほとんど影響せず、基本的には車から取れる鉄の量に応じて、金額が決定すると考えましょう。

車の大きさや、そのときの鉄の時価によって違いはありますが、普通自動車なら1~30,000円、軽自動車なら3,000~10,000円程度で取引されることが多いです。ただし、スクラップ業者による買取の場合、ボロボロの車でも新車でも査定額は変わらないので、持ち込むのは最終手段と考えたほうがよいでしょう。

廃車買取業者の相場は見えにくい

少しでも高値で売却したいなら、廃車買取業者の利用がおすすめです。廃車買取業者なら、ディーラーや中古車買取店では値が付けられない車でも、価値を見出し買い取ってくれます。

どれだけ状態が悪くても、何らかの価値を見出してもらえ、最終的にはスクラップ業者同様に、資源価値で買い取ってくれるでしょう。不動車でも値が付くことはうれしいポイントですが、反面買取相場が読みづらいので注意が必要です。

車両にまだ価値がある場合

車検が切れて不動車になったり、少し修理すれば直る程度だったりした場合は、廃車買取業者でも、高値で売れる場合もあります。不動車でも動かせるようになるものは、車両としての価値が認められ、10万円程度の値が付くことも少なくありません。

ボロボロでも走れるようになるなら値が付くことは、海外輸出で高値で売却できるためです。日本の車は海外での需要が高く、特にアジア地域では高値で取引されます。外国では走ればよいと考える人が多いので、状態はそれほど問題視されず、仮にボロボロでも好条件での売却が可能な場合が多いです。

部品やパーツの再利用をする場合

廃車買取業者は、修理ができないあるいは、修理にコストがかかり過ぎる場合は、分解してパーツ単位で価値を測ります。中古品パーツとしての価値を見て査定額が決まるので、使えるパーツがどの程度残っているかで、買取相場は変動しやすいでしょう。

パーツは多く残っているほど査定額も上がりやすく、メーカー純正品や社外オプションでも希少なものがあるなら、査定額は上がりやすいです。車種ごとによる違いは大きいため、一概にいくらとはいえませんが、20,000~50,000円程度の値段になることは多いでしょう。

車両としての価値を見出せる場合よりは買取相場は下がりますが、資源で見た場合の買取相場よりは高いです。

不動車の買取で注意したい点

買取で少しでも値が付くなら、不動車の処分では万々歳といえるでしょう。ただし、不動車でも買い取ってもらえることは確かですが、買取に出したからといって、必ずしもお得になるとは限らないので注意が必要です。どのような点に注意すべきかを知り、不動車を賢くお得に手放しましょう。

手続きが迅速に行われるか

買取に出した車は廃車手続きを行い、名義を抹消しなければなりません。買取では、業者がそのまま廃車手続きまで代行してくれることが多いですが、これが迅速に行われるかはチェックが必要です。特に、月末や年度末に買取を依頼する場合は注意が必要で、翌月や翌年度にまたがらないようにしなければなりません。

廃車が翌月にまたがると、受け取れる還付金額が1カ月分減り、翌年度を迎えると自動車税の課税対象になります。買取を依頼する際には、詳細なスケジュールも確認して、素早く手続きが完了するかチェックしておきましょう。

買取希望価格は伝えない

買取で処分するなら、少しでも高く売りたいと考えることが自然ですが、この際に希望額を自分から伝えることは好ましくありません。買取希望額は聞かれることも多いですが、こちらから提示すると、本来の査定額より低い場合、提示した金額が採用されて損をする可能性があります。

わざと金額を提示させ、納得させたうえで安く買い叩こうとする業者もあるので、自分から希望額はいわないようにしましょう。

不動車はまずネットで買取価格を調べよう

不動車を損なく売却するためには、買取相場を正しく知ることが大切です。そこで活用したいのが、ネットの買取査定です。ネットで買取価格をある程度調べておくことで、相場を把握でき、安く買い叩かれることを防げます。

気軽に買取価格をチェック

ネットの買取査定では、簡単に情報を打ち込むだけで、査定額をチェックできることが魅力です。年式や走行距離、車種、グレードといった情報だけのため、査定額はあくまでも概算ですが、売却時の目安にはなるでしょう。

査定額を知っておくと、買取相場の目安もある程度は把握できますし、よりスムーズな売却を目指しやすくなります。

カーネクストならスムーズに買取

愛車の買取相場を簡単にチェックしたいなら、カーネクストがおすすめです。カーネクストでは、たった20秒で査定額がチェックでき、スムーズに買取の相談も進めやすいです。状態に関係なく、0円以上で買取保証をしているので、不動車でも値が付かないということはありません。

加えて、廃車手続きの代行や車両の引き取りも無料なので、不動車でもスムーズに処分しやすいことが大きなメリットでしょう。

参考:カーネクスト

不動車の買取は迅速なカーネクストに依頼しよう

処分に困りやすい不動車も、廃車買取業者のカーネクストならスムーズに引き取ってくれます。処分に費用がかからないことはもちろん、状態が悪くても買取で対応してくれることは大きな魅力でしょう。

サービスが充実したカーネクストなら、不動車でも好条件で手放しやすいので、積極的な利用をおすすめします。