トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

ひとつの車にいつまでも乗り続けることはできないので、適当なタイミングで買い替えなければなりません。しかし、どのタイミングが適当なのかが分からず、買い替えを躊躇する人も多いのではないでしょうか。スムーズに買い替えの決断を下すには、意思決定の指標となる目安を知ることが大切です。

車の買い替えを検討するタイミング

完全に故障した、動かなくなったなら、諦めもついて買い替えようと思うかもしれませんが、まだ動くうちは本当に買い替えるべきか悩みがちです。

修理できないほどに損傷し、動かなくなるまで乗るのもひとつの手ですが、日常的に車を使用する人は、少しでも間をあけずに買い替えたいと思うでしょう。使えなくなるまで乗ると、動きはしても不具合が多くてストレスになることもあるので、必ずしもお得とはいえません。

早めに買い替えたほうが、ストレスなく使え、かつ金銭的にもお得になることはあるので、どのタイミングで買い替えを検討すべきか知っておきましょう。

車検のタイミング

新車登録時は3年後、以降は2年ごとに車検を更新しなければなりません。車検の更新には税金や保険料の支払いから、メンテナンス費用まで多額の資金を必要とする場合も多いので、これを買い替えの目安にするのはおすすめです。

車検前に買い替えることで、更新にかかる費用が削減でき、金銭的にもお得になりやすいでしょう。車検更新は一般的な乗用車なら2年ごとにやってくるので、2年に1回は買い替えを検討するのがおすすめです。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

保証期間の終了時

購入時に保証を付けているなら、これが終了したタイミングを買い替えの目安にするのもひとつの手です。保証期間終了後は、故障や不具合があるとメンテナンスの費用は自己負担となり、多額のお金がかかるリスクが高いです。

高いお金を出して修理するくらいなら、故障時に手放すのもひとつの方法ですが、これだと買取額も安くなり、結果的に損になりやすいでしょう。保証期間が終了してすぐなら、比較的車の綺麗な状態でしょうし、ある程度高値で売りやすいのも魅力のひとつです。

リセールバリューの高いうちを目安に買い替える

買い替えの際には新しい車の購入だけではなく、現在持っている車の処分も考えなければなりません。車の処分方法は複数ありますが、おすすめなのは買取で、少しでも高値が付けば、買い替え費用にも充てられて、よりグレードの高い車が買えるでしょう。

買取額の高さ、つまりリセールバリューも買い替え時に参考にしたい目安のひとつです。リセールバリューが高くなりやすい条件は、大きく3つに分けられます。

年数で落ちていく車両価格を考慮する

新車登録してからの年式は、リセールバリューに大きな影響を及ぼします。基本的には新しいほど高く、古いほど価値は下がると考えましょう。年式によるリセールバリューの変化は、以下が目安となります。

3年未満車両価格の50%
3~5年車両価格の30%
5~7年車両価格の10%
7年以降車両価格の0~5%

7年を皮切りに、リセールバリューはほぼなくなると考えられるので、注意が必要です。もちろん、7年目以降の車に絶対に値が付かないわけではなく、他の条件次第で値を付けてもらうことは可能です。

ただ、新しい車に比べると当然高値にはなりづらいので、少しでも高く売りたいなら、5年程度を目安にするとよいでしょう。

走行距離が5万kmになる前に買い替え

走行距離は5万km単位で、価値が大きく変わります。5万kmと4万kmでは印象が大きく違うので、高値で売りたいなら5万km以前での売却を目指しましょう。また、5万kmを超えた場合は10万kmまで、できるなら7~8万kmあたりを目安にすると、売却はしやすいです。

走行距離は大体10万kmでリセールバリューがゼロになると言われているので、距離が伸びすぎないうちに売るのがおすすめでしょう。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

新型車が出る前に買い替え

市場でもっとも価値が高いと判断されるのは、基本的には現行で一番新しい車です。次世代の新型車が出て、型落ちになると、市場に在庫があふれて一気にリセールバリューが落ちるので注意しなければなりません。

新型車発売までの期間はメーカーや車種によって違いますが、2~7年程度の間で、売り出されることが多いです。手持ちの車の新型車が出ないか、情報を常にチェックしておき、型落ちになる前に売ることで、高いリセールバリューを獲得できます。

自動車税が重課される前に買い替え

自動車税は毎年1回、1年分まとめて課税されますが、これは年数の経過によって税率が引き上げられます。ディーゼル車は11年、ガソリン車は13年目以降重課となるので、税負担が増える前に買い替えるのもひとつの手です。

また、13年目以降は、自動車税だけではなく、重量税も増えるので、負担は一気に増えます。エコカー減税対象車なら問題はありませんが、それ以外なら負担は大きいので、税金が上がる前に手放すのがおすすめです。

生活スタイルの変化

車の必要性は生活スタイルによっても変わるので、これの変化も買い替えの目安としましょう。例えば結婚や出産で乗車人数が増える場合は、少し大きめのサイズが必要でしょうし、反対に子供が独立して乗車人数が減るなら、コンパクカーでも問題ないでしょう。

生活スタイルによって、車にどのような機能が必要かは変わり、ニーズを満たしていないと使用に不便を感じてしまいます。また、場合によっては車の必要性そのものがなくなることもあるので、買い替えだけではなく、処分も含めて検討することが大切です。

買い替えは買取価格を知ってから

車の買い替えを行うには、まずは手持ちの車を処分しなければなりません。お得に手放すなら買取がおすすめですが、上手に売却するには買取価格を知る必要があります。

愛車の買取相場を知らないと、業者に提示された金額に飛びつき、損をすることもあるでしょう。安く買いたたかれないためにも、事前にどれくらいで売れそうかはチェックしておかなければなりません。

今の車がいくらで売れるのか知ろう

愛車がいくらで売れるかを知るには、買取査定に出すのがおすすめです。査定だけなら無料でやってくれる業者が多く、提示額が気に入らないなら他の業者を利用しても構いません。業者によっては出張査定をやっている場合もありますし、車を持ち込むのが面倒な場合でも対応してくれます

ただし、出張査定は有料、あるいは査定そのものに料金がかかるという業者もあるので注意が必要です。事前査定では、費用をかけずに行える業者を利用しましょう。

カーネクストなら愛車の価格がすぐ分かる

手早く愛車の価値を知りたいなら、カーネクストがおすすめです。カーネクストでは、ネット上で簡単に査定ができ、登録もわずか20秒ほどで終わります

車の状態に関係なく、0円以上での買取保証をしているので、ボロボロの車でも値段を付けてもらえるでしょう。365日年中無休で買取を受け付けているので、いつでも相談しやすく、気軽に利用できるのも魅力です。

参考:カーネクスト

買い替えならカーネクストで愛車の価格をチェック

上手なタイミングで買い替えを行うには、自分なりに目安を決めておくことが大切です。また、買い替え時には古い車の処分も重要で、少しでもお得に手放せる方法を把握しておくとよいでしょう。

カーネクストなら、サービスが充実していて、処分から買取までの流れもスムーズです。まずはカーネクストに査定に出し、買取額をチェックして買い替えをするか最終決定を下しましょう。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!