車を所有している人にとって、「愛車に乗り続けているが、お得になるタイミングがあれば買い替えたい」という思いは不変のものです。しかし実際のところ、何年間乗るとお得という明確な答えはありません。人それぞれ、お得だと感じる点も違うため、自分が満足できる方法を考える必要があります。

これから、車の買い替え期間の考え方を、いろいろな視点から詳しく解説していきます。まずは、買い替えるタイミングはたくさんあるということを知ってください。そしてこの記事を参考にし、乗りつぶすことも視野に入れたうえで、最終的に自分に一番合っている方法を見つけましょう。

車は何年乗れるのか

一般的に、車の寿命といわれる走行距離は、新車で購入した場合には約10万~15万kmです。これは、エンジンの寿命がそれくらいとされているためです。また年式としては、新車登録から廃車までの期間として考えると、13年程度が一つの目安となります。これくらいになると、さまざまな消耗品の傷みも生じて来るでしょう。

しかし、車は修理やメンテナンスをしながら所有していれば、実際は半永久的に乗り続けることが可能です。したがって車の寿命は、最終的には乗る人の判断によって、決定するものだといえます。近年では、その時点での車の価値よりも、修理にかかる費用が多くなったときに、寿命を感じる人が多くなってきました。

車は何年乗るのがお得なのか

実際に、車には何年乗るのがお得なのかを詳しくみていきましょう。現在車検の前で、買い替えを検討している人は、ぜひ参考にしてください。

一般的には8年程度乗る人が多い

自動車検査登録情報協会が公開している「平成29年度の車種別の平均車齢推移表」によると、買い替え年数の平均は普通車で8.07年、小型乗用車で8.94年です。ゆえに結果として、一般的には8年程度乗る人が多いといえます。

8年ほど経過すると、車体本体の支払いが終了し、走行距離も多すぎず少なすぎずといったところでしょう。部品交換などにより費用がかさんでくる前に、まだきれいな状態の車を手放す決断をする人が多い傾向です。よって、約8年が経過した時期は、下取り価格が大幅に下がる前の良好なタイミングであるといえます。

車検的には7年乗るのが良い

車検から逆算して計算してみると、3回目の車検を受ける前の7年目に買い替えるとお得になります。実は、車の買い取り査定をするときには、車検がどの程度残っているか、またその車が何年式で、どのくらいの走行距離なのかが大いに関係してきます。

しかし、その中でも車検に関しては、残していなくてもそれほど大きな影響はないという実情があります。また売却する際、車検を受けてから査定に出すと、むしろマイナスになる可能性が高くなります。ゆえに、中古車で購入した場合には、車検証に登録されている初年度登録から、7年前後の車検満了日前に買い替えるとお得です。

長期的に考えると13年乗るのがお得

30年という長いスパンで考えときに、それぞれ3年・5年・7年・13年のサイクルで買い替えをした場合の費用を、単純計算してみましょう。すると、13年ごとに買い替えた場合は、3年ごとに買い替えた場合と比べて、500万円ほど得をすることが分かります。

なお、ガソリン車の場合は、新車登録から13年が経過すると自動車税がアップします。これは、排気ガスなどによって環境負荷が大きくなる古い車に、重い課税がなされる「自動車のグリーン化(環境配慮型税制)」というルールによるものです。したがって、長期的に考えると、何度も買い替えるよりは13年乗り続け、乗りつぶしたほうがお得であるといえるでしょう。

車の乗り換えに適したタイミング

車の乗り換えに適しているタイミングは、その車を乗りはじめてからの経過年数を、加味したものだけではありません。より多角的にみていく必要があります。

ライフスタイルに合わせて

結婚や出産など、家族が増えるタイミングが人生の中でいくつかあります。また、逆に減る場合もあります。このように、ライフスタイルが大きく変わるタイミングで、必要に応じて車を買い替えることも、一つの選択肢だといえるでしょう。時間の経過とともに変化する生活環境に合わせ、自分の車に求めるものを考えてみましょう。

走行距離10万kmのタイミング

年式からでだけではなく走行距離で考えると、普通車なら10km、軽自動車なら8万kmが、車を買い替える一つのタイミングになります。

このくらいの走行距離になると、車の足回りが傷んでくるため、それを負担に感じて乗り替える人が多いです。メンテナンスをすれば十分に乗れるものの、その費用は年々膨らんでいくことになります。

メーカーの保証が切れるタイミング

新車の場合には、国産車であれば3年・6万kmの一般保証と、5年・10万kmの特別保証が付帯されています。これらの保証が切れたあとは、故障をしても自費で修理をしなければなりません。よって、このメーカー保証の期間が切れる前も、買い替えの一つのタイミングと考えられます。


買い替えなら廃車買取がおすすめ

車を買い替える決断をした場合は、ぜひ廃車買取業者に依頼してください。愛車をお得に買い取ってもら得る可能性が高いです。

廃車買取ならどんな車でも買取可能

車の廃車手続きには、さまざまな書類が必要になるので非常に面倒です。しかも、陸運支局や軽自動車検査協会は、土日が休みで平日の昼間しか稼働していないことが多いです。そのため、土日のみが休みの人は、平日にわざわざ休みを取って出向かなければなりません。

自分で手続きをすることが億劫だという場合は、廃車買取業者に依頼することをおすすめします。廃車買取業者は、書類の調達や記入、提出などを代行してくれます。また、処分時の解体費用がかからないうえ、買い取ってもらえる可能性があり、お得に廃車できます。

廃車買取ならカーネクスト

愛車を、少しでも高く買い取ってもらいたい人におすすめなのが、買取サービスのカーネクストです。カーネクストなら、車の情報と自分の住所を入力するだけで、無料で簡単に査定額をチェックできます。故障・水没・不動・廃車同然の車など、どんな状態の車でも0円以上の買取を保証しています。

全国対応のレッカー引き取り・解体費・手続き代行費などが完全無料で、追加費も一切かかりません。またカーネクストは、世界中に独自の販売ルートを持っており、幅広い車種の買取もしています。したがって、車種によっては高額で取引することも可能です。プロの専門オペレーターが、特殊案件にも対応してくれるので、ぜひお気軽に相談してみてください。

参考:カーネクスト

お得なタイミングで車を買い換えよう

現代の車は、エンジンの性能や塗装技術の向上により、10年以上乗っても塗装は新車のように美しく、走行にも何の影響がないほどに耐用年数が伸びています。また車の寿命としては、40年前と比べると6年近くも長くなっています。

ゆえに、たとえ10万kmを超えている車でも、中古車として十分な価値があり、その状態によっては高価格で売れる可能性が高いです。このように、買い替えを検討する際の選択肢が広がっている現代において、自分にとって一番お得なタイミングで愛車を買い替えましょう。