トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

車を買う際に、ローンを組む人も多いのではないでしょうか。一般的には、ローンが残っている場合は車の買い替えができないと考えられているかもしれませんが、実はローンが残っている場合であっても、車の買い替えは可能です。

その場合、買い替えるには条件があることは理解しておきましょう。また、特に注意しておきたいことは、売却してもローンが残る場合には、所有権の変更ができません。つまり、売却ができないこともあるのです。

ローンを組み直すこともできますが、オーバーローンとなると、支払いが大変になります。現在のローンの支払い状況を事前によく調べて、上手に車の買い替えをしましょう。

ローンが残っている車の買い替え方法とは

ローンが残っていても、どうしてもほしい車ができた場合には、どのようにしたらよいのでしょうか。新しいローンを組み直す、新しい車ローンに上乗せする、一括返済するなど、いくつか方法があります。それぞれの方法について、メリットや注意点を詳しく見ていきましょう。

ローン残額を新しいローンとして組み直す

ローンが残っている場合には、持っている車の売却額を差し引いた額でローンを組み直す方法があります。この場合、現在ローンを組んでいる会社とは別の会社で新しくローンを組むことになりますが、審査が通ればローンを組むことができます。

しかし、注意点もあり、そのひとつに、他にもローンが残っていないかどうかが挙げられます。家や他の車など多数のローンを抱えている場合は、審査が通りにくいので注意しましょう。また、ローンの金額が多くなるので、その分、利息も多くなることも忘れないようにしましょう。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

新しい車のローンに上乗せする

ローン会社の対応にもよりますが、ローン会社が前のローンを立て替えてくれるのなら、払いきれていないローンを新しく買う車のローンに上乗せする方法もあります。

しかし、ローンの金額が大きくなるので月々の支払いが大変になることは覚えておきましょう。負担が大きくなるため、計画的に支払いをしていくことが大切です。一方、新しくローン契約を組み直すことになるため、支払い期間を延ばして月々の支払額を調節できることはメリットでしょう。

思い切って一括返済してしまう

ローンを上乗せするのは、余計な利息を支払うことになるので、持っている車の売却金や預金などを駆使して一括返済するのが最も安全な方法です。ローンがなくなれば、審査も通りますし、余計な利息も支払わなくてすみます。

ローンが残ってる車を買い替える際の注意点

ローンが残っているのに車を買い替えるときには、車の所有者の確認、名義変更ができるかどうか、ローンの金額が多くなりすぎないかといった点に注意しなければなりません。詳しく見ていきましょう。

ローン残債がある所有者の違う車は売却が出来ない

車をローンで購入した場合、ディーラーや信販会社が所有者となっていることがあります。また、ローン会社もディーラーや信販会社になっているケースも多く、その場合はローンが残っていると勝手に売却できません。なぜなら、名義が自分のものではないということは、その車は「他人のもの」となるからです。

所有権は車検証に記載されているため、まずは確認しましょう。もし所有権が違うようなら、所有権を自分に移すよう請求する必要があります。

売却してもローンが残る場合は名義変更出来ない

所有権の変更を申請しても、名義が変更できない場合があります。ローン残高が車の売却額より上回ると名義変更ができず、車の売却自体もできません

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

どうしても他の車がほしい場合には、手持ちのお金で補うか、新しい車のローンに上乗せするのがおすすめです。手持ちがない場合には、他の金融機関などから不足分を新たに借りる方法もあるのですが、銀行などのマイカーローンは使用用途などが厳しく、審査が通らない場合もあります。

金利は高くなる可能性は高いですが、使用用途が自由なショッピングローンや消費者金融で一時的に借りることも視野に入れましょう。

オーバーローンの危険性を理解する必要がある

ローンが残っていながら、またローンを重ねる方法は、当然支払総額が増えることになり、月々の支払額も大きくなります。新車価格よりも大きな額のローンを組むことはオーバーローンといいます。

オーバーローンを繰り返してどんどん車を買い替えることは、非常に危険であると認識しましょう。車を買う度に残債を積み上げていくこととなるため、元金が減らずに高い金利をずっと支払い続けることにもなりかねません。

もし、ボーナスなどの臨時収入があった場合には、可能であればローンは一括返済してしまった方が安全でしょう。一度、ローンが残っている状態でローンを重ねてしまうと、その状態が当たり前となり、何を買うにもローンで買うようになり、元金が減らないといった状態に陥りやすくなります。最悪の状況にならないように注意してください。

下取りに出すのと売却するのとではどちらがお得か

新しい車を買うときには、下取りに出すのと売却するのではどちらがよいのでしょうか。ディーラーの下取りは安く買いたたかれることがあります。どちらの方がお得なのか、詳しく見ていきましょう。

売却する方が得といえる

車種や走行距離、普段のメンテナンスの状態、オプションなどによって金額は変わっていきますが、下取りと売却ではおよそ5万円~20万円ほどの差があるケースもあり、売却の方がお得になることが多いでしょう。

できるだけ高く売ることで、次の車の購入資金にもなりますし、次のローンも楽になります。

ローンの残った車の売却ならカーネクスト

カーネクストは、走行距離の長い車や年式の古い車でも、0円以上の買取保証をしています。つまり、他の店で廃車といわれて値段がつかないような場合でも、必ず0円以上で買取してくれるということです。また、全国各地の自動車関連業者と提携しているため、どこにいても引き取りに来てくれます。

さらに、カーネクストなら自動車税の還付手続きも無料で代行してくれるので、費用が発生せずに安心です。しかし、軽自動車には自動車還付制度がないので注意してください。

参考:カーネクスト

ローンが残ってる車は下取りより売却がおすすめ

ローンが残っていても、新しい車に買い替えることは可能です。欲しい車がある時には、まずは現在乗っている車の売却を考えましょう。その場合、下取りではなく、中古車買取店に売却することがおすすめです。中でも、カーネクストは車の引き取りから各手続きまで無料で売却時に費用が発生しない点が魅力です。カーネクストを上手に利用して、お得に車を売却しましょう。

 

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!