トヨタ車強化買取中!!どんな車でも0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

あなたが所有している愛車のベストな買い替え時期をご存じですか。車の購入にはたくさんのお金がかかるし、ディーラーや中古車販売店、インターネットなどで希望の車を探すなど、手間ひまもかかることより、買い替えには慎重になってしまいます。古い車を手放すタイミングが分からず、放置してしまっているという方もいるのではないでしょうか。

今回は車の買い替えを考えるきっかけと、古い車の賢い手放し方をまとめました。買い替えを検討されている方はぜひ参考にしてください。

車の買い替え時を判断する方法

車の買い替えを決断するのに良いタイミングは、意外とたくさんあります。ここではいくつか例を挙げてみましたので、自分の車の状況と照らし合わせてみましょう。

年数によって判断する

自動車検査登録情報協会のデータによると、2018年の軽自動車を除く乗用車の平均使用年数は13.24年でした。このデータから自動車の寿命は一般的に約13年だとわかります。13年を車の買い替えを考える一つの目安にしましょう

またバッテリーの交換は2~3年に一度行うのが一般的なので、バッテリーを4~5回交換した頃に買い替えを考え始めるのも良いでしょう。

走行距離によって判断する

乗用車の寿命となる走行距離は10万~15万㎞と言われてきました。これは、エンジンの寿命が10万~15万㎞とされていて、この基準を超えるとトラブルが起きやすくなるようです。しかし最近の自動車にはタイミングベルトに代わって、耐久性の高いタイミングチェーンが使用されています。

必ず!0円以上で買取ります!安心の買取保証

タイミングチェーンの交換推奨走行距離は約30万㎞と言われています。つまりタイミングチェーンの交換はあまり必要がなくなっていていると言えます。しかし十分なメンテナンスを行わなかった場合、他のエンジンの部品は10万㎞ほどで寿命が来てしまうようです。

車体の中でも耐久性のあるエンジンが故障するということは、他の部品が故障している可能性もあるので、10万㎞を目安に買い替えを検討する人が多いようです。

自動車税の時期によって判断する

自動車税は4月1日時点での自動車の所有者が、来年の3月分の税金を支払うことになります。そのため3月までに買い替えようと考える人が多くなっています。しかし先払いした自動車税が残っている状態で自動車を手放した場合、未経過分は還付されるのでいつ手放しても大きな損はありません。

さらに自動車税、重量税は自動車の年式が一定以上古くなると高くなります。新車登録から「13年以上経過時」と「18年以上経過時」のタイミングで税金が高くなります。乗用車の平均使用千数が13年程度だったので、この時期には車体の調子も悪くなり、必然的に買い替え時となるでしょう。

車検の時期によって判断する

自動車の買い替え時期で最も多いのは、車検が切れるタイミングです。車検に通す費用を新車購入の費用に充てるのは合理的な考え方と言えるでしょう。愛車が古くなり、車検を通してまで乗る必要はないと判断したら、車検切れのタイミングで新車購入を考えてみましょう。

売却前に車検に通した方が、買取価格が高くなるのではないかと迷う方もいると思います。売却予定なら、車検に通す前に売ってしまう方がお得なケースが多いようです。車検後の査定で車検代を回収するのは難しく、自動車は早く売るほど高値が付くので、車検の時期が近づいてきたら早めに売る判断をしましょう。

不具合の有無によって判断する

自動車は定期的に点検、修理をすることで長く乗り続けることができます。しかし毎回の修理代を無視することはできません。車体が古くなるほど修理代は高くなっていきます。メーカー保証が切れ、修理代や維持費が多額になってきたら、買い替えを検討してみてはいかがでしょうか。

0円以上買取保証!廃車買取カーネクスト

ローン終了時期によって判断する

ローン終了時を買い替えのタイミングにする人もいます。多くの人が契約する60回払いだと5年で完済することになりますが、そのタイミングで2回目の車検が切れます。一番お得な買い替えのタイミングは、ローンを数回残した、車検の2~3カ月前です。

残りのローンより下取り価格が高ければ、下取り価格で完済できます。もしローン残債が10万円以下の時、下取り価格が残債より低く査定された場合は、残債が相殺できる価格まで引き上げてもらえるように相談してみましょう。

買い替えの際に古い車はどうするのか

新車を手にする決心をしたら、古い車はどうしたら良いのでしょうか。ここではお得に古い車を手放す方法を紹介します。

下取りに出すか中古車買取業者に売却するのが一般的

車体の状態が良い場合、ただ解体業者でスクラップにしてしまうのはもったいないでしょう。少しでも新車の購入費用の足しにできる手段を選びましょう。車を手放す方法はディーラーなどに下取りに出すか、中古車買い取り業者に売却するのが一般的です。

下取りは新車購入を条件に、値段を付けて引き取ってもらう方法です。直接的に新車の購入費用を下げることができます。中古車買い取り業者への売却は、中古車や部品としての販売を前提に査定し、買い取ってもらう方法です。

買取業者への売却の方がお得

では、下取りと買い取り業者への売却はどちらがお得なのでしょうか。大抵の場合、買取業者に売却した方がお得です。下取りの場合、車種や装備などにアピールポイントがあっても査定額にプラスされることはあまり無く、中古車相場も反映されづらいため、価格が相場以下となることもしばしばあります。

一方で、買い取り業者は売却時期によって価格の変動が大きいですが、ナビなどの装備や人気のパーツが付いていればプラス査定になりやすく、下取りよりも高値が付きやすいのです。さらに複数の業者を比較検討することも可能で、一番高く買い取ってくれる業者を選んで頼むこともできます。

中古車買取ならカーネクストがおすすめ

買い取り業者はたくさんあります。その中から一社を選ぶのは手間がかかります。そこで紹介するおすすめの業者は、カーネクストです。一般的な買取業者は、古い車種や走行距離の多い車、破損した車には高い値段はつけにくく、場合によっては買い取ってくれない場合もあります。

カーネクストは、どんな状態の車でも0円以上での買取を保証しています。カーネクストは海外に販路を持っているため、日本では廃車同然の車でもパーツやスクラップとして売ることができます。海外では古い車の人気が高いこともあり、他の業者よりも高値で買い取ってくれる可能性が高いのです。

もし車が動かない場合、レッカー移動を依頼することがあるかもしれません。レッカーサービスは距離に応じて値段が加算されるので、近い場所にある業者に頼むのが一般的です。しかしカーネクストならレッカー費用が全国どこでも無料です。費用を気にせず引き取りを依頼できます。

さらに引き取り手数料、解体費用、廃車手続き代行費用はすべて無料で行ってくれます。もう乗らない車にお金をかけるのは賢い選択とは言えません。お得に古い車を手放したい方はぜひ、カーネクストに買い取ってもらいましょう。

参考:カーネクスト

車の変え時が来たら買取業者を利用して購入資金にあてよう

愛車との別れは必ず訪れます。新車を気持ちよく迎えるためにも、古い車は賢く手放してください。中古車買取業者に売却すると、新車を買うお店で下取りしてもらうよりも、多くのお金を受け取れる可能性が高くなります。その分、新車の購入にあてられます。車の変え時かなと思ったら、中古車買取業者を利用してお得に新車を手に入れてください。

事故車・故障車・ボロボロの車・車検切れ・過走行車・古い車・水没車・冠水車などどんな車でも0円以上買取保証!