低い年式で走行距離が短い自動車は、中古市場で出回っており、車種によっては人気が高い時もあります。車の買い替えを検討している人は、低年式で低走行の車に興味を持つこともあるでしょう。このページでは、そんな低年式低走行の自動車にフォーカスして解説します。

購入するメリットや高年式過走行車との比較、購入する時の注意点など、幅広く紹介していきます。自動車のお得な処分方法にも触れていきますので、新しい自動車の購入を検討している人などは、ぜひお役立てください。

低年式で低走行の車を購入するメリット

低年式低走行の自動車は、格安で販売されているメリットがあります。また、それほど走行距離が多くなく、キレイな見た目である車が多いでしょう。こうした低年式で低走行の車を購入するメリットについて深掘りしていきます。

お得な値段で購入することができる

自動車は、年月が経つごとに価値を下げていきます。そのため、低年式車は全体的に価格が安いです。10年以上経っている種類であれば、車種にもよりますがかなり安値になるでしょう。

それほど古くはない低年式車は、状態も悪くありません。5年を目安に選んでみることもおすすめです。安さのみ重視するのであれば、古い自動車を選択しましょう。

走行距離が短いため外装がきれい

低走行車は、それほど走行距離が多くない自動車です。そのため、見た目は綺麗な状態であることが多く、内装も新品のような美しさを維持していることも考えられます。少なくとも、キズなどは多くありません。

見た目重視で中古車を購入する人は、低走行車がおすすめです。中古業者も丁寧にクリーニングしてから売りに出しますので、低年式であっても、汚い可能性は低いです。

低年式で低走行車と高年式過走行車の比較

低年式低走行の車をより深く理解するために、高年式過走行車と比べてみます。高年式過走行車とは、新しい自動車だけれども、走行距離が多い自動車です。自分にはどちらが向いているのか、判断するための材料としてお役立てください。

性能が高いのは高年式過走行車

高年式過走行車は、非常に性能が良いです。新しい年式であり、最新技術を駆使した走行性能や装備などが搭載され、高い性能を備えている人向けです。過走行ではあるものの、性能自体が劣化しているわけではありません。

低年式低走行は、古い年式のため、最新技術とは無縁の可能性もあります。高年式過走行車の注意点としては、部品が消耗しているリスクがあることです。

コスト面では低年式低走行車が有利

高年式過走行は、走行距離が多くても、価格がものすごく落ちているわけではありません。そもそも新しい自動車であり、低年式のような劣化もないため、コスパを気にしている人には向かないでしょう。

低年式低走行車の場合、自然に劣化してしまう部品も出てくるため、値段は安いです。財布と相談しながら、自分に見合った種類を選ぶようにしましょう。

低年式で低走行の車を購入する時の注意点

低年式で低走行の車を買う際、長期の保証がついている業者を選びましょう。また、何度も故障してしまうリスクもありますので、買う前に自動車を入念にチェックしてください。このような低年式で低走行の車を購入する時の注意ポイントの詳細を解説します。

長期の保証がついている業者で購入する

走行距離の少ない低走行は、過去の不具合がわかりにくく、数年乗っていてトラブルが発生するリスクもあります。そして、低年式にも関わらず、メンテナンスが不十分なケースもあります。

そのため、長期の保証がついている業者を選び、部品交換や修理にお金が発生しないようにしましょう。長期保証であれば、安心して乗れます。いずにれせよ、中古車購入時は、保証内容を必ず確認してください。

故障が頻発する可能性がある

古い自動車は、各部品やゴムが劣化していたり、サビついている可能性もあります。こうした状態の自動車は、すぐに故障してしまうリスクがあるものです。

購入費用よりも、修理費用が高くなってしまえば、得することはありません。そのため、購入前には、自動車の細かい部分もしっかりと確認しましょう。そして買った後は、すぐにメンテナンスすることをおすすめします。

壊れた低年式低走行の車をお得に処分するには

低年式低走行を手放す際は、業者選びが非常に重要です。どのような自動車にも価値をつけてくれる会社がありますので、入念に選ぶようにしましょう。また、廃車買取サービスを利用することもおすすめです。

価値をつけてくれる業者に売却する

日本ではほとんど価値がない自動車であっても、海外では売れる可能性があります。丈夫に作られている日本車は、低年式低走行であっても、乗り続けることは可能です。だからこそ、ブランド力も非常に高く、自動車を欲している外国では、売買ができます。

また、壊れている車であっても、パーツを再利用できるため、無駄なく処分している業者も存在しています。一度どのような業者があるのか調べ、それぞれのサービス内容を確認してみましょう。

カーネクストに買取を依頼する

廃車買取サービスのカーネクストであれば、古い自動車だけではなく、故障した車も、走行距離が多すぎる自動車も、動かない車であっても、引き取ってくれます。しかも、0円以上の買取保証サービスがあり、どのような自動車であっても、損はしません。人気車種であれば、高額査定も実現可能です。

しかも、廃車関連費用がかからない特徴もあります。面倒な手続きを代わりにしてくれる廃車手続き代行費用、全国対応のレッカー費用、解体費用などもすべて無料です。別の業者であった場合、こうした費用は数万円かかることも珍しくありません。また、自動車税の還付手続き代行も無料です。

まずは、査定依頼をしてみましょう。メーカーや車種などを専用フォームに入力するだけ、あっという間に申し込み完了です。年中無休のフリーコールもありますので、早めに手放したい人や不明点がある人は、電話しましょう。カーネクストで、壊れた低年式低走行の車をお得に処分しませんか。

参考:カーネクスト

低年式低走行の車は状態をよく見極めるのがポイント

低年式低走行の自動車には、メリットとデメリット両方あります。格安で入手でき、見た目や内装が綺麗ながらも、パーツの劣化やサビなどは気になるものです。性能面を重要視している人は、高年式過走行車の方がおすすめできます。コスパ重視の人は、低年式低走行の車を選びましょう。

低年式低走行車を購入する際は、長期の保証がついている業者を選択し、後から修理費用がかからないように、できるだけ自動車の隅々までチェックしてください。快適なカーライフのために、状態を確認してから購入することが非常に重要です。