車の買い替えには、車の購入と売却の手続きの際に多くの書類が必要になります。スムーズに進めるために、事前にそれらについてしっかりと把握しておきましょう。また、必要書類はどこで手に入るのかを知ることにより、誤った場所に出向き二度手間になってしまうことを防げます。

今回は、必要書類を提示していくと同時に、その書類が手元にない場合の対処法も並行して紹介していきます。買い替えを決定した人にとっては、必見のコンテンツですので参考にしてください。まずは、車のダッシュボードをチェックしてみましょう。その中には、売却の際に必要なものが入っているでしょう。

今の車を買取ってもらう時に必要な書類

愛車を買い取ってもらう際に必要な書類には、どのようなものがあるのでしょうか。常時、車内に保管しているものの他、自分で用意しなければならない書類もあるので注意してください。

役所で発行してもらう印鑑証明書と住民票

印鑑証明書と住民票は、自分で準備しておかなくてはなりません。近年、コンビニでも発行が可能になりました。なお、コンビニ交付の際には、マイナンバーカード(または住民基本台帳カード)が必要です。

印鑑証明書

印鑑証明書の有効期限は、基本的に無期限となっています。しかし、車の売買に関する場合は、3カ月以内に発行されたものが求められます。もし3カ月が過ぎている際には、きちんと取り直しておきましょう。ただし、軽自動車の売却時は、印鑑証明書の代わりに印鑑(認印)を用意すれば大丈夫です。

住民票

車検証に記されている住所が現在の住所と違うときには、住民票により転居を証明しなければなりません。よって、住民票と車検証の住所が異なる場合には注意してください。また氏名が異なる場合には、戸籍謄本の準備が必要となります。

車内保管の車検証と自賠責保険証明書

車検証と自賠責保険証明書、そして自動車リサイクル券は、ダッシュボードの中の車検証入れに保管している場合が多いです。もしなければ、再発行しましょう。ちなみに、車検証とリサイクル券は陸運支局にて、自賠責保険証明書は自動車販売店や保険会社にて再発行が可能です。

自動車税を納付した控えの自動車納税証明書

自動車税を納税していることを証明する、こちらの自動車納税証明書は、車検証や自賠責保険証明書とともに車検証入れに保管していることが多いです。しかし、小さい用紙なので紛失してしまう人は少なくありません。なお、再発行は各自治体の税事務所にて受け付けてもらえます

委任状と譲渡証明書

委任状は、車を売買するための登録についての手続きを、自動車販売店などに委任するという意思表示の書類です。こちらは販売店ディーラーにて準備してもらえるため、自分で用意する必要はありません。また、譲渡証明書は車を新所有者に譲渡したことを証明する書類で、実印が必要になります。

新しい車を購入する時に必要な書類

車を購入する際に必要な書類はそう多くなく、また簡単に入手できるものになります。なお、普通車と軽自動車とでは用意するべき書類が異なるため、間違わないよう注意してください。

印鑑証明書

印鑑証明書は、普通自動車の購入のときに必要となります。売却の際にも要る書類なので、2通準備しておきましょう。ただし、購入時に2通分が必要となる店舗もあるため、最終的に何枚必要であるかを事前に確認しておくべきです。軽自動車については、こちらの書類は不要となります。

少し節約したいなら自分で車庫証明を取得

新しい車の保管場所を証明するための車庫証明は、多くの場合、車の販売店が手続きを代行してくれます。ただし、手数料として約10,000~15,000円の費用が発生してしまいます。車両代に大金がかかるにもかかわらず、その他の費用としては大きな出費だといえるでしょう。

よって、費用を抑えるために自分で手続きをすることをおすすめします。自分の住まいの管轄にある警察署にて、車庫証明を発行してもらえます。すると、証明を取得するのに約2,000円の手数料しかかかりません。しかし、警察署は平日の9~17時頃までの受付のため、仕事を休むなど時間の確保が必要になります。

なお、軽自動車を購入する場合は、購入時に車庫証明は必要がありません。ですが例外として、住んでいる地域により必要になることがあるので、事前に確認しておきましょう。ちなみに軽自動車の車庫証明は、登録後1カ月以内に申請をおこなうよう義務付けられています。

実印の用意も

実印とは、自分が住民として登録している各市区町村の役所に、戸籍上の名前で作られた印鑑を登録申請し、それを受理されたものを指します。実印がなければ印鑑証明書が取得できないため、すぐに用意してください。たとえ100円均一で購入した三文判であっても、登録してしまえばそれが実印となります。

なお、軽自動車の場合は実印も必要ありません。上記の普通車を購入する際の各必要書類とは異なり、軽自動車の場合に自分で用意するものは以下の2点となります。

  • 住民票(発行後3カ月以内)
  • 認印(シャチハタ以外の三文判)

車の買い替えにかかる期間

車の売却と購入にかかる期間として、少なくても2カ月はみておいてください。

売却

買い取りや下取りの査定は基本的に即日に出ます。そのため、複数社にて見積もりを取ることを考えた場合でも、約1週間をみておけば十分でしょう。また、車両購入の商談と売却の手続きを同時進行でおこなうことにより、買い替えをトータルで考えた際、より時間を短縮することも可能です。  

購入

車選びは、時間を惜しまずに納得のいくまでおこないましょう。それに費やす時間について、少なくても1カ月はみておいてください。車種が決定すれば、車両の見積もりをお願いします。複数社に車両見積もりを依頼していても、2週間あれば納得のいく価格で注文できるでしょう。

その後は、書類の準備期間となります。売却や購入に関する書類を揃えるのはたやすいものの、車両の登録や売却の手続きには、各必要書類が全て揃った状態で約1週間がかかります。ただ待つだけのこの期間は歯がゆいものとなりそうですが、最後の大詰めなので気長に待ちましょう。

車の購入及び売却における流れと、各事項の目安期間は以下の通りです。ぜひ参考にしてください。

  • 車種選びをする(1カ月程度)
  • 商談:車両見積もり(2週間~1カ月程度)
  • 商談:買取・下取り見積もり(1週間)
  • 書類準備(1週間)

買い替えの場合はカーネクストがおすすめ

少しでも高く買い取ってもらいたい人におすすめなのが、買取サービスのカーネクストです。カーネクストなら、車の情報と自分の住所を入力するだけで、無料で簡単に査定額をチェックできます。故障・水没・不動・廃車同然の車など、どのような状態の車でも0円以上の買取を保証しています。

全国対応のレッカー引き取り・解体費・手続き代行費などが完全無料で、追加費も一切かかりません。またカーネクストは、世界中に独自の販売ルートを持っており、幅広い車種の買取もしています。そのため、車種によっては高額で取引することも可能です。プロの専門オペレーターが、特殊案件にも対応してくれるので、ぜひお気軽に相談してみてください。

参考:カーネクスト

車の買い替えは書類を揃えるのも必要なこと

車を買い換える際には、車を売却したり新しい車種を選んだりすることの他に、書類を揃えるのも必要なことです。車関連の手続きに書類はつきもので、難しくて面倒だと感じる人は少なくないでしょう。ゆえに、購入または売却する店舗に全てを委任するのも1つの方法です。

ですが、買い替え時に必要になるさまざまな書類は、できるだけ自分で用意することをおすすめします。店舗に委任すると、少々とは言い難い金額の手数料を取られる場合が多いからです。これからのカーライフをより豊かなものにするため、できることは自分で行いお得に車を買い替えましょう。